がんばってがんばらない 留学編

留学に関する言説というのがあるのだが、これも基本的に英語をめぐる言説と同じ性質を持っている。
 

とにかく準備しろ、目的意識を持て、、、というものだ。
 

私は準備や目的意識はいらないと思う。少し入ると思うが、準備しすぎたり、目的意識を、日本にいるあいだに、持つと大損である。
 

だって、(アメリカ留学を設定として話をすすめるが)、アメリカに来て勉強するのだから、アメリカの地で、アメリカ人と同じやりかたで、どんなことを勉強するかを決めたいものだ。現地の人がやっているやり方でやらないと、現地の教育制度の優れている点を素直に吸収できないのだ。そのやり方とはアメリカに来てみないと分からないのである。
 

ある程度、身を運命に任せないといけない。
 

理由はある。アメリカの大学、大学院で教えられていることというのは、結構、その時代の要請を表している。その時代ごとに大切なことが、教授たちを通じて伝わってくるところがある。
 

私が以下に大学院の1年めを無駄にしたかをお話することで、話を具体的にしたい。私は日本において、「日本の高校のエスノグラフィー」をしたいと決めてしまった。そこで、日本にいるときから、いろんな本を読んでいたのだが、これも自己流の読み方で、やたらと難しい理論家ばかり読んでいた。お化けみたいな名前の理論家とかを読んでいた。フーコーとか。それが日本では社会学の勉強だと思っていたからだ(アメリカに来てみたら、そういうことはやっていなかったのでビックリ、、、社会学は死んだ社会学者を研究する学問ではなく、社会現象を研究する学問だったのだ)。
 

まあ、それはどうでもいいのだが、1年目はアメリカにいながらにして、日本の研究をしようと、日本に関係のあるクラスをとっていた。まだ日本にいるときに、日本のことを将来研究しようと、早くから決め付けてしまったからそうなった。
 

が、もう一つには、自分の知っていることのほうが、成績がとりやすいだろうという考えがあった(シカゴでは、大学生も一緒に大学院の授業をとることがあるんだけど、大学生のほうが、完全に当時の私よりも賢かったし、テストの点でも負けたので、愕然とした。まあ、それはどうでもよい。)
 

で、2年から、たまたま研究助手をする機会を得て、そこからちょっと変わったという気がする。でも、ものすごくがんばったというのではなくて、その仕事に必要だから、統計学をやってくれとか、SASというソフトウェアでプログラミングをしてくれとか、、、いうことになり、研究に必要なことをいろいろと勉強した。
 

で、ものすごく不思議なのは、就職のときに、そういうことができる人を探している、、、という感じでアプローチを受けたことだ。
 

で、考えてみると、背後にはメカニズムがあるのである。私は単に、言われたままやっていただけなんだけど、シカゴの先生の下でやったことは、今いる業界で、そのまま通用する、、、そのことには意味があるのだ。
 

だって、その先生も、今の業界も、皆が皆、NSF(日本でいうと、学術振興会とかにあたる、、、研究費をくれる)とかからお金をもらってきて研究しているわけだ。だから、10年前、先生のもとで学んだことが、今でも大切なのである。
 

つまり、大学も産業界も同じマーケットの中にあるのだ。
 

よく大学は井戸の中のかわずだというが、私が経験したアメリカの大学院は、業界と同じマーケットのなかにあり、マーケットエコノミーの論理が働いていた。だから私がぼーっと、先生の要請にこたえる形で、勉強していたら、いつのまにかたどり着いた、、、というわけだ。知らんうちに、統計学やら、科学的方法論なんかを勉強させられていたのだ。
 

で、就職してからは、今度は教育リサーチの世界では「実験」が主流になる、、、ということで、今度はそれが専門になった。なんか知らんうちに、、、でも今度は意識してちょっとがんばりたいと思う。で、気づくと10年前の方法論のアドバイザーの先生も、今、その実験の専門家としてすごく有名になっている。え、先生、10年前そんなことやってたん?というかんじだが、大学も、私のいる産業も同じマーケットにあるわけだから、教え子も先生も、10年後に同じところにたどり着いている、、、という奇妙だが偶然ではない。
 

で、周りの友人や同僚に聞いても、そんなもんで、誰も、「俺はこれになるぞ」と燃えてなった人はおらんようである。経験が経験をつみ、今の仕事に就いたという感じだ。
 

という意味で、日本で聞かれる留学根性物語的な言説を聞くたびに、あまり理屈をこねずに、留学するならするで飛び込んでくるとよい、、、と感じる。
 

喉をやれば英語は怖くない。喉で身につける英語力でやれば、大学院だって乗り切れると思う。
 

ただ、ある程度のお金と時間がいることは確かだ。これはなんとかならんだろうか。日米協定か何かで、日本人の学費をディスカウントするとか、そういう仕組みを作ってほしい。
 

 

言いたいことは一つである。
 

留学をする場合の教訓(自家製)
勉強をしにくるのである。準備はいらん。すでに勉強したことを勉強してもしょうがないのだ。言い方をかえれば、分からんから学びにくるのだ。それを来る前からあんまり準備してもしょうがない。
 

でも喉だけはやっといてね。

Related Articles

腹式呼吸(2)

UMEKOさん、レッスン16の音声によるアドバイスです。www.estat.us/blog/umeko_26.mp3   それにしても確かに、歌や演劇のときの発声に効くのだから、腹式呼吸のまま喉発音をやると、朗読やDJをするのに適した声がでる。息の流れが安定する感じで、声に磨きがかかる感じだと思う。普段は、面倒くさいのでできないが。しかし、腹に力を入れるのかな、どのくらい入れるのかな、、、とかは、これからまた教えてもらおう。 これ課題曲でどうでしょうか?SANPAさんが、ビートルズの一曲ばかり歌ってらっしゃるが、これはどうでしょう?HIDE VHさんも喜んでくれるかな?VAN HALENの一曲。 http://www.youtube.com/watch?v=hwYcsMiB2UM 歌詞は以下のとおり(http://www.sing365.com/music/lyric.nsf/Happy-Trails-lyrics-Van-Halen/54D276DA3F0F954E48256BC70004E072) Nmmmmmm dip dip Mmmmnnnnmm Bum-ba-deeda-bum-ba-deeda bum-ba-deeda bum-ba-deeda (continued throughout) Happy trails to you Until we meet again…

神を見た気がする+LとRの復習(英語喉110ページ)

英語喉が聾唖の人達の発声、発音向上に効く。 これは、英語でも日本語でも同じだ。聾唖の人達は、音を頼りにできないのだから、スピーチセラピストの言うことを信じるしかない。だから、舌の位置にこだわる教育を受ける。結果、喉のほうのエネルギーというか、プッシュというか、喉の根本的な音が欠いたような発声になってしまう。 「神を見た気がする」と書いた。これはどういうことかというと、そもそも、なぜその近所に住む聾唖の中学生が、耳が聞こえないと分かったかということだ。 ある日、エレベータに乗ったとき、一緒に乗ってきた近所の人達にハ~イと挨拶をしたのだ。すると、お母さんのような人が、自分の娘を指して、「ごめんなさいね。彼女は耳が不自由なの」と言ったのだ。 一瞬は意味が分からなかった。唐突すぎて。 つまり、お母さんは、私が、そこにいた皆に挨拶をしたのに、自分の娘が挨拶をしかえさなかったので、それで私が気分を害してはいけないと思って、そう言ったのだ。 ここに私は神を見た気がするのだ。言っておくが、私の信仰感は、一般的な日本人と同じだ。だから、何経がどうのこうのということを言うためにこれを書いているのではない。 つまり、、、 私が、朝の挨拶を、周りの人にした。これは、まあ、言葉で表すなら、善意?である。 そして、自分の娘が挨拶をしかえさなかった、誤解をあたえて、気分を害してはいけないと、お母さんが、その場で、この子は聞こえなかったんですと説明してくれた。 これは善意というか、まあ善意である。 人が持つ、他人を思いやる気持ちが、交差した瞬間に、私は、その少女が聾唖者であることを知ったのだ。 <そして、ジーナが前々から言っていること、それは、英語喉が日本人だけでなくて、全てのスピーチの問題に関わっているだろうということを思い出したのだ。> 善意と善意が交差した瞬間に、新しいきっかけが生まれたのだ。 次に神を見た瞬間は、私がその家族3人(お父さんが一緒だった)にたまたまエレベータで一緒になったときだ。ちょうど、私達は、1ヶ月でそこを引っ越す予定だったのだ。その時、私は、何かに押されるような形で、英語喉を説明した。 そして、「日本人は例えばLとRが苦手なんです」と言ったときに、聾唖の少女のお父さんの目が急に厳しくなり、「え?うちの娘もLとRが苦手です」と言ったのだ。 勘違いされると困るので、確認するが、この人達はアメリカ人だ。日本人ではない。少女は耳が不自由なのだけど、スピーチセラピストについて、舌の位置の練習をしてきていたのだ。 日本人の不得意なLとR。聾唖の少女の不得意なLとR。 私は、その時に神を見た気がしたのだ。 喉実践者のみなさん、その時の私の胸の鼓動を想像してほしい。 そして、奇跡はそれ以来、何度も何度も起こる。 いや、奇跡というのは、偶然ではない。ジーナが発見した事柄が、あたかも、アインシュタインが発見した相対性理論のように、真実であるからこそ、善意と善意のクロスセクションで奇跡とも思えることを引き起こすのではないか!  喉実践者の皆さん、日本は今大変な状態だ。まだ底が見えていない。これからどう立ちなおしていくのか。 この国が必要としているのは、個々の人達が教育を受け、HUMAN CAPITAL(人的資本)を引き上げることだと思う。その際、できるだけ、お金のかからない形で、引き上げる必要がある。貧乏だから、教育が受けられないということのないように。…

英語喉で中国の旅 アメリカにいながらにして

クッちゃんと喉やんが、RONさんが中国語を喋っているのを見て、カズさんが中国語を勉強しはじめたという噂話をしています。 [audio:http://nippondream.com/eigonodo/wp-content/uploads/2011/07/kaz_07_29_2011.mp3|titles=kaz_07_29_2011] 週末英語喉セミナーのお誘いです。以下のURLから申し込んでください。日本の日と月の朝になりますが、アメリカ在住のかたなど、受講しやすい時間かもしれません。 http://www.doodle.com/ziiicwc489s3mf8e 皆さんの中には、日本にいながらにして、留学せずに、英語をマスターしたいというかたが多いだろうが、それは可能だ。 もちろん、旅はよいし、留学もよいだろう。場所を変えてみて初めて分かることもある。私もこのあいだ広島に帰省して初めて、広島弁って英語みたい、中国語みたいに喉をしぼるように発声していることに気づいた。 しかし、日本にいながらにして、今、ここ、を外国にしてしまうことは可能だ。MASAさんがそれを証明してくれている。 さて、私もちょっとした工夫で身の回りが中国になりつつある。会社で同じグループ、同じフロアに5人ぐらいは中国語を喋る人がいる。その人達に、私は中国語を始めましたと、とりあえず宣言して以来、毎日、ネイティブの中国語に触れている。そして、そのたびに、頼んでいないのに、新しい表現を教えてくれる。 昨日は、私が、中国人の父さんを持つ同僚に、ニーハオと挨拶すると、なにやら、聞いたことのない返事が返ってきたのだが、それは、今日という言葉に値する表現だった。ジン、ティエン、みたいな表現だ。 ジンは、なにか中国人の名前みたいだな~、ティエンは、「天」らしい、、、ということで、とりあえず覚えてしまった。ただし、ジンのイントネーションは確認していない。 その彼女が、明日は、ミン、ティエンよと言ったので、あ、ミンは明だろうと予測。 イントネーションはまだちゃんと覚えていないけど、一度、本とか辞書で確認したら覚えれるかも、、、というレベルまで来た。 彼女が、中国語では、まず時間の概念を言うのよ、、、と教えてくれる。 へ~~~。 もしかしたら、中国語の動詞は、現在も過去も同じ形を使うから、最初に時間(今日とか、明日とか)を言ってしまうのかな~、なんて話をした。 すると、彼女が、過去のときに、ラ~ってのを加えることがあるんだけどね、と言った。これはまだ自分には無理だなと思ったが、うっすらと覚えておいたら、次にぶつかったとき覚えられるだろう。 中国語は、四声とかいうのがあり、同じ1シラブル・1漢字の言葉でも、音程の上げ下げ具合で4種類ぐらいある。 私は、それがはっきりしないとその単語を覚える気にならない。しかし、日本語でも音程を変化させると意味が変わるので、納得はする。 日本人は、高校受験や大学受験でとりあえず、カタカナ発音プラスありもしないアクセントの位置を丸覚えし、そのあとで、覚えなおすという気の遠くなるような作業をしている。 私は絶対それはいやだ。 さて、会社が終わって、駅にあるいていたら、私よりちょっと年上かぐらいの中国人らしい女性が同じ方向に歩いている。同じ会社かな?と思ったのだが、もしかしたらネイティブ中国語会話のチャンスかと思い、 暑いですね~ と英語で言ってみる。 すると、あなたは中国人ですか?と英語で質問してきたのだ。 な~るほど、私は、「角刈り」+「懸垂」+「たんぱく質補給」+「かかとに重心をおいて歩く(ネイティブの標準姿勢、英語喉29ページ参照)」、、、…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.