なぜ自分はコンピュータ・プログラミングができないのか?

自分はデータマネージメントや分析をするので、SASとかRは使えます。

が、Pythonとかは何年やろうとしても駄目です。

理由を記録しておきます。

phpはできたことがあります(これ自分で書いて、仕事で使っています。)。

さて、私はPythonの簡単なプログラムを書いてみることにしました。

練習のために、BITCOINがUS DOLLARで幾らになるかを計算するプログラムを書こうと思いました。

まずウェブから情報を読み取るために、モジュールをインポートしようと思い、YOUTUBEで見たとおりに、

import urllib.request
import urllib.parse
import re

と打ちます。そして走らせると以下のようなエラーが起きています。

runfile(‘C:/temp/Convert_BTC_UD_dollars.py’, wdir=’C:/temp/(24) Python practice’)
File “C:\temp\(24) Python practice\Convert_BTC_UD_dollars.py”, line 15
pip3 install urllib3 # for python 3
^
SyntaxError: invalid syntax

つまり、ネットなどの指示に従っているのに、結果が出ません。

そして、この20年の経験ですと、ここの段階から3時間ぐらい費やしても、解決ができず、そこで撃沈となります。

プログラミングができるかたが、なぜ、できるようになったのか、さっぱり分かりません。

天才ですか?

本当に情けないです。

1990年代の後半にに、自分はシカゴ大学のコンピュータセンターでレセプションデスクのバイトをしていました。まわりは、プログラマータイプがいましたが、その時に、なぜか自分は学ぼうとしませんでした。

周りの人がやっていることを真似したら良かった。

自分が今年できるようになりたいこと。

フランス語会話

Python

Rをもっと詳しく。

英語喉オンラインサロン・コースへ飛ぶ

Related Articles

英語喉セミナーの報告(豊富な音声サンプル!)

さて、日曜日は剣道の日なのですが、足が痛くて痛くて、、、やってみて分かったのだけど、テクニックとか、疲労のコントロールだけでなく、足や手が痛くなります。1週間前に、何十回も切り返すをするタイプの学生リーダーの鬼のような練習の後、足が痛くなりまして、それ以来、その痛みがとれないままで練習というのは辛い。

英語喉稽古コース始めました (SKYPEでの受講ありですが、いかがですか?)

人気ブログ投票にぽちっとお願いします。 さて、先週は初めて、ボランティアによる英語喉稽古クラスをしました。 稽古と呼びましたが、その内容が剣道の稽古にそっくりで基本を繰りかえし、少しでも間違っていたら、前にすすまずに、できるまで粘る、、、という特徴を持ったものです。

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.