なぜ英語が機関銃英語に聞こえるのか?

英語が速くて聞き取りが難しいと思われるかたは普通です。

自分は余裕で英語は聞き取れて理解できますので、断言したいのですけど、

英語を速く話しているネイティブはいません。

速く話すような言語ではないからです。

自分には

ちんたらちんたら

ゆっくり話しているように全ての英語が聞こえます。

おそらく、速いから、聞き取れないというより、音自体を捉えられていないので、速いように聞こえるのではないでしょうか?

例えばですがShe is a studentですが、

SHIY-YIZ-ZAS-….

という感じです。たくさん音が入っていますね。

音がたくさん入っているから、水がどおおおおっと流れてくるイメージ。

激流。

だから速く感じるのかも。

実際は、シラブルごとに手を叩いてみると、、

She is a studentは

パン、パン、パン、パン、パン、、、

となりますが、スピードがゆっくりです。

逆に日本語で

「彼女は学生ですよ」をシラブルごとに手を叩くと

パパパパパパパパパパパ

という具合に超高速で手をたたくことになります。

英語を聞いて、ゆっくりだなと感じるためには、このシラブルのリズムを感じることが大切です。

だから、独り言でいいですから、話しながら、シラブルに合わせて手を叩いてみましょう。

それから、テレビなどを見る時に、シラブルのリズムに注目して聞いてください。リズムを聞く、、という言い方もできるかもしれませんね。

Good morning

だと、

パン、パン、パン

という感じのリズムを感じ取ります。ただし、矛盾するようですが、英語は流動的ですので、どちらかというと、

ダラ~、ダラ~、ダラ~

という感じでリズムをとるといいかもしれません。

それから、英語が速く感じる理由は情報の流れが速いということですね。

日本語で「犬」だと、2つのシラブルですから、意味をとるのに、2シラブル分待つことになります。

英語ではDOGで1シラブル。1シラブルは短い単位ですが、その瞬間に意味を吸い取らないといけません。

ただ、これは、高速道路を運転していて、

80(スピード制限)

を見た瞬間に、あ、80だと瞬時に理解するのに似ています。可能ではあります。

日本語だと、ある程度の長さがあって、意味が伝わりますので、情報の伝達がゆっくりと言えるかもしれませんね。

わたしはあなたをあいしています

と長い文章で意味をゆっくり伝えることになります。シラブルを発射するスピードは速いのにも関わらず。

英語ではシラブルを発射するスピードはゆっくりです。

I love you

ダラ~、ダラ~、ダラ~

と言いますが、Iだけで、「わたしは」という意味を瞬時に伝えます。LOVEだけで、「あいしています」という日本語では長たらしい概念を瞬時に伝えます。

広島弁で、【あなたは何をしていますか」が

おめ~、なん、しょ~ん?

となりますが、「なん」は1シラブルと短いのに、「なにを」という意味です。「しょ~ん」も1シラブルなんですけど、「していますか」という意味です。

広島弁はゆっくり話す言語なんですけど、情報の伝達が英語のように速いですね。

まわりに見える英語をゆっくり、シラブルのリズムで手をたたきながら、言ってみる、、、そんな練習をしているうちに、英語がゆっくりに聞こえてきます。

諦めずに絶対できるまでがんばってくださいね。

さて、私の新サイトに登録をしておいてくださいね。あと、毎週日本の日曜日の昼頃に英文記事を読む企画をしていますので私のサイトの上のメニューのところから登録をしておいてくださいね(ここからどうぞ)。

英語喉オンラインコースへ飛ぶ(ニュースレター登録をお願いします)

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.