日本語は名詞が中心、英語は主語+動詞

先日、日本語では名詞が大切で、英語を読んでもどうしても名詞で音が上がってしまうとツイッターで指摘したところ、ライクボタンをたくさん押してもらえました。

I went to the bathroom and washed my face

という文を読むと、日本人であれば、どうしても、bathroomとfaceのところで、音程が上がってしまいます。

確か、韓国人が英語を話すときも似たようなことが起こったような気がするのですが、確認していません。

これは、名詞が大切なので、名詞を強調してしまうということですね。

昨日何した?

と聞かれれば、

花見に行った、、とか、、草刈りをした、、と名詞がまず来てしまうことでしょう。

英語では、主語と動詞が大切です。

世界が人から構成されていると考え、そして、人がどう動くか、、を解説するのが英語の発想なのです。

I went to school yesterday

であれば、主語、動詞が大切、、あとは適当、、、ぐらいに考えるのが日本人にはちょうどよいです。

Iというのは、広島弁で言えば、「わしね~」

と言っているようなもの。

「わしね~」と来れば、、、

行ったんじゃあ

食うたんよお

かけったんじゃあ(=走った)

と、動詞が知りたくなります。広島弁では。

それと同じで、英語でも主語が来て、そして動詞が大切なのです。

日本語では、名詞が大切なので、英語を話すときも名詞が気になってしまいます。

義理チョコってなんて言うのかな?とか気になってしまうわけですが、

I will give chocolates to all of my guy friends.

ぐらいで主語+動詞で表せばよいのです。

花見に行っただったら

I went to see sakura flowers in the park.

で良いと思います。

まだの方は、以下より私のオンラインコースサイトに登録をお願いします。

英語喉オンラインサロン・コースへ飛ぶ

Related Articles

例えば喉の存在を今日知ったが明日、海外に出かける場合

とりあえずはどうする? 例えば喉の存在を今日知ったが明日、海外に出かける場合 DCのかたからご連絡をいただいた。ワークショップに興味があると(Aさんとしよう)。さらに、メーリングリストのかたからも質問をいただいた。忙しく個々の音をカバーしきれていないのだがどうしたらよいか(Bさんとしよう)。

知識の考古学 (テイク2)

10月27日に書いたエッセイ知識の考古学(http://nippondream.com/estatus/wordpress/?p=29 )をUPDATEしました。色々メールをいただき、誤解があったことが分かりましたので、もっと正確に思うところを表現してみました。 ***

国際的社会資本の構築を 友達をつくりましょう!

昨日は、喉の旅の最先端を走っているといったが、その理由は、かならずしも私が英語ができるから、そして喉と3ビートでそれがパワーアップしたから、、、ということだけではないようだ。   他の日本人ができないからこそ、そしてアメリカ人はそれを知っているからこそ、受けが強い、、、ということらしい。

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.