Skip to toolbar

破裂とは

調音音声学において音を分類するときに、二つの概念を使う。一つめは調音位置。例えばPは唇を合わせるから「両唇」が調音位置である。もう一つは調音様式。音を調整する方法は例えばPでは破裂である。したがって、例えば、Pは両唇破裂と分類することができる。

この体系に基づいて音を分類することで、どんな言語にどんな音があるかということがよりよく理解できるようになった。

ところが、、、この知識の体系を英語発音教育に応用したときに、少なくとも一つの問題が起こった。それは、調音方法を「調音の程度」と解釈してしまった点である。Pは破裂音である。したがって、しっかりと破裂させて発音する、、、と。

よく考えてみるとPは英語だけでなく、日本語でも破裂音である。破裂音であること自体は、必ずしも強く破裂させるということではない。弱い破裂もあるし、中間レベルの破裂もある。強い破裂もあるだろう。

実際は破裂のレベル自体は、その音の中核となる性質ではない。怒ってしゃべっていれば、つばが飛び散るほどの勢いで喋るだろうから、破裂が強くなるだろう。控えめに喋るならば、破裂も少ないだろう。

英語は日本語に比べて、強く、しっかり、きっちり、激しく発音する、、、という概念がいつのまにか、私たちの言説に入り込んでしまった。強く発音しようとすればするほど、口発音になり、ネイティブにとっては分かりにくい英語になる。口発音となると音が短くなってしまい英語特有の流動性(3ビートのたまもの)が失われてしまうからである。

破裂のレベルは感情にまかせておけばよいのである。

ちなみに、私達がふつう、破裂といったとき、なんとなく口の中、それも破裂させた地点から前のほうに向かって破裂が起こるという感覚があると思う。例えばTだと、舌と口の屋根があたったところぐらいから、前にむけて、口の外へとでていくような衝動をイメージするのがふつうだ。つばがでるような感じのイメージである。

ところが喉発音を始めると、どちらかというと音の破裂、振動、衝撃は口から首の根元までの非常に広大なスペースに起こりだす。あきらかに、どう考えても喉で喋っている感じになる。

上で書いたことで誤解が起こるかもしれないので補足する。口で起こった音が首の根元に到達するのではない。喉・首で発声した音が口のほうに向けてでていくのである。

我々は声帯が喉にあるというシンプルな事実を長い間忘れていたのではないだろうか。

Related Articles

「くっつけておいて、離す」スタイルが日本語のスタイル

英語革命さん(http://blog.livedoor.jp/nodorevolution/)は、英語の聞き取りがほとんど100%となっているという。一方で、発音のほうはネイティブに完全に近づいたといいにくいので、英語喉に書かれていないことがまだ存在するのではないかということをかんぐられている。 私の感じでは、英語喉に書かれているのに、実践していない、、、ということが、ネイティブ度90%に近づかない原因ではないかな。特に、子音の始まりの切れにも注目してほしい。 どういうことかというと、日本語の音は前後で両方切れている。特に、前の部分だが、「(おもいっきり)くっつけておいて、(しっかり)離す」スタイルが日本語のスタイルだ。例えば、Mは、唇を合わせたところから突然始まる。突然始まるということは、Mの直前の音も、そのせいで切れているということだ。 ライフサイクルを大切にしており、口をリラックス口にしておれば防げることだ。酒を飲むと英語がうまく聞こえるというのは、口が自然とリラックス口になるからだろう(未成年のかたはお酒をのまないでね)。 英語では、「(おもいっきり)くっつけておいて、(しっかり)離す」スタイルじゃだめだ。Mなど確かに、くっつけるスタイルに見えるかもしれないが、そうでもない。全然、力がはいらない。THEがザになる人は、英語においても、「(おもいっきり)くっつけておいて、(しっかり)離す」スタイルで発音しているからそうなるのだ。 英語喉をやっていて、日本語を聞くと、音と音のあいだに切れが入っているが、これは、この「(おもいっきり)くっつけておいて、(しっかり)離す」というプロセスも一因だと思う。喉ブレーキにくわえて。 口ブレーキみたいなもんだ。 口ブレーキと喉ブレーキで、完全なるスーパー口発音が完成するのだろう。 中国語や韓国語などは、喉ブレーキが主だろう。 前は、日本人と韓国人だけが英語ができないと思っていたが、最近、まわりを見渡すと、韓国人には英語がうまい人が少なくないということだ。国連の総長もそうだが。 英語がここまでできないのは、日本人だけだったのか、、、学校で休憩時間に一緒に小便(しょんべん)をしに行っていた親友に、「もうおまえとは一緒につれションはしねえ、、、と宣言されたような悲しい気持ちだ。 もしかして、もしかして、韓国人がチーズをCHEEZUと発音したり、サービス(無料奉仕という意味)をSAR-VI-SUと、シラブル数を間違って発音するのは、もしかして、もしかして、日本語経由で入ってきた語彙とか????????誰か教えてください。間違っていたら失礼なのですが。 ところで、音声学が全く発音向上に役立たない理由がここにある。破裂音というのや歯擦音などと、子音の一部を呼んでおいて、摩擦を強くしろとか、しっかり破裂させよとか指導している点だ。 そもそも西洋でそういう専門用語が生まれたときは、破裂とか 歯擦とかいうのは、口のなかで起こるプロセスを記述しただけであり、実は、しっかり破裂させよとか、おもいっきり強く「磨れ」と言っているわけではないのである。  例えるなら、焼き魚という料理の「焼き」はただたんに調理法のスタイルをいっているだけなのに、炭になるまで焼くということだと勘違いしているようなものだ。 そこで音声学は大きく間違ってしまった。勘違いである。この勘違いが前面的にですぎているので、英語は摩擦の多い言語だと、学習者が勘違いするだろう、、が基本的に他の従来の教材と全く同じアプローチなのだから、別に、音声学のアプローチだけが間違っているわけではない。 従来の音声学が広まると、ますます日本人の英語がダメになってしまうだろう。 笑える点がある。Mの発音で両唇音*だから*、唇をしっかり破裂?させろとかそういう言い方が書いてあるのだが、こらー日本語でも英語でもMは両唇音じゃねえかよお。なんで英語だけ強く発音せにゃいけんの?論理が破滅してないか?

Sが日本語でも発音しにくい人はリラックスしてください

日本人に10人のうち2人ぐらいは、SがTHのようになるかたがおり、同時に、これは英語喉習得が非常に困難な状況だと言える。なぜかというと、日本語というのは、どの音も強くくっきり、はっきり、CHOPPYに発音するわけだけど、Sは微妙に違う。 ちょっと言い方を変えよう。 日本語の音は殆どが「(しっかり)ひっつけて、(しっかり)離す」ことで発音する言語である。だから、音がとてもCHOPPYだ。 逆に英語は、それをしない音である。MやDのように、くっつくこともあるが、それはしっかりつけるとか、しっかりはなすということではない。喉のほうに重心を置き、口のほうは、くっついたり離れたりするプロセスが起こったとしても、力を入れてはいけない。 力をいれるから日本人英語になるのであるから。 さて、まだ日本語のSの話である。 日本語が、ほとんどが「くっつけてはなす」音であるのに、Sだけは、日本語でもこのプロセスが微妙に弱い。それになんらかの理由で気づかずに、Sでさえも、しっかりくっつけて、はなしているから、起こるのが、いわゆる舌足らず的なSであり、また、THみたいになってしまうSである。 これは英語喉のP70で解説している。がんばりすぎているからSがTHみたいになると解説した。 英語喉は、日本語における言語障害のような現象も実は直してしまう、、、つまり医学的なAPPLICATIONも豊富だ。 SがTHみたいになるのは、言語障害とはいえないが、英語の発音をするときにも口発音が治りにくい発話法をしている人がそうしているのだから、英語喉を始める前から、困難になるということが予測できる。だから、例えば、あえて機関銃英語で聞き取り能力をつけておいてから、発音の練習に挑戦することで、やる気を継続することができるのではないだろうか? さて、THEがZAとかDAになるのも同じメカニズムだ。THは、他の英語の全ての音と同じように、スムーズに切らずに、喉からの音を大切に外に運び出す音である、、、のにもかかわらず、舌を口の屋根のほうに、*くっつけて*離すから、THEがZAになったりDAになったりするのである。 英語喉においては、どの英語の音も同じなのだ。非常にシンプルな原理である。でもシンプルだから人間が話すことができるのだ。 日本語のSがTHになる人(舌足らずのS)は、自分の舌の動きを観察してほしい。Sを言うときに、非常に強い感じで、舌が口の屋根にちかづき(すぎて)、余計な気流を作り出してしまっているだろう。 それをやめるためには、口をリラックスさせ、舌に余計な動きをさせず、喉に重心をおいて喋ればよいのである。 昔同級生で、SHIがHIになってしまう人がいたのだが、それだって、今考えれば、舌に力が入りすぎているということだ。 英語喉が一刻も早く医学のコミュニティーにおいて、注目されることを望む。 さて、残念ながら従来のアプローチは、Sをするどく発音すると規定しているために、これは逆効果になっている。英語耳の松沢さんは、きれいなSが出せるまで訓練みたいな言い方をされていたが、これは私は逆効果だと思うし、また、SがTHになってしまう人が絶対に脱却できなくなってしまうやりかただと思う。 さて、西洋人の音声学者が書いていることは、まったくここで書いたことと矛盾しない。英語で書かれた音声学には、英語の音をしっかり発音せよとか、摩擦を強くせよなどと全然書いていないからだ。母音の説明などは、声帯で出した音を妨害せずに、そのまま口の外に出すというような定義がされているが、これは英語喉の説明と全く矛盾しない。日本語においては、喉の緊張で、いわば音が妨害されて、音がCHOPPYになるのだ。そのことに、音声学学者は一刻も早く気づくべきだろう。 今日は特に音声で説明したほうがわかりやすいのでUP。全部日本語です。 www.estat.us/blog/shita.wav

アシュラさん、次のステップ

http://ashrafieh.seesaa.net/article/160695924.html でアシュラさんが、英語喉は理解できて、一段落ついたとおっしゃっていて、ほっとした。アメリカのドラマの英語が、前よりも耳に入ってくるようになったとの報告もうれしい。 さて、今日は、以下のアシュラさんの言葉に対してコメントしたい。アシュラさんいわく: 目標は、即興で5分間の英語スピーチができるようになること。原稿が無い即興でそれくらい話す機会はジョブ・インタビューくらいでしか無いのだけど、自分の「英語が崩れる」のはまさにそういうインタビューの最中だったりする。 引用終わり さて、私のアドバイスだが、大切なのは、喋る前に、話すアウトラインを考えすぎないことだ。話す前に、あれこれ考えると、喋っている最中にも、この次には、あれをいって、これを言ってと、頭がパンク状態になる。 私は、よく会議などに出席して、自己紹介をしないといけないときに、他の人が自己紹介をしているあいだに、何を言おうか、これを言おうかと考えすぎて、せっかくの他の人の紹介が頭に入らなかった時期があった。そして、自分の番になると、結構、あせってうまく言えない。そして、終わったあと、残りの人が自己紹介しているときに、あ、あれを言えばよかった、これを言えばよかったと後悔して、また人の話が残らない。 ところが、あるとき気づいたのだが、そういう場で心配そうに、しているのは、私だけのように思えた。他の人、ノンネイティブでも、気楽のその場で喋っている。 結局、自己紹介にしろ、仕事にしろ、自分のこと、あるいは自分が毎日やっていることだから、結構、その場で言うことを考えれば良いのだと思う。 そうすると、言葉がたどたどしくなると心配するかもしれないが、 言葉はたどたどしくても、全然かまわないのだ。 喉発音と3ビートさえできていれば、その文のどこを強調するかとか、あるいは、どんな語彙を使うのかなど、聞くほうとしては、どうでもよいことなのである。 もちろん、感動させるためのスピーチを国会議事堂でやるというのなら、違うが、仕事などで喋るときは、そういう配慮は結構いらない。 そもそも、英語とは、最初に言う文を考えて、それから喋るのではなく、その場その場で、言葉を単語ごとにつないでいくものだ。 たどたどしくても、喉の奥に響きを感じながら(こだまブースター)喋れば、全くコミュニケーションに問題がおこらないし、だいたい、仕事の英語とはそういうものだ。 もう一つ大切なのは、喋るのが自分だけだと思わないこと。相手がおり、相手が喋ってくれて助けられることもある。 私も仕事で使う英語では、私が文の半分まで言ったあとで、同僚が文の半分を終えることがある。会話が、私だけで完結しない。私も、相手が言っている半分まで聞いて、そこから私がその文を終えることもある。 喉で喋っていて、3ビートであり、またリラックスしていれば、相手が会話に参加してくるのである。 それも文の中間で。 これまで日本人は、文というものを絶対的な単位と捕らえすぎていたと思う。だから、文があって、イントネーションが大切だと思い込んでいるが、そんなことは絶対的にない。 日本人の会話でも同じだ。聞こえは悪いが、人の話を盗み聞きしてみてほしい。英語でも同じだ。 つまり、仕事などで英語を喋るとき、大切なのは2つ。 いきあたりばったりで喋ること。 相手の協力もうまく利用する(喉でしゃべって、リラックスしていると相手も勝手に参加してくる) いきあたりばったりでも、内容は毎日やっている仕事のことだったりするのだ。またいきあたりばったりだからこそ、聞いている人の反応を見ながら、適時、内容を変えていける。質問にも答えられる。 私は、特に口発音時代、議論がなかなかできなくて苦労した。あきらかに、日本のネタで、まわりが私が何がコメントしたらなあと思っているだろうに、言えないのだ。それは一つには、あれを言って、これを言って、、、と最初に組み立ててしまっているうちに、緊張して発言ができにくいところに自分をおいやっていたのである。…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. 上川さん、お久しぶりです。
    以下、お願いを1つ、質問を3つ、文句を1つ書きます。
    【お願い】
    このブログの8月19日の記事につけられたコメントの中の「ぽんてぃ」さんのご質問は非常に鋭い、重要な質問だと思います。
    ぜひご回答くださいますよう、私からもお願いします。
    【質問】
    (ブログ記事の内容とは無関係の質問ですので、答えたくなければ答えてくださらなくてもかまいません。
     ただ質問したくてたまらないので、勝手にさせていただきます。)
    (1) あなたはご自分のメーリングリスト「英語喉 50のメソッド」の 2006/01/25 10:32 の記事の中で
    > 次のことを本気でいいます。私たちの本がでたあとの、本屋の発音コーナーは私たちの本だけになります。
    > 私たちの方法だけが、本当の方法だからです。
    と書きました。御著書が出て4ヶ月ほどが経過しましたが、あと何ヶ月ぐらいで上記の状態が実現すると見込んでおられますか?
    (2) 同じメーリングリストの 2005/11/24 14:05 の中であなたは
    > 2006年は、日本国民全員が英語発音ができるようになる年です。
    と書いています。当時は2006年出版予定だったからですが、現在あなたは「2007年は、日本国民全員が英語発音ができるようになる年です。」と主張しますか?
    (3) ネット書店 amazon の中の御著書のサイト(↓)には、現在16件のカスタマーレビューが載っています。
    http://www.amazon.co.jp/%E8%8B%B1%E8%AA%9E%E5%96%89-50%E3%81%AE%E3%83%A1%E3%82%BD%E3%83%83%E3%83%89-CD%E4%BB%98-%E4%B8%8A%E5%B7%9D-%E3%82%B8%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%82%B8/dp/4384054629/ref=pd_ecc_rvi_1/503-8104546-1455937?ie=UTF8&qid=1109215848&sr=1-1
    これらカスタマーレビューのうちのいくつかは、上川さんご自身が書いたものですか?
    【文句】
    御著書の発売を数日後に控えた2007年6月12日、あなたは私個人宛てにメールをくださいましたが、その中で、私がスペイン語教師であることを知りながら無礼にも
    > 例えば、COMO ESTAS?をシラブルごとに分けられる日本人のスペイン語の先生が存在するでしょうか???
    > 辞書やネイティブに聞くことなく、、、、にです。
    と書いてきました。
    (以下、文字化けを避けるために私も倒立疑問符とアクセント記号を省略します。)
    Como estas? をシラブルに分けることなど、簡単です。
    co-mo-es-tas (ただし速い発話では co-moes-tas または co-mwes-tas)でよいのです。
    あなたは K-O-M/M-0-W/W-E-S/ST-A-S とかなんとか言うつもりかもしれませんが、そんな気色悪い発音をするスペイン語ネイティブはいません。
    以上です。