福島フィフティー

仕事で日本の災害の後方支援(かなり後方だが)に関わることができて、昨日は、初めて、自分の仕事用コンピュータに日本語のフォントを入れてもらった。アメリカで仕事を始めて、日本語が役に立ったのは初めてのことだ。 

スーパーバイザーが、え?あなたは日本語、読んだり、書いたりできるの?と言ったので、「はい、日本で大学まで行ったんです」と言った。その人も、アメリカ以外の国の出身だ。私も同じようなことを聞くかも知れない。

テレビではCNNを見ているが、ちょっとFOXニュースに変えたけど、やはりCNNに変えた。FOXニュースはアメリカの思想の極端な部分の塊のようなイデオロギー放送に思えるので(グレンベック氏など完全に狂っているとしか思えない)、わざと腹を立てたいとき以外は見ない。ちょうど、東京都の石原知事の言動を、わざと腹を立てたいときに聞いてみようと思うのと同じ発想だ。 

CNNでは、福島フィフティーと呼んで、命がけで事故処理に当たっている人たちのことが伝えられている。海外で福島フィフティーと呼んで応援しているという報道があった。 

以下の報道はabcによるものだ。

http://news.yahoo.com/video/weather-15749664/japan-earthquake-fukushima-50-heroes-24544942

CNNではクーパー氏とグプタ氏が、ひっきりなしに、「東電、および日本政府はもっと情報を、透明なものを」といい続けている。一方で私のPCではNHKとTBSを見ているが、東電、原子力院(みたいな名前の団体)、そして政府の会見が繰り返されていて、情報が多く出ているようなイメージだ。だから、どちらが本当なのかよく分からない。言う量としては多いが、透明性がない?ということなのか? 

福島原発のかたで出てきたかたの記事がASAHI新聞サイトにあった。過酷な状況だが、この人達の努力を忘れることはない。 

CNNでは、日本人がほとんど出てこない。日本にいるはずのクーパー氏とグプタ氏が喋りつづけていて、たまに、NHK WORLDの通訳を通じたインタビューが出る。震災を受けていない地域の日本人自身がCNNで発言できれば、世界の募金活動も活性化するのではないか。日本人の専門家は一人も紹介されていない。

心のケアの情報をたくさん読んだ。震災心理学者の人達は、神戸地震などの教訓を元に、これほど大量の研究、仕事をしてきていたのかと驚いた。  震災の地域にどうやったら物資が届くのだろう。 

関西地方は、震災地域の住民の受け入れのこともプッシュしている。 

アメリカ人も真剣に日本のことを考えている。 

プロ野球はやるというのは、違和感がある。選手も(選手はそう言っている)、観客もそれどころはない。どう表現しても、PLAY BASEBALLでPLAYは「遊ぶ」という要素がある動詞だ。震災がまだ終わっていないのだ。

Related Articles

日本を心で+アーティストさんたちの貢献+なぜ英語喉で聞き取り100%になるのか

まだまだ緊張の続く日本ですが、東京の水は、今日は、子供でも飲んでも問題ないレベルに落ち着いたと聞きました。被災地のかたがたのことも祈りつつ、書きたいと思います。菅原里奈先生がブログで、声を出すことを薦めていきたいと書いておられました。私も、今回、仕事で色々と読みましたが、心のケアというのが大切になってきます。災害心理学の人達が、地道に研究を重ねてきていて、そしてそれを、多くの人が読める形で、情報提供しています。 同じようにアーティストの方々は独特の貢献ができると思います。 LOUDNESSのニイハラさんがBLOGで、米国ツアーをすると発表されていて、実は、DCの私のうちの近くでもライブをされるので、チケットを買いました。ニイハラさんが「この時期に」と批判している人がいましたが、私は、アーティストのかたには、独特の貢献ができると思っています。それは心のケアの支援ではないでしょうか。特に、アメリカに来てニイハラさん、およびラウドネスのメンバーのかたがたは、アメリカ人に対しても応援を訴えられるのではないかと思います。 特に、ニイハラさんは、喉発音で英語を話し、歌われるかたです。アメリカ人に対しても、心がびんびん伝わることでしょう。 私自身も、できることをやっていきたいと思います。 さて、MASAさんが英語が100%聞けるようになったという報告をMIXI日記でされておりました。なぜそこまでいたったのかというMASAさんの考察も読めるのでぜひチェックしてください。 http://mixi.jp/show_friend.pl?id=7661548 それから音声も再UPされています。 MASAさん、英語喉実践34日め http://voon.jp/a/cast/?id=s1xt8ruzodz1tnng#seal 音声によるアドバイス (かなり国産ネイティブに近いが、喉ブレーキがまだかかっている部分を指摘、、、そして日本語やフランス語でも喉の底の肉をぶるぶる響かせながら音色に変えていく練習を薦めました。) www.estat.us/blog/masa_03_24_2011.mp3 ここまできたらあせらず、歌を歌ったり、ネイティブとマジわったりするなかで、リラックスしてうるさい場所などで話していると、そのうち喉ブレーキを使うこと自体が面倒になってきて、ぽとんと完全に発音位置が落ちるでしょう。 MICHYさんも同じです。日常生活に英語を使うというのをとりいれながら、また歌もとりいれて、やっていくといいですよ。 さて、英語が100%聞けるということに関してですが、私はラジオなどを聞いていて思うことがあります。多くのかたが、語彙を強化することで、英語の聞き取りを向上させたいと思われると思いますが、実際、3分の2ぐらいの英語って、外来語的に日本語になっているように思えてなりません。 今朝もラジオの番組を聴いていましたが、ほとんどの英語が中学で学ぶ単語レベルか、あるいは、すでに日本語になっていると思います。それらの単語を除くと確かに、覚えていないと分からない単語はあるでしょうが、音としては聞こえるので、なんとなくコンテクストから意味がわかるし、またアメリカのラジオ放送で使われる文というのは、一つや二つの単語の意味が分からなくても分かるような文が使われているように思います。 だから、音が聞けるようになると、MASAさんが経験されたようなものすごい革命的なショックを感じることができるのではないでしょうか??? 例えば、VOICE OF AMERICAの以下のニュースを参考にします。 http://www.voanews.com/english/news/asia/east-pacific/Repair-Work-Resumes-at-Crippled-Japanese-Nuclear-Plant-118563704.html 1文目だけ見てみよう。  Two workers at…

オバマ氏とロシア大統領のヒソヒソ話

オバマ氏がロシア大統領にヒソヒソ話をしているのがたまたま、マイクに拾われて、公開されてしまったというハプニング。 http://blog.with2.net/link.php?709532:1932 英語でのことだ。通訳を通していない。 http://news.yahoo.com/president-obama-asks-medvedev-space-missile-defense-election-101729176–abc-news.html 日本の首相とは、こんなハプニングさえ起こらない。英語が通じないから。 以前から、私は、ある程度教育を受けて英語ができないのは、日本人だけだと言っているが、かなり反感をかうかもしれない。しかし、このロシアの首相は、家に帰って、必死に、単語を覚えたり、英語の資格をとろうとしているわけではなないのに、オバマ氏のヒソヒソ英語を100%理解している。決して、うちに帰って英語()みたいな教材で練習しているわけではないだろう。 それはロシア語では喉発音と3ビートである点が英語と共通だから、音として聞いて分かるし、習得が難しくないのである。 もう一つ、最近、LANGUAGEという言語学の学術誌で、フランスのリオン大学のFRACOIS PELLEGRINOという人(とその他)が、言語のスピードを測ったらしい。1秒に何発シラブルが発射されるかを測ったら、8ヶ国語中、日本語が一番早かったそうです。サンプル数は59人だそうです。 これも常日頃から英語喉で言っていることですね。早い順で書くと、、 日本語 7.84(1秒に発射されるシラブル数の平均) スペイン語 7.82 フランス語 7.18 イタリア語 6.99 英語 6.19 ドイツ語 5.97 ベトナム語 5.22 マンダリン(中国語) 5.18 やはり日本語では、1シラブルに音が2つまでなので、速いわけです。…

Steven Platzer氏の衝撃

大学では本当に意義がわからんことばかりだったのだが、カリフォルニアの大学で交換留学をしたときに、Steven Platzer大先生の日本史の授業をとったことで、初めて*分かる*という経験をした。 第1次湾岸戦争が起こっていたから1991年のことだ。 この先生は、日本の教育思想史の本の訳者でもある。 http://www.amazon.co.jp/Educational-Thought-Ideology-Modern-Japan/dp/0860085171/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=english-books&qid=1222984204&sr=1-1 授業がものすごかった。まずは、自由思想の理論の本を読み、またファシズムの本を読む。それで理論的な枠組みをつかんでおいてから、Karel van WolferenさんのThe Enigma of Japanese Powerという本を批判的に読んだ。 http://en.wikipedia.org/wiki/Karel_van_Wolferen 理論を把握しておいて、そのうえで、日本について書かれた本を手がかりに、その本を批判したり、あるいは日本の歴史や社会を分析したり、、、と、今まで体験をしたことのないような内容の授業を受けた。 で、ほとんどがディスカッションなのだ。 先生は、どっかりと足を机の上にのっけて授業をしていた。時々、スラングも出るのだが、「私の発したフランス語をEXCUSEしてくれ」とよく言っていた。 で、クラスの課題として、20ページか何かの論文を書くんだけど、私は、初めて、自分で資料を集めて、それを批判的に検討するという、当時はものすごく高度に思われる作業をやった。 初めて「分かった」と思った。 勉強するとか、研究するとはこういうことなのか、、、と。 で、先生が、なんと、その論文を授業で発表せよ、、、というようなものすごい機会をくれて、なんとか先生の助けを借りながら発表した。そのとき配った自分のペーパーの一部をクラスに配ったんだが、クラスメートの一人が、これはどこの論文からコピーしたんだ、、と聞いてきて、これは俺が書いたのだといったらえらくほめてくれたのがうれしかった。 そのあと、先生との消息は切れた。日本に戻り、卒業したのだが、アメリカの大学院に行こうと考え、先生に推薦状を書いてもらいたくて、消息を追ったが、どこに消えたのかわからない。当時はインターネットがなかった。1991年あたりの話だ。 シカゴ大学の大学院では社会学を専攻したのだが、1998年あたりだっただろうか、修士論文を追え、博士論文をやっていた私はあるとき図書館に行ったのだが、どこかで見たような人がエレベータの前にいた。 どっかで見たような、、、というような目でその人は私を見ていたのだが、エレベータの扉が閉まったので、あまり気にしなかった。 でも、どっかで見たような気がする、、、なあと私も思った。 続く…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. KAZさんと同じようなこと言っているサイトをみつけました。KAZさんはどう思われますか?

    「つながった英語の分解発音方法」
    ttp://www.j-tokkyo.com/2001/G10L/JP2001-318685.shtml

    読んだとき驚きました。

  2. この人の名前が私の名前にとても似ているのがびっくりですが、このアプローチは単語と単語をどうつなげるかという視点ですね。英語喉は、音と音、そしてシラブルとシラブルをどうつなげるかとい視点を含み、似ているようで、違うと思いました。あと、英語喉は例外がないので(喉でだらんとやっていれば、そうなるって感じ)、無意識でもできると思いました。