20年前に知っておきたかったこと 米国株投資

英語音声でも以下の内容を録音してみました。

20年前にフロリダにいました。大学院を終えて、ポスドクということで、タンパに行き、そこの大学でプロジェクトチームの一員となったのですが、その時、たまたま、一人の青年、仮名ジョンが、よくランチのときに、株をしているといっていたのです。

最近、メッセ交換をすると、すでに引退したというのです。50歳ぐらいだと思う。聞いてみると、もう20年も兄弟達と相談しながら、投資をコツコツしてきた結果FIREとなったそうです。

FIREとはFinancial Independence, Retire Early

のいう意味です。

アメリカでずっと働いているので401Kというのがあり、それは、給料の一部を投資にまわし、引退後に引き出すというもので、これは、普通にやって来ましたが(税金対策として存在します)、個別株を買うという考えは10年ぐらい前にやっと生まれました。

たまたま、前の会社をレイオフになり、再就職した会社が給料の一部を株でくれるというので、5%ぐらいを、その会社の株でもらいました。給料+株でくれるんじゃなくて、給料の一部を積み立てておいて、年に2回株でもらいませんか?というシステムです。

その後、住んでいるアパートが、月の家賃が2000ドル(20万円ぐらい)を越えまして、高くなりすぎたので、コンドミニアムを買うことにしました(見た目はアパートだけど、賃貸じゃなくて、買うものです)。

その時に、ほっておいたら伸びていた会社の株を全部売って、頭金にしました。こつこつ給料の一部を積み立てていて、たまたま株価が伸びていたので、得した気がしました。

さて、会社が株を私に渡す際に際にETRADEという証券会社のアカウントを作ってくれていたので、眺めていますと、あれ、これで個別株が買えるのだなと気が付き、それ以来は、少しづつ適当に勘で買いました。

ただ、そのまま放置スタイルでした。

去年からコロナでロックダウン状態となり、家からほとんど出ない状態になりまして、とても退屈になっていたのですが、ツイッター上で、「じっちゃま」という人がいることを知りました。日本人のかたでフロリダに住んでおられます。

フォローしていると、色々な情報を流しておられて、特にIPOというのが面白かったので、じっちゃまが言う通りに少し買ってみました。「IPOで買う」とは、会社が上場してから早いタイミングで買う事を言います(その日とか)。

例えば最近ではAIRBNBが上場しました。

さらに、FOOLというのがあるのを知りました。米国で最も有名な株情報サイトで、200ドルぐらいかと思いますが年会費を払ってみました。

じっちゃまはIPO情報がすごいなと感じてます(それだけではないですけど)。

FOOLは、とにかくこれ買って、もっとけ、、というもので、とても簡単です。

前から確かにぼちぼちやっていたものの、最近まであまり考えていなかったのです。

そこで、気がついたというか、皆言っていることですが、、

歴史的にみて、米国株は確かにたまにどすんと落ちるんですけど、それでも、長い目で見ると上がってきています。

去年になりますが、2020年の4月に、どすんと落ちました、、が、またスルスルと上がってきました。

投資というと、失ってしまうという怖さがありますが、貯金のつもりで、コツコツとするのが大切なのではないかと最近思うにいたり、書いてみました。

自分自身が、「ジョン、なんで20年前に言ってくれなかったの?」と思うので、まだ、米国株投資をしておられない皆さんに向けて、書いてみたわけです。

おそらく米国株式投資がいいのではないかと思います。歴史的にずっと上がっているからです。

ETF株というのが初心者にはいいそうです。プロがマネージしてくれているものです。個別の株じゃなくて。VTIとか(調べてみてください)。

もちろん自己責任が大切です。

日本でも1株から買えるようなサービス、そしてネット上、携帯から買えるようなサービスがいいのだと思います。

アメリカだと1株から買えるのが当たり前。さらに、去年ぐらいから手数料が無料になりました。だから、若い人でも始めることができます。

日本で有名な証券会社の社長さんが、私がシカゴ大学にいたときに、寮が一緒だったのがびっくりです。同郷だったので、よく広島弁で話していました。

ちなみにフロリダのジョン(仮名)は西海岸に引っ越しています。明日、オンラインで話す約束にしています。

最後に、英語学習に絡めますと、例えばですが、米国株を買い、FOOLを購読すると、英語を読むことになります。損したくないという気持ちでFOOLの記事などを読んでいると英語力が上がりそうな気がします。

よく、BLOGを毎日書くとか、YOUTUBE動画を諦めずに上げる、、というようなアドバイスもネット上にあります。副業収入のためにということだと思います。そういうのはやや微妙だと思います。YOUTUBEは利益率が低いですし、BLOGなんて今どき読まないでしょう。

最後にお願いです。まだのかたは私の新サイトにぜひ登録をお願いします。このサイトの目的は皆さんに英語をマスターしてもらうこと、それだけです。

英語喉オンラインサロン・コースへ飛ぶ

Related Articles

ハックせよ

<後日談 以下に書いた剣道についてのコツは、実際に試してみたら全然だめでした(笑)。私は、えいやっ、と踏み込んで、相手の面に当てるとき、届かないという感覚があり、悩んでいます。が、実はある剣道の先生の説明を聞いたところによりますと、相手がむかってくる瞬間、それを狙うのだそうです。相手が向かってきているのだから、距離が短くなるそうです。これを試してみます。>

インターナショナルイングリッシュというのはよろしくない+i_ とu_の発音のコツの音声指導

さて、まず、高校3年生(今度、大学生)のDERWENTさんがBLOGをやっているので、紹介。 http://blogs.yahoo.co.jp/syadou005 なんでも、もともと喉発音っぽく日本語を喋っていたので、喉発音への移行が楽だったとか。そういう人は多い。アキさんもコメントしてくれているけど、中国地方、九州など、ピンとくるのが楽かも。そもそも、中国語みたいなシラブルで日本語をしゃ*べ*りょー*るん*じゃ*けん*のー。だから広島弁でタイプしても、漢字変換無理だ。

音声学のはまってしまった罠 (ぬけでることができない)

音声学のはまってしまった「どつぼ」が、「アクセントのない母音が曖昧音化する」という勝手につくられたルールである。 私は、完全に音声学者の先を行っていたのだろうか?大学時代に、辞書で使われているVがさかさまになったような音(CUTのア)と、aみたいな発音記号で、いわゆる曖昧音と呼ばれている音が、同じだよ、、、と誰かに聞いた。アメリカ英語では同じだよと当時は理解していた。というのは、イギリス人が二つの音を発音してくれたことがあるが(1988年にイギリスで)、そのとき、その二つの音が私には違って聞こえたからだ(今となっては、この真偽は良くわからない)。

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.