英語の勘1オンラインコースについての質問に回答します

メールで、質問をいただきました。

英語喉完全マスターオンラインコース

今回、新発売の

英語の勘1完全マスターオンラインコース。

はどう違いますか?別物ですか?

「別物です」が答えです。

英語喉は英語喉50のメソッドを練習しやすいようにオンラインコースしたものです。10年の指導経験からくる知見やコツを入れています。無料YOUTUBE版の動画にはないコツがあります。全てが一箇所に集まっているので、オンラインコースは練習がしやすいです。

さて、英語の勘1のオンラインコースですが、基本的には、内容はキンドル本の英語の勘1と同じなのですが、私がまず、本の内容をパワーポイントのスライドにまとめ、それを元に私が私の言葉で解説をしました。

さらに、オンラインコースのほうには、もう少し練習問題を追加する予定でいます。

きっかけはあるかたが、キンドルの本を買ったけれども、自分は読むのが苦手なので、読み込めていないとおっしゃったことです。

私自身も、自分の仕事の統計分析において、そういえば、人が目の前で説明してくれると理解できるということがよくありました。さらに音声だけよりも、なぜか目の前に人がいて、その人が動画で説明してくれると吸収力が高いのです。

小説と映画を比べると映画のほうが楽です。ただし、人によって、小説が好きだという人も多いですね。

英語の勘1の内容は、名詞をどう使うかということです。これが英文法で一番難しい問題です。冠詞をつける、つけない、単数形か複数形か?という問題は日本人にとってはとても難しい。

ところが、ネイティブは子供でさえ、THEの使い方を間違いません。つまり、なにか日本人が意識していないようなルールが存在するはずです。それを10年の時間をかけて追求し、発見したので世に問いました。

私のやり方を真似ると、だいたいにおいて、大丈夫になります。なぜ「だいたい」かというと、たまに、たしかに、これは、単数で使うの?複数で使うの?という問題が、少しだけ暗記に関わることがあるからです(つまり、ネイティブの子供でも間違う可能性があるということ)。

それでも、私のやりかたでほとんどのケースで正しい選択をできるようになると考えています。

現在、出版記念の割引セールをしていますので、ぜひ、詳細のほうを御覧ください。割引コードはKAN50です。こちらから。

https://nippondream.mykajabi.com/offers/e6hAxrTE/checkout

英語喉オンラインサロン・コースへ飛ぶ

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.