YOUTUBEより

http://www.youtube.com/watch?v=0kVV0WakC8o

YOUTUBEで日本人に英語の発音を教えてらっしゃるかたのVIDEO CLIPです。

彼がきちんきちんと発音してくれる単語を聞くときに、顔ではなくて、「喉仏」に注目してきいてみてください。英語喉において、特に深い場所で発音されると指摘しているFUNやBUGのU、それからCROWDのRなどが発音されるとき、喉仏ががぐーんと下の方向に動いているのがわかります。また全般的に、日本語を喋るときよりも、喉仏・喉の動きが激しいように感じます。

最後のところで、CROWDとCLOUDの違いのテストがありますが、喉仏が下方向に大きく動けばR、、、で答えられますね。もちろん、音で分かるのがベストです。

以下の単語が紹介されますから、喉仏に注目して聞いてください。

  • FUNとFAN
  • BUGとBAG
  • CROWDとCLOUD

実践でも同じです。相手(ネイティブ)の口の動きにとらわれないで、喉の立体的な音をきいてください。喉をみながら、やってみると練習になるかもしれません(相手に失礼にならないかぎり)。

英語喉オンラインコースへ飛ぶ(ニュースレター登録をお願いします)

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.