ネイティブっぽいグルーブ感を出す方法

日本人の英語は非常に高速です。

英語ネイティブっぽいグルーブ感、「ため」を出すための練習をしてください。

英語を話すときに以下のことを実践しましょう。

今、言った単語を説明するつもりで、次の単語を置く感じで話す。

例えば、I think I will go there tomorrow.と結局は言う場合ですが、最初から、言うことを考えてから言おうとするのではなく、

Iと言ってから、う~ん、どの動詞を言おうかな?と考えます。

I think I と言ってから、動詞を言おうかな、助動詞を出そうかな?と考えます。

このことをピンと来るための方法を、キンドル本「英語の勘2」に書いています。以下の練習を2人一組でしてください(と言っても、一人二役でやってもOK)。

ま、Iから始めましょう。

何か付け足してください。

WANT

とおっしゃったと想定します。

では、私はTOと言います。

あなたは、なんと言いますか?

EAT

ですか?

では私は

Aと言いましょう。

そして、あなたは?

HAMBERGERでもいいし、HOTDOGでもいいですね。

これをすると、どうしても、今、聞いた単語に何を足すだろうか?と考えますので、まさに、

今、言った単語を説明するつもりで、次の単語を置く感じで話す。

ことになります。

さて、実際に話す時は、一人二役をします。

Iと言ってから、その次に何を言おうか?と考えてください。

すると、スピードがゆっくりになりますし、ネイティブっぽいグルーブ感が生まれます。グルーブ感と言いましたが、まあ、雰囲気といいますか、リズムのためといいますか、、、。

英語の勘2,勘3あたりに言葉の並べ方、発射の仕方は書いていますので、ぜひ参考にしてくださいね!

https://amzn.to/3fLCKAw

英語喉オンラインコースへ飛ぶ(ニュースレター登録をお願いします)

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.