Skip to toolbar

実家に帰るって英語で?

お盆の季節ですが、今年はコロナで実家に帰れない人、帰れなかった人も多いことでしょう。

さて、実家という言い方は英語ではないようです。

昨日、いつもVOICYに出演していただいているエランさんと話して分かりました。

私は実家に帰ると言おうとすると英語では悩むんです。

I am going to my parents’ houseとなりますが、そもそも自分も育った家ですので(つまり実家)、親の家と言い切ることに違和感があるのです。

でも英語では普通

I am going to see my parents

と言います。

これは私のキンドル本シリーズ、「英語の勘」で書いていることに一致しています。

英語を話すときは、人で構成されている世界をイメージして話します。すると、

I am going to see my parentsとなりますね。

日本語の感覚だと、英語の勘でも言いましたが、名詞が大切で、「実家」というような名詞が大活躍。日本語は気の利いた名詞が多いです。

実家、帰省、地元、、などなど。

英語の勘シリーズ、ぜひ読んでみて下さいね。こちからからどうぞ。

英語の勘1,2,3

https://amzn.to/3anMhge

Related Articles

「英語教育の明日はどっちだ!」松井孝志氏の三省堂英語教科書クリティークのレビュー

ブログ「英語教育の明日はどっちだ!」の松井孝志氏が、三省堂さんの英語教科書の内容をクリティークされていたので、実際の素材を見てみると、松井さんがおっしゃっているほど、悪くないと思ったので、三省堂さん擁護というわけではないけれど、クリティークのクリティークを試みてみます。 松井孝志氏のエッセイはこちらです。 http://d.hatena.ne.jp/tmrowing/20150830 三省堂さんの教科書の原文はこちらです。 https://www.sanseido-publ.co.jp/publ/kyouzai/h-english/sample/jeng_marumaru_samplecyoubun.pdf まずは1段落め Very young children often like to help their parents do housework. Many of them like being with their parents,…

通勤通学中に聞く、読む、使う (普段はメンバーオンリー記事です)

今日は、公開記事にしました。英語喉実践者のかたで、一緒に、勉強をされたいかたは、登録メンバーになってください! 本日の課題です。以下の文章を聞いて、読んで、太字の単語を覚えて使う(喋る、英語でメールをする、書き込みをする、、、など) Comparing American and Chinese Parents Voice of America’s Special English  28 March 2011 http://www.voanews.com/learningenglish/theclassroom/articles/american_culture/Comparing-American-and-Chinese-Parents-118780719.html [audio:http://nippondream.com/voa/tigermom_article.mp3|titles=tigermom_article] http://nippondream.com/voa/tigermom_article.mp3   Words Eigonodo symbols Meaning Battle Hymn B-a_-T…

新理論 マッサンのエリーは、なぜ、「いってかえり~」というのか

NHK朝ドラ、マッサンのエリーは、マッサンを送り出すときに、「いってかえり」と言います。 これは広島の竹原あたりの方言なのです。私自身、竹原のとなりの安芸津出身なので、聞いたことがありますし、町内の人でも違和感を完全感じない人もいるそうです(親父調査)。 この表現を理解するにあたり、この表現だけが独特だと思ってはいけません。 実は、広島のあのあたりでは、 ~~かえり、、、で文を終えることが多いのです。 例えばですが、人の家に招待されたとしますね。すると、「みかん、もってかえりんさい」とか、「じゃあ、もろてかえろ」とか。 人の存在・アイデンティティーが、大きく、「家」にあるということが反映されいるかもしれません。そして、人は地理的な存在であり、抽象的な存在ではないのです。 「XXXと言ってた。」ということでさえ、「XXと言うて帰ってきたんじゃあ」と言います。 「いってかえり」は、家の大切さを示しています。安全に行って、そして、帰りも安全に帰ってきてという願いがこもっているわけです。 、、というのは、妄想でしょうか????

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.