ジャイアント馬場の残したもの

アメリカでもプロレスは当然人気があるのだが、ハルクホーガンはほとんど神的存在だ。ブッチャーとか、スタンハンセンは、人が知らんと言っていた。あ、アンドレザジャイアントは当然知られている。

RとかERを発音するときに、ジャイアント馬場のアッポーっていう掛け声みたいに発音しようというようなことを見たことがある。

例えばPAPERのPERのところで、口の中をはれぼったい感じ、こもった感じ?にして発音するやりかただが、以前、学会で、それだけをやって、あとはカタカナで読む人がいたのが印象に残っている。

またテレビニュースNHK WORLDのフィールドリポーターは全員例外なしに、馬場氏のアッポー発音をやっている。上に紹介した人と違うところは、上の人はERのときだけそれをやるのだが、NHK WORLDのスタッフはWやRが出てくるときにもそれをやる。

おそらくゲップ発音の音にアッポー発音をしているような気もする。

つまり、日本人の感覚で聞いて、あいまいに聞こえる音をにアッポー発音をしているのであろう。気持ちは分かる。

アッポー発音のかわりにぜひ喉発音を使って、どんな音でも出してもらいたい。

というのは、カタカナ発音も、カタカナ発音+アッポー発音も基本的には両方カタカナ発音だからだ。かえってアッポーが入っていると、逆に分かりにくくなる。なぜかというと、カタカナだけのほうが、日本語や日本語英語を知っている人にとってはわかりやすいからだ。

さらに

カタカナ発音+アッポー発音+鼻にかける

となると、非常に不思議な英語になるのである。

ぜひ、喉でやってほしい。

Related Articles

クッちゃんと喉やんの英語講座

喉セミナーご希望のかたは、メール(question AT estat.us)でお知らせください。ご希望の日と時間帯を2つ,3つを教えてください。こちらで調整して返事します。 クッちゃんと喉やんの英語講座 今日の表現は、英語喉246ページにあるWhat’s your major?です。MAJORの部分を色々変えて練習しましょう!英語喉発音記号だと。 W_-u_-TS/Y_-O_-r_/M-eI-J/J-E_-r_ です。 [audio:http://nippondream.com/eigonodo/wp-content/uploads/2011/08/kaz_08_05_2011.mp3|titles=kaz_08_05_2011] 直リンはここをクリック。 クッちゃんと喉やんの発想がどこから来たのか今では定かではないのだけど、自然と発生してしまった。だって、私はそもそも日本語は口発音だ。英語は喉発音だ。その区別を示そうとしているうちに、クッちゃんと喉やんが、自然発生してしまった。 ユニークな存在なのか?なんて思っていたのだけど、すでにNHK INTERNATIONALでやっているではないか。いわゆる帰国子女アナは、喉やんだ。国内派のアナはクッちゃんだ。 悲しいことに、クッちゃん派は、絶対にアンカーになれない。常に、特派員でしか登場しない。 実際、英語の発音が異常なほど下手クソである。NHK WORLDという言葉でさえ、言えないほどで、えぬえちけ~わあで特派員がレポートを常にしめくくる。 まるで、全国で最も発音が下手なレポーターを募集したかのようである。いや、運用能力がある人達ばかりなのに、なぜ例外なく、発音が異常なのか?これは、きっと「研修」でそうなっているのだと私は思う。じゃないと、ここまでシステマチックに悪くならない。 わあ? WORLDと言いたいのだけど、Rのところで喉の奥が閉まっているので、そのあとにくるLとDは単に、口の中の舌を口の屋根につけるだけ。喉が絞まっているので音がでない。 だからWORLDなのに、わあで終わる。 これは個人の資質ウンヌンの話ではないし、「馬鹿にしているのか?」という話でもない。ただ、単に、物理的な現象として、喉のあたりがしまり気味になっているということだ。水道も栓が閉まっていたら水が出ないが、喉だって、奥のところが閉まっていたら息・音がでない。 俺は、クッちゃん派にも、NHK INTERNATIONALでアンカーを務めてほしいと願っているのだ。喉やん派は、このように写真で紹介されているほどヒーロー扱いであるのに。 なぜあそこまで下手なのかには理由がある。それは、カタカナ英語は喋りたくないということで、舌の位置を厳密にしようとするのだろう。すると、完全に喉がしまっているので、カタカナ英語以下になってしまうのじゃないか。 カタカナ英語は少なくとも日本人としての威厳がある(?)。…

犬が喋っていたのである

先日、あるかたがこんな(ような)ことをおっしゃった。   日本にいるときは、英語ってもっとおおげさに発音するのかとおもっていたけど、アメリカに来てみると、結構平らに喋っているんだと知ってびっくりした、、、。   そういえば、日本で聞く英語はものすごく上下が激しい。   ところが多くの人が、この不自然な激しさが、どんなに、とてつもなく激しいかには気づいていないのではないだろうか。   結構、人気のある英語教材は、ほとんどがこの手で、私は初めて音声を聞いたときに、ものすごい不自然だと思った。例えば、XXXとかYYYとか、ものすごいハイパーな英語に圧倒される。学習者は、ハイパーな音程に圧倒されて、それだけを真似てしまうことになる。そういう英語では大切な喉音が、気が散って聞こえにくくなる。また3ビートも不自然なのだ。   そういえば、新幹線の英語アナウンスも、上下が激しく、自然な英語の倍ぐらいの音程レンジで喋っているように思える。もっとすごいのは日本のシティバンクのレコーディングメッセージだ。前に、電話しなければいけなかったのだが、Thank you for calling Citibank とかなんとか言うのだけど、その上下が富士山のてっぺんから、ふもとまでぐらいの音程の落差があるのだ。   最近、NHKの英語放送を見ていると言ったが、テレビのチャンネルをいじっているときに、画面を見なくても、あ、NHKだと分かる。それは、英語をカタカナで読んでいる、、、ということもあるが、ネイティブの人が読んでいても分かるのである。それは、赤ちゃんに喋りかけるように、ものすごい大げさな英語だからだ(ニュースキャスターのネイティブはそうでもないが、その他のバラエティ番組はそうだ)。   NHKのネイティブの人は、結局のところ、日本で日本人に話すように喋っているから、そういうことになる。   おおげさな英語というのは、漫画とかで使われている英語に似ている。   ところが、先日、チャンネルをいじっていると、英語で、あ、これNHKだと思ってとめたのだけど、違った。何かの映画をやっていた。え、NHKじゃないのと思ってよく見ると、その映画のなかで犬が喋っていたのである。  …

NHK WORLDの日本語講座

NHKWORDに日本語講座がある。金田一先生がでてきて解説する。 http://www.nhk.or.jp/nhkworld/english/tv/nihongo/index.html で、いつも思うのだが、金田一先生の説明がちょっとおかしいように思う。毎回、毎回。 例えばだが、「すみません」という表現を説明するときに、「すみません」には複数の使いかがあります、、、と先生は説明する。で二つぐらいその用例を説明するのだが、、、 (1)相手を呼ぶ場合 (2)あやまる場合 という具合に、説明し、この表現がいかに複雑で、気をつけて使わないといけないか、、、という印象を与える。 これは一つの例だが、いつも同じ感じのコメンタリーを先生はされる。 でいつも思うのだが、(1)も(2)も同じじゃないか?と。どっちとも、あやまっている、、、ということではないか?だって、人を呼ぶ場合、すみませーん、、、というのは、まあ、あやまっているようなもんだ。邪魔しますが、こっちに注目してくださいってことだから。 英語でも同じだ。EXCUSE MEは(1)と(2)の状況で使われる。スペイン語でもフランス語でも同じだ。もしかしたら、どの言語でも同じじゃないか? (1)も(2)も違う状況に見えるように番組はスキットを準備してあるのだ。ポールさんという髪の長い俳優さんがでてきて、大家さんとか、同僚との会話を見せてくれる。 思うに、どんな状況で使おうと「すみません」は「すみません」だし、おそらく世界のどの言語だって、同じだろう。勉強しなくても、違う状況で使われているようにみえる表現の意味は分かる。 つまり、勉強しなくてもいいものを、あえて複雑化して説明しているように思えてならない。 ブログの人気投票です。 http://blog.with2.net/link.php?709532    

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.