CARSとCARDSの違いって?

 cars vs. cardsは特にcardsのDを出すのが難しいと思います。 

以下の内容を念のために音声でも録音しました。

 

音声での説明 CardsとCars

Dだけを出す練習をしてみてください。

まずは、Dをわざと舌をつけずに、首の根本で響かせる練習をします。

当然、付けなければ、音が変になりますが、練習としてやりましょう。

舌をつけないと、首の根本だけでDを出そうとする練習になります。

ドラムのバスドラのような音が出せるようになってから、今度は、CARDSを言ってみましょう。

一音一音言ってください。

K~~~  A ~~~ R ~~~ D ~~~ Z~~~

個々の音を言っているときに、「自分は今Kを言っているぞ、Aを言っているぞ」と、頭の中で考えてください。

さらにもう一歩、深めましょう。

自分は今Kの前半を言っているぞ、今中間だぞ、今後半だぞ、、、

と、ストーカーのように音のことをしつこく考えます(練習の時だけですが)。

実際は、さすがに、個々の音を1シラブル内に拘束すると、音の幅が少し短くなり一部だけが使われることになりますが、練習の時は全部言いましょう(個々の音の前半、中間、後半)。

剣道で大すぶりをしている感じかと思います。

さて、ここで、CARDSを普通に言ってみましょう。

Dの時に舌を付けますが、喉の奥のバスドラ風の音が消えてしまうのが問題点です。

どうしたらいいでしょうか。

まずCARZを言ってみてください。Kでも、Aでも、Rでも、Zでも、舌が口の屋根につきません。

CARDSだと

Dのところでつきます。

とりあえずDのところで舌をつけてみてください。

CARDS

それでもDで音が切れてしまうことでしょう。


どうしたらいいでしょうか?

ルート音を継続的にならしましょう。

ア~~~~~~~~~~~~~

と言う感じです。u_を使うか、オオカミのうなり声を使います。

継続的にというのは、エアコンの音、、セミの声、、、などのように、ず~~~~~と鳴らすということです。

そして、そのルート音を切らないように、言いながら、

CARDSと言ってみてください。

今度はDで音が切れなかったでしょうか?

私のコースサイトで登録をぜひお願いします。こちらです。

英語喉オンラインコースへ飛ぶ(ニュースレター登録をお願いします)

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.