うーんじれったい

英語耳の松澤さんの英語耳の掲示板があって、色々人々が質問があるんだけど、じれったくなる。人事だからほっとけばいいのだけど、本当にじれったいよーーー。
 

松澤さんがSの発音は横隔膜がどうのこうのとおっしゃってるんだけど、うーんじれったい。
 

肺の使い方まで調整しないといけなかったら、英語喋れませんよ。
 

Sのときは肺をこう使う、、、ということを意識して、SHE SELLS SEA SHELLSの早口言葉なんてやってたら、気絶すると思いますよ。
 

つーか、確かに英語では、日本語よりも多い目の息を使うことは確かです(息が音の一部でもあります)。が、Sで息が大目に出ているように*思える*のは、ただ単に、口の中での障害がないからですよね(舌とかが邪魔しない)。あと、おもわず、練習だからという理由で、おおげさにやってしまうから、、、と理由が大きいでしょうね。
 

Sだから肺でがんばるとすると、それこそ英語肺です。それは無理でしょう(英語口、英語喉、英語耳、、、とたくさんありますが、音の生産の現場である声帯に一番近い場所はどこでしょうか????)
 

きっと、松澤さんは、「まずは大げさに言っておくことが大切だ」とおっしゃると思いますけど、やっぱり実践でやらないことを練習でやるのは、おかしいと思います。ま、この点が永久に同意できないかもしれない分かれ目、分岐点って感じですね。
 

辞書も、音声学も、この世にないと想定して、頭の中をからっぽにしてから、洋画の英語を聞いてみてください。そんなにするどく強く発音していないことが分かります。


 

 

英語喉オンラインサロン・コースへ飛ぶ

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.