情報商材に関して思うこと

ネット上で、

BLOGで稼ぐ

とか

こうしたらSNSで成功する

とか

継続して発信する

など色々と聞きますが、自分の経験から言うと、まずは

商品を持ちましょう

と言いたいです。

つまり、商品がないと、どんなに人気が出ても、収入(副収入)につながりません。

ツイッターフォロワーが2万人を超えているのに、商品なしの人がいますが、もったいないと思います。

さて、私は英語喉関連で商品を充実させつつあるものの、一つ、商品を持っていない分野があります。

実は、日本語を勉強している外国人のかたがたが、私のYOUTUBEに結構登録してくれていますが、私は彼ら・彼女らに対して、

これを買ってください、、これを買ってもらえると日本語が上手になりますよ!日本文化をもっと学べますよ!

という商品を持っていません。

でも、実は、今、商品を開発中です、、というと非常に大げさなのですが、自分は、日本語学習用の教本をキンドル本で出版したいと思って、今、ワード文書で書いているんです。

今年中には完成させたいなと思っています。

皆さんは、このことなら人に教えられるとかいう分野はありますか?

あるいは、この分野のことを教えれるようになりたいという希望はありますか?

そういうのを追求してみたら、商品になると思います。

人に対してえらそうなことはいえません。

私が英語喉で課金(マネタイズと言う意味で使っています)できるようになったのは、最近のことです。

あ、もう一つ大切なことがあります。

YOUTUBEの養分にならないようにしましょう。

フォロワーが多ければ良い、、と言う考え方もよくないみたいです。

YOUTUBEで稼ぐというのは、広告収入ですけど、企業がYOUTUBEにお金を払い、YOUTUBEがそのほとんどを取り、少しだけスズメの涙的にクリエイターに回ってくるという仕組みです。

気が付いてみるとYOUTUBEチャンネルなどのフォロワー数がしょぼいのに、ちゃんとビジネスができている人がたくさんいます。

その人たちは、

「自分のファンを1000人持っている」

自分の商品を持っている

人たちみたいです。

本日はビジネス関連のことを書きましたが、私の目標は一人でも多くの人に英語をマスターしてもらうことです。

英語喉オンラインコースへ飛ぶ(ニュースレター登録をお願いします)

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.