あいまい音とは何だったのか

従来の発音記号には曖昧音というのがある。曖昧に聞こえるアに似たような音であるが、ネイティブメソッド(英語喉)には、曖昧音が存在しない。これまで曖昧音と思われていた音は、多くの場合、i_(ネイティブメソッド発音記号では小文字のIに下線)であることが多いようだ。あるいは、単にu_(小文字のUに下線)である。

喉の奥深く、首の根元で言う音であるために、曖昧な音とされてきたのだろう。

例えばであるがJAPANESEという単語がある。従来はPAのところのAは曖昧音とされていた。だから、私も昔は、ジャパのパをなんとなく弱め、、、というか曖昧に発音していた。今では、KISSやKITのIと同じ音(文字のIに下線)を出せば、ネイティブと同じ発音になることを知っているので、楽になった。

ところで、、、、

CD音声録音のときに、ナレーター役を務めてくれた友人(著者ではない)がJAPANESEをゆっくり読んだために、PAのAを、小文字のIに下線でなくて、小文字のAに下線の音にしてしまったので取り直しになった。言っていることが分かりにくいと思うので、以下にゆっくり説明してみる。

(発音記号のあとに_がきたら、それは下線と理解してください。下線の引かれた発音記号では首の根元を響かせます。)

そもそもJAPANだけだと Ja_P/PaN。でもJAPANESEだとJa_P/Pi_N/NIZ。つまり前者ではPAのところの母音がaだけど、JAPANESEとなるとi_になる。ところが、JAPANESEを(録音のために)ゆっくりよむと、おもわず、間違って、Ja_P/PaN/NIZとなってしまったのだ。だから、早速、取り直しをした(もちろんこのレベルの細かいことは英語ネイティブでない私に分かるわけがない。当然、英語ネイティブ著者の判断)。

このエピソードで理解したことがある。ネイティブがなんらかの理由でゆっくり読むと発音自体が変わってしまうことがある、、、ということ。だからこそ、英語の音を研究する場合は、ネイティブが観察されていると知らずに喋っている英語を対象にし、観察をしなければならない。その結果生まれたのが英語喉である。

日本語でも同じである。外国人に対して「お婆さん」という単語を教えようとすると、どうしても「おばあさん」と発音してしまう。普段は「おばーさん」と発音していても。ゆっくり、おおげさに読むと発音が変わってしまうのである。

英語喉をやると、ネイティブがあなたに対して喋る英語が変わってくる。ふつうに他のネイティブに喋る英語と同じ英語で喋ってくるのである。口の動かし方なども、おおげさでなくなってくるのだ。だからノンネイティブの英語の観察するばあい、本当に気をつけないといけない。ネイティブが口を大げさにしてあなたに喋っているとすると、それはネイティブが「おおげさにしたら通じるだろう」という親切心である可能性が大なのだ。

英語喉オンラインコースへ飛ぶ(ニュースレター登録をお願いします)

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.