シラブルで音楽の英語が急に聞こえるようになった

2,3週間ほど前にあるかたに、シラブルの説明をした。で、歌は音符一個がシラブルで、シラブルとは子音ー母音ー子音からなっているということを言った。で、日本語でいうと、例えば、KIMONOはKIM-MON-NOだと教えてあげた。

その2週間後、英語の歌が急に聞けるようになった、、、とそのかたがおっしゃった。英語喉をまだ読まれていないのだが、シラブルを理解したら音が頭に入ってきたということだと思う。「Sが聞こえるようになりました」とおっしゃった。カントリーだとほとんど分かるようになったそうだ。

3ビートはすごい威力である。というか、世界の誰もが3ビートで言語を聞いているときに、日本人だけが(あと韓国語話者もそうか)、そうしていないのである。だから日本人だけ(とあと少数)が英語ができないのである。

だが、韓国語話者は少なくともシラブルは理解していると思う。というのは韓国語ではハングル文字1時がシラブルにあたるからだ。

シラブルを聞かずに英語を聞こうとしているのは、おそらく世界で日本人だけであろう。

3ビートでがんばりましょう。

英語喉オンラインサロン・コースへ飛ぶ

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.