Skip to toolbar

Related Articles

英語喉&機関銃英語の感想をここに集める

このエントリーに、英語喉と機関銃英語の感想などを集めたいと思います。皆さんのなかで、もし英語喉か機関銃英語をブログやHPで紹介されたというかたがおられましたら、このエントリーのコメント欄でご連絡ください(メールはquestion AT estat.us)!追加させていただきます。 *** MASAさんのMIXI日記(MASAさんか私のマイミクになれば読めます。ご連絡ください)http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1696089778&owner_id=7661548&comment_count=15 私のブログ http://plaza.rakuten.co.jp/fufufuu/diary/201011230000/ 英語音読研究所 英語喉に感銘 http://nsh-41.blogspot.com/2010/12/blog-post_16.html  英語を味わいながら留学せずにTOEIC950・英検1級を目指すブログhttp://ameblo.jp/mari-english-study/entry-10825320140.html  Eirene’s memories http://d.hatena.ne.jp/eirene/20110129/1296307814 ワンコがいっぱい 英語リスニング学習にオススメ教材1 改 http://arc-en-ciel.blog.so-net.ne.jp/2011-03-04  ジャズ&洋楽訳詩(東エミ)英語は喉だ!http://ameblo.jp/higashiemi/entry-10759585413.html 医学部受験の方法論 この本のお陰で今や僕はLとRの区別ができるようになりました。http://kounotori0305.blog98.fc2.com/blog-entry-41.html    英語喉物語 KATSUさん  シラブル(3ビート)って、本当におもしろい。 これを知ってから、リスンニング能力が向上していくのを日々実感できます。 http://ens-katsu.blog.so-net.ne.jp/2010-07-05  日本語英語の謎を解く 副島隆彦氏サイト(学問道場)の掲示板  よしかわさん  引用 「どこかで読んだ話だが、フランス人は英語を全く知らなくても、英語の発音は最初から明瞭に聞こえているそうだ。少なくとも、わたしは、このような英語を全く勉強していないフランス人、あるいは英語ネイティブの幼稚園児たちと肩を並べる段階にまで来たと思う。書籍「英語喉」は、このようなメリットを体験できるすばらしい本である。 」  http://snsi-j.jp/boards/cb.cgi?room=tomaya  カズ&ジーナの「英語喉」について考える.  英語喉革命さん http://blog.livedoor.jp/nodorevolution/archives/2010-04.html?p=2#20100427 …

アシュラさん、次のステップ

http://ashrafieh.seesaa.net/article/160695924.html でアシュラさんが、英語喉は理解できて、一段落ついたとおっしゃっていて、ほっとした。アメリカのドラマの英語が、前よりも耳に入ってくるようになったとの報告もうれしい。 さて、今日は、以下のアシュラさんの言葉に対してコメントしたい。アシュラさんいわく: 目標は、即興で5分間の英語スピーチができるようになること。原稿が無い即興でそれくらい話す機会はジョブ・インタビューくらいでしか無いのだけど、自分の「英語が崩れる」のはまさにそういうインタビューの最中だったりする。 引用終わり さて、私のアドバイスだが、大切なのは、喋る前に、話すアウトラインを考えすぎないことだ。話す前に、あれこれ考えると、喋っている最中にも、この次には、あれをいって、これを言ってと、頭がパンク状態になる。 私は、よく会議などに出席して、自己紹介をしないといけないときに、他の人が自己紹介をしているあいだに、何を言おうか、これを言おうかと考えすぎて、せっかくの他の人の紹介が頭に入らなかった時期があった。そして、自分の番になると、結構、あせってうまく言えない。そして、終わったあと、残りの人が自己紹介しているときに、あ、あれを言えばよかった、これを言えばよかったと後悔して、また人の話が残らない。 ところが、あるとき気づいたのだが、そういう場で心配そうに、しているのは、私だけのように思えた。他の人、ノンネイティブでも、気楽のその場で喋っている。 結局、自己紹介にしろ、仕事にしろ、自分のこと、あるいは自分が毎日やっていることだから、結構、その場で言うことを考えれば良いのだと思う。 そうすると、言葉がたどたどしくなると心配するかもしれないが、 言葉はたどたどしくても、全然かまわないのだ。 喉発音と3ビートさえできていれば、その文のどこを強調するかとか、あるいは、どんな語彙を使うのかなど、聞くほうとしては、どうでもよいことなのである。 もちろん、感動させるためのスピーチを国会議事堂でやるというのなら、違うが、仕事などで喋るときは、そういう配慮は結構いらない。 そもそも、英語とは、最初に言う文を考えて、それから喋るのではなく、その場その場で、言葉を単語ごとにつないでいくものだ。 たどたどしくても、喉の奥に響きを感じながら(こだまブースター)喋れば、全くコミュニケーションに問題がおこらないし、だいたい、仕事の英語とはそういうものだ。 もう一つ大切なのは、喋るのが自分だけだと思わないこと。相手がおり、相手が喋ってくれて助けられることもある。 私も仕事で使う英語では、私が文の半分まで言ったあとで、同僚が文の半分を終えることがある。会話が、私だけで完結しない。私も、相手が言っている半分まで聞いて、そこから私がその文を終えることもある。 喉で喋っていて、3ビートであり、またリラックスしていれば、相手が会話に参加してくるのである。 それも文の中間で。 これまで日本人は、文というものを絶対的な単位と捕らえすぎていたと思う。だから、文があって、イントネーションが大切だと思い込んでいるが、そんなことは絶対的にない。 日本人の会話でも同じだ。聞こえは悪いが、人の話を盗み聞きしてみてほしい。英語でも同じだ。 つまり、仕事などで英語を喋るとき、大切なのは2つ。 いきあたりばったりで喋ること。 相手の協力もうまく利用する(喉でしゃべって、リラックスしていると相手も勝手に参加してくる) いきあたりばったりでも、内容は毎日やっている仕事のことだったりするのだ。またいきあたりばったりだからこそ、聞いている人の反応を見ながら、適時、内容を変えていける。質問にも答えられる。 私は、特に口発音時代、議論がなかなかできなくて苦労した。あきらかに、日本のネタで、まわりが私が何がコメントしたらなあと思っているだろうに、言えないのだ。それは一つには、あれを言って、これを言って、、、と最初に組み立ててしまっているうちに、緊張して発言ができにくいところに自分をおいやっていたのである。…

天満さん『英語でしゃべらナイト』収録終了! とスナップ写真の分析

天満さん、お疲れ様です。テレビデビューおめでとうございました。詳しい収録の様子が分かるレポートをを天満さんがUPされています。 http://processeigo.seesaa.net/article/132660415.html 「英語喉」を紹介できなかったという点、気を使っていただきありがとうございます。 さて、パックン達との写真(もう一人のかたは矢嶋さんですか?)ですが、昨日、ちょうど視線の交錯という話をフーコーの話を引用しながら、したんですが、写真も、似たような文化的視線の交錯がみられて興味ぶかいです。 パックンがVサインをしています。これは、日本人の真似をしているわけです。これは意識的でしょう。 さて、矢嶋さん(?)も天満さんも、親指を立てていますが、方向が違いますね。矢嶋さんのほうは、親指の腹(?)がこちらを向いている。天満さんのほうは、横を向いている。これは矢嶋さんが西洋のしぐさを真似ながらも、方向は日本のVサインと同じ方向を使っているということですかね。それぞれに、お互いの文化から記号を咀嚼しながらも、無意識なる解釈・使用(?)をしているということですかね。自分自身の文化的コードを使いながら。 3人とも笑顔で、歯を見せている点は、西洋的ですね。喉ブレーキがかかっていたでしょうか?西洋人の場合、喉ブレーキがそもそもかからないのですが、日本人の場合は、せーの、とかチーズとか構えると喉ブレーキがかかっていそうですね?天満さんはなんとなく喉ブレーキがかかっていないような気がします。まとめると、、、 パックン 指の記号は日本のVサインを(意識的に)使用 笑顔は歯を見せているので西洋的、喉ブレーキはかけていない(これは無意識でしょう)。つまり無意識なる和洋折衷。 矢嶋さん 指の記号は西洋のものを使用しながらも(意識的)、方向は日本のVサイン方式(無意識)(<--これあっているかな?)。笑顔は西洋風(意識的に歯を見せる)、喉ブレーキをたぶんかけてらっしゃる(無意識)。つまり無意識なる和洋折衷。 天満さん 指の記号も笑顔も喉も西洋のものを使用している。(無意識なる?意識的に?)使い分けてらっしゃる。 と、、、想像してみました。思うに、天満さんは、日本と西洋の文化モードを厳密にまぜないで、それぞれを使いわけているのではないでしょうか? そういう意味で、コピーイングの元祖、大家であるということは偶然ではないのではないでしょうか? 英語喉の喉仏であるジーナも、日本のやりかたと西洋のやりかたをきっちり使い分けるのが非常に得意ですよ。 ちなみに、私にとって、この文化のモードを使いわけるというのは、死活問題であります。会議のときなどに、口を閉じて喉ブレーキをかけてしまうと、相手がひいてしまうのを感じることができます。ですから、息をコンスタントに口と鼻の両方からはきながら、体をリラックスさせます。できない、むずかしい、、、というような話題のときに、特に口発音になると、相手が緊張しだしますから、気をつけます。 この2,3日、自動車でJOE SATRIANIを聞いているんですが、ボーカルがないので、歌を歌っていなかったんです。すると一日中、英語が口発音ぎみになってしまう。ジーナに英語がそうなっていると言われましたので、気をつけて直しました。普段はSUPERFLYを聞いて、歌を歌うことで、喉発音のメンテナンスをしていますが、1枚目をあまりに聞きすぎて、聞く気がしなくなってしまった。早く2枚目BOX EMOTIONをGETしないといけない。 これはJOE SATRIANI(ギタリストにとってはなかなかいける音楽です、、、はまってしまいました) http://www.youtube.com/watch?v=MjNAeELQ_Z8 これはSUPERFLYでBOX EMOTIONという新しいCDに入っていると思われるもの。はやくGETしたいが、富士山DOTCOMになかったので、まだ取り寄せていない。 http://www.youtube.com/watch?v=DpGRArp8QfI&feature=related この2枚目は越智さんが全て作詩されたそうです。1枚目は越智さんが作ったんじゃない曲もはいっているんですが、私が聴いているとき、飛ばしてしまう曲がなかにはあるんです(あまり聞く気がしない曲です、、、JETの手によるものとか)。それら(=あまりピンと来ない曲)が、全部(例外なく)、越智さんの作詩ではないことに気づいてびっくりした。 それだけ、オリジナリティーがあるんでしょうね。あと、どちらかというとリアルですね。2枚目はもっとリアルということなので、楽しみです。…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. 上川さん、お久しぶりです!!
    以前ジョージタウンでお会いしたものです。
    中学校の教師です。覚えていますか??
    もうすぐ念願かなって大学院に留学します。
    イギリスのロンドンの近くのレディング大学で応用言語学を研究します。
    あの時はいろいろありがとうございました。

  2. おー、タカさん、おめでとうございました!よかったですね。メールで情報交換しましょう。