モジュールとしての英語喉

英語喉を提唱して14年になりますが、まるで、

英語喉 するの? しないの?

と2者択一を強要しているようですが、

実は、まあ、そうなんですけど、

実は英語喉をモジュールとして活用していただくと、色んな方法で勉強しているかたがた、あるいは英語コーチをしているかたがたの、やりかたが、より高度なものになると思います。

例えばTOEICで勉強しておられるかたがた。

私自身はTOEICとか英検の勉強をしていません。私の時代は、大学入試が終わったら、試験勉強は終わりの時代だったからです。

TOEICの勉強をするならば、まず、英語喉で聞き取り力を解決しておいて、試験勉強をすれば、リスニングセクションで良い点がとれますし、また英語喉で得た聞き取りの力で、ドラマやポッドキャストを聞いていれば、英語の語順のまま英語を理解することになり、これってリーディングにも役立つ感覚ですよね、、となります。

英会話のコーチングをしておられるかたもたくさんいることでしょう。

まずは、英語喉を生徒さんにやってもらってください。

そうすれば、英語が聞けるようになるし、楽に発音できるようになります。

そうすれば、会話力もどんどん上がってきますね。

音読をして英語力をしているかたも、もちろん、英語喉をモジュール的にやっておいてから音読をすれば、気分よく声を出すことができます。

英語の勉強が3日以上続かないことの理由は、ネイティブが話している英語を聞いても

さっぱり分からない

あと英語を発していても、発音がしょぼすぎて、

話す気にならない

ということがあります。その部分がネックになり、継続しても、なかなかものになりません。

というわけで、まずは英語喉で、英語の聞き取りと発音をやっつけておくこと、、、

が大切だと思います。

英語喉オンラインコースへ飛ぶ(ニュースレター登録をお願いします)

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.