フォークの使いかたがうまいですねえ

箸と重力
 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080328-00000013-yom-sci
 

 

引用***************************
初めての宇宙ステーションで、一番楽しかった思い出は「みんなで夕ご飯を食べた時」。「私が日本食を用意して、乗組員のみんなに『はし』をプレゼントした。無重力だからつまんだものが落ちないので、みんなはしを上手に使っていた」と船内での一時のエピソードを紹介した。
******************************
 

昨日、またしてもNHKを見ていたら、スペースシャトルに搭乗した日本人宇宙飛行士の土井さんが、他のメンバーとともに記者会見をしていた。
 

宇宙で日本食をふるまったことについて語ってらっしゃった。外国人の宇宙飛行士が(アメリカ人だと思う、、、もしそうじゃなかったら以下の議論は成り立たない可能性あり)、箸を上手に使っていることにびっくりした、、、その理由は、宇宙は無重力だから、食べ物が落ちないので、上手に使えるんだ、、、と納得した、、、ということだった。
 

このことで私は以下のことを思った。
 

重力がないからうまく使える、、、というのは彼が想像したことだろうか。実際にアメリカ人のメンバーに聞いたのだろうか。
 

(アメリカ人だったのだろうか?ロシア人?宇宙ステーションの中で食べたわけけだけど、誰がその中にいたのかなあ。)
 

実はアメリカでも箸は使われている(喉のドリルのスキットで出てくるネタです)。それは日本食の影響というよりは、中華料理の影響である。例えば、米国においては、中国からの移民が大昔からあって、辺鄙な土地でも、一つは中華料理屋があるのである。中華料理は、少なくともアメリカでは、非常にポピュラーなジャンルだ。ものすごく荒れたゲットーのコミュニティーでさえ、中華料理のテイクアウトの店がたくさんある。1990年あたりに留学したとき、大学の食堂には箸がおいてあった。
 

したがって、アメリカ人であれば、小さいときから箸を使っているのである。
 

アメリカ人にしてみれば、箸の使いかたがうまいですねえ、、、と言われるとわけがわからん状態(はあ?)になるのである。日本人にむかって、フォークの使いかたがうまいですねえ、、、と言うようなものである。
 

もし種子島の宇宙センターから発射されるロケットにアメリカ人一人が乗り組んだとして、日本人メンバーと一緒にスパゲティーを食ったとする。するとそのアメリカ人がアメリカのテレビで、「いや、日本人がフォークをつかっていましたよ、やっぱり重力がないから使えるんですねえ」と言っているようなものである。
 

思うんだけど、我々の外国経験って、あまりに典型的ではなかろうか。外国人にお土産をわたして、ちょっとした楽しいときをすごすみたいな、、、。こんなお土産をあげたら外国人に喜ばれた、、、とか。
 

ワシントンDCの商工会議所のサイトで、ちょっとしたエピソードを紹介するコーナーがある。こんなお土産をあげましたとか、近所の人に折り紙を教えました、、、とか。
 

そういうのは確かに「ちょっといい話」だと思うが、それは口で英語を喋っているから、それ以上、つっこめないために、表面的なレベルでの「小さな外交官」的なカタにとどまっているような気がしてならない。
 

いや、本当に喉(と3ビート)を試してほしい。世界は一家、人類は皆兄弟、、、て感じを体験できる。
 

最後にずれるが、今朝は、NHKで、なにか音楽のプロを目指す青年が出てきていたんだけど、お母さんが、「夢を見るのはいいけど、それで生きていけるの?」というようなことを言っていた。
 

で、思ったんだが、土井さんが、「夢をみつづければ、必ずかなう」と言ったとしても、お母さんが「夢は見るのもいいけど、現実を見て」と言ったときも、どっちでも結局、机についてまずは勉強しよう、、、って結論になるような気がするが、気のせいだろうか。気のせいかなあ。
 

 

Related Articles

ジャパネットの高田さん(長崎県のご出身)

英語喉的には高田さんの声はどう解釈されるのでしょうか。長崎のご出身です。 (実は私は高田さんのことは知りませんでした、、が、FBでフォワードの石渡先生が以下の記事を紹介されていて、知りました)。 大きな声を出していても、うるさくないなという感想です。 以下の記事の喋りの秘訣が参考になります。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160405-00010000-bfj-bus_all&p=1&fr=fb_oa_tpc   https://www.youtube.com/watch?v=SYEtVsjVWUI  

GLIMMIX

さて、ここのところ、仕事が過激に忙しいです。特に、データを扱っていて、プログラミングをして、アナリシスをしていますが、救われるのは、SAS(統計ソフト)を使っているのだけど、昨年末ぐらいから、GLIMMIXというプロシージャが、本格的にパッケージの一部となり、それは、線形モデルでも、非線形モデルでも両方いけるのです。 以前は、線形のときと非線形のときで、プロシージャが違ったりして、それも同じSASでも、違う人がデザインしていると思うので、プロシージャに応じて、ちょっと違ったりしたのです。特に、非線形モデルは、手間がかかっていました。 ところが、GLIMMIXというのがなかなかよい。そのお陰で、作業の時間が50%ぐらいは削減できているんじゃないかなあ?と思う。 本当に助かる。 さて、今年も、労働感謝の日の週末、この週末だけど、ちょっと出てくるが、ちょうど、ハリケーンが来ていて、非常に困る。 BY THE WAY, … インドと日本の違いは英語力 世界を相手になぜ、話さないのか –> http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100819-00000131-san-soci

ネイティブ度97%、、、というかこの自信に満ちた私の英語を聞いて欲しい

ネイティブ度が97%、、、96%?95%? という問題ではなく、 私がこの2日ほど、圧倒的なる自信を持って英語をしゃべりだした! この私の英語を聞いて欲しい。 [audio:http://nippondream.com/file/kaz_try_native_01_09_2012.mp3|titles=kaz_try_native_01_09_2012] http://nippondream.com/file/kaz_try_native_01_09_2012.mp3 自分で聞いていて、分かるのは 圧倒的なる自信にあふれているということだ。 まずは、MASA氏に感謝したい。このテクニックにいたったきっかけは、数日前のMASA氏のと会話である。あの会話がなければ、今のこの自信に満ちた私の英語はない。 私は、たしかにネイティブのような話し方はするが、圧倒的に自信がなかった。 例えば、数日前の英語喉ライブだ。 確かにネイティブのような英語をしゃべっている、、、しかし、不安が声に現れている。声が小さくなったりする。 いや、今、意識的にしているあることを、実は、英語喉ライブで確かにしている。90%は使っている。 しかし、しっかりと意識した形でつかっていない。 だから声が小さくなったり、自信がなくなったり。 さっそく、時間帯の近いKATSU氏にメールを打ったら、KATSU氏の反応もよく、すげ~~~~ということだった。 とりあえずは、このテクニックを秘密にしたい。 私は実はMASA氏に挑戦をしている。 MASAさん、私が、あなたのおかげで、あることを意識して英語をしゃべっていますよ。その結果、圧倒的な自信を得ました。私は例えば、このあと会社に行きますが、アメリカ人の同僚たちよ、、、ついに、私はあなたたちが何をしているのか、ついに100%理解しました。私はそれを97%ぐらいの形で再現できますよ~~~。 一体何をしているでしょうか???? MASAさん、メールで答えが分かったら教えてくださいね。   ある意味で、ネイティブに近いかどういかというより、何をしているから、この圧倒的な自信が生じるのかということじゃないかと思う。 私が今していることをすると、圧倒的に英語がすばらしくなるかたがたの名前が浮かぶ。 MASAさん、YOSSYさん、KAZYさん、、、たぶん、私が今していることを、意識的にしておられない。…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Skip to toolbar