Skip to toolbar

シラブルで音楽の英語が急に聞こえるようになった

2,3週間ほど前にあるかたに、シラブルの説明をした。で、歌は音符一個がシラブルで、シラブルとは子音ー母音ー子音からなっているということを言った。で、日本語でいうと、例えば、KIMONOはKIM-MON-NOだと教えてあげた。

その2週間後、英語の歌が急に聞けるようになった、、、とそのかたがおっしゃった。英語喉をまだ読まれていないのだが、シラブルを理解したら音が頭に入ってきたということだと思う。「Sが聞こえるようになりました」とおっしゃった。カントリーだとほとんど分かるようになったそうだ。

3ビートはすごい威力である。というか、世界の誰もが3ビートで言語を聞いているときに、日本人だけが(あと韓国語話者もそうか)、そうしていないのである。だから日本人だけ(とあと少数)が英語ができないのである。

だが、韓国語話者は少なくともシラブルは理解していると思う。というのは韓国語ではハングル文字1時がシラブルにあたるからだ。

シラブルを聞かずに英語を聞こうとしているのは、おそらく世界で日本人だけであろう。

3ビートでがんばりましょう。

Related Articles

言語の勘とは

会社の同僚が、今、仕事で、フランス語が使用言語である国に行っていて、FB上でコメントしていたのだが、「今、頭がフランス語になっている、、、フランス語は知らないけどね」と書いていた。 http://blog.with2.net/link.php?709532:1932 ちなみに、彼女はアメリカ人で英語が母語だけど、親の仕事の関係で、南アメリカで育った時期があり、スペイン語も母語同様に喋れる。 私は、彼女が言っていることが直感的に分かる。スペイン語とフランス語は語彙にしても、かなりのオーバラップがあるし、また文法もかなり近い。 だから、喋れなくても、フランス語の構造がなんとなく分かる。 私自身でさえ、フランス語はよくわからないのに、なんとなくフランス語が喋れるような感覚がある。 例えば、今、上に書いた文章を、なんとなく、フランス語で再現できる。単語はあやふやだけど、なんとなく分かる。 微妙に時勢など、はっきり正しくは出てこないが、フランス語におけるSUBJUNCTIVEの時制だろうな~という原始的な感覚が頭に走る。もちろん抽象的な感じでね。 あえて、書いてみよう。 Mantenant, mon ami est aux un pai que utilizefrancescomoun lingua official et … 会話だったらもっとシンプルに言うだろう。 Mantenant, mon…

喉発音万歳!24年ぶりの会話にて

まずは、人気投票にぽちっとお願いします。 先日、数週間前に英語喉指導をして、そのときには、発音は、ネイティブ化したものの(定着は別問題として)、聞き取りは前からある程度聞けていたので、革命的に変わったかどうか分からないと言っておられたかたが、 「ある映画を見ていたら(ま、何回も見たものだけど)、全て聞き取れた」 とおっしゃった。すばらしい展開である。 聞き取りの効果が数週間遅れたということだけど、これが来るか来ないかで、大きな差が出てくる。 皆さんのなかで、この効果をまだ経験しておられないとしたら、基本に戻り、ゆっくりと喉発音と3ビートに忠実に英語を実際に使ってほしい。 あれ、聞ける!という原始的な体験がないとなかなかつらい。これがないということは、英語を日本語のように聞いているということだ。 さて、久しぶりに話をした知人だが、彼は日本の外に住んでいるのだけど、英語をそんなに喋ったわけじゃないのに、私の頭の中で、「彼は英語ができる」と決め付けてしまっている自分がいた。というのは、彼は、日本人なのに、リラックスしているのだ。日本語を喋っていても、リラックスして喋っているので、それだけで、「この人は分かってくれる」と私は思い込んでいる。 これは、前述の日本人(Aさんとしよう)が、最近、挨拶しただけで、「英語できますね」と言われるという経験と同じだ。本来は、英語上手ですねと言われた時点で、終わっているのだけど(本当にできたら言われないため)、Aさんの場合は、日本人を多く知っているアメリカ人に言われるという特殊なコンテクストにあるので、「日本人なのに、あなたは英語ができますね」という意味だろう。 つまり、英語をそんなに喋っていないのに、相手が、「この人は(英語が、、、いや英語文化が?、、いやグローバル文化が)分かる」と決め付けてしまうのである。 2週間前にカリフォルニアで会った日本人は、私があった中で一番英語がうまい女性であった。彼女の場合は、フランス語を勉強したときに、喉の深くで発音することを学び、その調子で英語を喋ったら上達した、、、とおっしゃった。 奇跡だ。 しかし、私が20年以上ぶりに、さっきSKYPEでしゃべった彼の場合は、なんと、「笑いながら喋るのがくせ」だそうだ。私は、 日本語は本来笑いながら喋れない、、、と指摘した。 つまり彼はもともと喉がゆるかったのだろう。だから、英語が上達しただろうし、外国人の友人がものすごく多かったそうだ。 もっと聞いてみると、海外に出たときに、当時はやっていたコメディアンの物まねをすると、ガイジンに大うけしたそうだ。そして、そのコメディアンは、まさに笑いながら喋るのが特徴だったのだ。 そして外国人の友達がたくさんできたそうです。 な~~~るほど、彼は、元々喉がゆるかったのもあるだろうが、その物まねを通じて喉発音を実践していたのじゃなかろうか? 私自身は、広島の方言はもともと喉がゆるめで喋るので、英語にすんなり入っていけたのだと思う。そういえば、小林克也氏だって広島出身である。 じゃ*けん*のお~ のリズムは、中国語とか英語に似ている。 さらに剣道をやっていたので、喉から声を出して気合を入れていた。 高校時代に、あまりに授業などが退屈だったので、休憩時間は、物まね合戦をしていたが、私は郷ひろみとか田原俊彦をやっていたが、そのときは、確実に喉の奥から声を出していた。 私は、これまでに2人の聾者のかたに接したわけだが(参考文献はここ)、二人とも、笑いの声は、非常に明瞭であった。次のレッスンがあれば、私は、笑いの明瞭さを発声に生かすような方向に持って生きたい。 私は20年ぶりに喋った知人と、また話したいなという気持ちになった。お互い喉発音だからだと思うのだが、なんか、親近感が沸く。…

3人の帰国子女

先日、出会った日本人のかたで、私と同じ年齢ぐらいのかたで、英語が非常に流暢なかた(帰国子女だそうです)に、英語喉の話をして、特にR,D,W,Yでは音が深まる、落ちるという解説をしようとして、目の前にあったポップコーン袋に書いてあった単語のRの部分をかたぱっしから解説して、100%の的中率で音の落下を証明したら、 絶対ありえない とダメ押しをもらってしまった。 目の前に幽霊がいて、そらいるじゃんといって、いても、いないと言われたような気分になった。 ただ、大きな収穫があった。何の単語だったか忘れたけど、例えばRICHMONDという名詞。 自分にはRのところが落ちて聞こえる、、のだけど、その人は、RICHにアクセントが来て「高い」とおっしゃった。 なるほど、自分は個々の音を一つ一つ聞いているので、RICHの中でもRが深く低く聞こえるのだ。そのかたはRICHにアクセントがあると思っているので、高く感じるのだな。 根本のところで、聞き方が違うのだ。 これでは話が通じないはずだ。 もう一人の日本人のかたにも言ってみたのだけど、その人も帰国子女。英語を深い声で流暢に話しておられた。 なんとそのかたは、「それは正しい」とおっしゃり、また、その理由として、「それを実践しているカズさんがネイティブ発音のような発音をしている」ということ。日本で育った日本人で、カズさんのような英語を話している人には会ったことがない、、とおっしゃった。 アメリカで育ち、日本で良い大学に行き、現在は官庁につとめ、現在、米国大学に国費留学中というかたもいた。国家のサポートで、さらに教育を受けられるなんて、非常に恵まれておられる。 現在、アメリカには将来、帰国子女になる子たちがたくさんいて、英語をマスターして帰国し、帰国後は恵まれた機会を享受することになるのだろう。一方で、ドメスティックに英語を勉強している人たち(英語喉なしで)は、地味な勉強を続けて結果としては、英語が聞けないまま歳をとっていくのだろう。悲劇だと思う。 不公平に思う。 自分の目標としては、あまり経済的、環境的に恵まれていない人でも、英語喉で英語が聞けるようになり、それを武器に、ネットの無料大学などでスキル、知識をつけて、がんばってもらえたらと思う。 無料大学の例はこれ。 https://www.coursera.org/            

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.