Skip to toolbar

英語喉でリラックスするという件に関して。

友人がアメリカに住んでいて、なにか心理学?というかんじの活動をしていて(学問的なものではなくて、セルフヘルプ的なもの)、幸せを獲得するためのメソッドを追求するようなことをしているそうだ。ちょっと説明がしにくいのだが。

で、あるセミナーでアメリカ人を前に、何かの英文を読んだそうなのだけど、リラックスを追及しているうちに、ものすごくなめらかに英語がでてきてものすごくびっくりしたそうだ。

きっと、英語喉状態になったのではないだろうか?アメリカ人を前に、自分のとらわれているものを捨てたとき、英語喉でいうネイティブの標準姿勢になり、胸や肩の緊張がとれたのではないだろうか?

フロイドの考え方でイドとか、エゴとか、スーパーエゴというのがあるが、我々日本人は、何か、超スーパーエゴというか、体を緊張させるようなソフトウェアが常に頭に走っているのではないだろうか?

そういうものを捨て去ったときに、超リラックス状態が生まれる。

そういうのを体験している人がいるかもしれないが、それは実は英語喉状態、ネイティブの標準姿勢状態だったのではないだろうか?

日本人の体はとても硬いと思う。NHKで天気予報のおねえさんを見ていても、体がかたく、動きがかたかたかた、、、という感じのラジオ体操的なので、気が散ってしまい、一体、晴れなのか雨なのかわけがわからなくなる。

しかし、女性の場合は、少なくとも、そういうのは、やっているというのを知ってやっているのではないだろうか?

男性の場合は、自分で緊張していて、硬くなっていて、それに気づかない場合が多いのではないだろうか?

Related Articles

発想の転換でリラックスを!アメリカでの剣道経験より語る

剣道を始めて2週間、これまで稽古に3回参加したのだが、日本と教え方が違う。アメリカの剣道は、リラックスせよと説明する。日曜日に参加したとき、いやになるほど「切り返し」の練習をさせられたのだが、リーダーいわく、その過程で体をリラックスさせるというのだ。 日本で6年間、剣道をやったが、リラックスさせるという発想は一度も聞いたことがないし、自分自身でも考えたことがない。しかし、そういえば、試合で1分、2分で、体がばててしまうことは経験していた。リラックスなんてしていたら、たるんでいる感じがして、逆に怒られてしまっただろう。 今思うと体に力がはいりすぎていたのだろう。 アメリカでジムに行って、ストレッチをするときに、体に力を入れるなと指導を受け、これもはじめてだった。そうか~。小学校のときなど、体が柔らかくて、体育の得意なクラスメートがいたが、あれは、体をリラックスさせていたのだな。 そのクラスメートは走るとき、ストレッチをするとき、跳び箱をするときなど、他の生徒とくらべてフォームが優雅だった。あれはリラックスしていたということなのだな。縄跳びだって、ずばぬけていた。あれも、リラックスして、エネルギーをセーブしながらやっていたのだろう。 しかし、なぜ体育の先生がそういうことを言ってくれたことはない。 いや、しかし、リラックスしてやっている運動が得意の人から見ると、他の人が力んでいることは分かるのじゃないか?それを黙っていたのかな~。リラックスするってのがコツだとばれると、自分の運動マンとしての地位があやうくなる?あるいは、自分では意識していないのかもしれない。 日本人は海外のロックシンガーが絶唱しているのをみて、シャウトスタイルと呼ぶが、応援団のように、りきんで発声しているとイメージしているのではないだろうか?あれは、リラックスしてあの声を出しているのだ。 ロックシンガーは、日本人の感覚で見ていると、苦しそうな顔をして歌っている。しかし、発想の転換をしよう。あれは、リラックスしようとしているのだ、、とイメージして、同じ様子を見ると、見えてくる。 リラックスしている、、というのが見えてくる。ジャニスジョプリンといえば、日本人の感覚では、絶叫スタイルの見本みたいだ。しかし、この動画をみて、実はリラックスしているんだ、苦しい顔をしているんじゃなくて、あれは、力みをなくしリラックスしている顔なのだと、洗脳するぐらいとなえて、この動画を見てみよう。 どうしてもそう見えないときのコツだが、この苦しそうな顔は、りきんでしまうのを一生懸命、防ごうとして、結果、こういう顔になっているのだと想像してみよう。そして、自分でカラオケをやるときなど、まねをしてみるのだ。 http://www.youtube.com/watch?v=JjD4eWEUgMM 思うのだが、日本のロックシンガーのアマチュアのあいだで、まず声をつぶすみたいな感覚があるのではないだろうか?結果、応援団のようながらがら声になってしまう。しかし、いまいち、外人のロッカーの声と違う、、、と悩む人がたくさんいるのではないだろうか?声をつぶしてはいけないのだ。大切なのは、リラックスすることである。 これは日本屈指のロックシンガー、スーパーフライだが、またしても、リラックスしているからこれだけの歌唱が可能となるのだ。 日本人の感覚で、横柄、ふてぶてしくみえる、いわゆる「外人さん」。あれは、リラックスしているのだ、、、と理解する。さらに、リラックスしていない日本人のほうが特殊であるのだと理解できれば(実際、動物は普段リラックスしている)、違って見えてくる。突然、普通の人に見えてくるのである。 この発想の転換が大切である。この発想の転換がないと、完全にリラックスできない。英語喉ライブのとき、私は、アメリカ人の声、そしてそのリラックス度を感じながら、その雰囲気を借りる形で、私自身もリラックスしようとする。 日本人同士だと、お互いの緊張感、テンションを借りてしまうので、硬くなってしまう。 この発想の転換があって、始めて、外国人を仲間とみなすことができるようになる。 さて、最後に、発想の転換のもうひとつの課題だ。 我々日本人は、アメリカ人、あるいは西洋人(あるいは韓国人以外の外国人)に親近感をいだきながらも、なにか、いまいち、近づきがたい印象を持っていないだろうか? 以下は、昭和の天皇陛下とマッカーサー氏の写真である。日本人にとっては、マッカーサー氏が、ものすごく威圧的に見える。この写真が戦後の日本とアメリカの関係を物語っているようだとするのが普通の日本人の解釈だ。 しかし、マッカーサーはただ単に普通にリラックスして立っているのだと洗脳するぐらい念じてから、それが見えるまでじっくりこの写真を観察してみよう。コツは、マッカーサーを単なるおっさんと思うことだ。 その感覚でもって、外国人と会話するのだ。そうすることで、完全なる平等な立場を得ることができる。それこそが、束縛からのLIBERATIONである。その感覚で英語を喋ろう。 今朝、ダッジ車で走行中、対面から来たダッジ車の白人のおっさんが、指でサインを送ってきた(クール!という感じで)。ダッジ車同士の間のコミュニケーションで、TOYOTAに乗っていたときは経験しなかった。こういうこと何回も経験するうちに、以前、アメリカ人が冷たいとか、日本人を差別していると思っていた自分を恥じる瞬間である。 さて、最後に、応用編だ。以下は日本人より日本人らしいと言われているダニエルカール氏の動画だ。これを見ることで一体、日本人のように見えるとは何なのかを考察しよう。…

日本人が共通に間違う箇所

今日もDC一帯は寒いです。日本の被災地も寒いんだろうなあと思いました。はやくいい方向に向かいますように。 それでは、今日も、いのりつつ、書いてみますね。  最近、教えていて、女性が教え始めて20分、30分で、喉発音を普通に始めるのが不思議だった。男性の場合は、口発音を徐々に喉発音に移行していくかんじなのに、女性の場合は、あ、あれか?!と言うのが顔に読み取れ、瞬間的にできるようになる。 すでに、そういう発声をすることを知っているみたい。思うに、女性というのは、スーパー口発音は「もしもし、田中です」ってときに使う、婚活用発声には口発音、 艶っぽい、色っぽい声で勝負にでるときは喉発音みたいに最初っからもう喉発音ができているんではないか???  君たち、面倒くさいから、このさい白状してくれないか(笑)? もう教えはじめの30分がもったいないからさ~~(息を吸いながらエ~~だとかね)。 さて、最近、日本人男性を二人、別べつだが、教えさせてもらう機会があって、どちらのかたも、すでにかなりできた。普通の日本人が間違う場所でも間違わなかったので、不思議だなあと思っていたのだが、どういうところで日本人が間違うのかを書いておく。繰り返しますが、このかたがたは、あまり間違わなかったのです(間違ったところもあるかもしれませんが)。 英語喉14ページ ネイティブ発音であ~、い~、う~、え~、お~ 間違いかた 音の出だしが切れていることが多い(突然始まる)。音の終わりはちゃんと出ているのに。でもそれを指摘したらすぐに直ります。 英語喉21ページ M-A M-I M-U M-E M-O って言ってもらうところ。Mだけを言うときに、 声が小さくなる、ムウって感じで、ウがついてしまう、 って問題があります。 英語喉34ページ COPY KEEP COOL KEPT COAL と発音してもらいますが、COOLのウのところがちょっと曖昧な感じになりがち。日本語のウと同じです。ただし、口がたこ口にならないように、ポーカーフェースで御願いします。 英語喉36ページ I GOT A NEW PHONEのGOTのところで、ガットみたいに小さなッが聞こえたらいけません。音をトランペットの音色みたいに、切れないようにつなげながら、小さなッがでないように言ってみてください。ゲロプッシュをすると効果的です。 ゲロプッシュとは、胃袋の底からゲロを押し上げるときの感じで音・声を押し上げること。 英語喉40ページの喉ダイアグラム(絵)を見ながら CATとCAN’Tを言うとき、、、CATのAが浅すぎるときがあります。たぶん、Kで緊張しすぎているからか?その場合は、ATで練習してもらい、そのあとでCATと言ってもらいます。 とりあえずこんなところにしておきますが、また続きを書きましょう。それではここまで音声で説明。…

ノンバーバルのコミュニケーションのワークショップに出た

会社のワークショップでノンバーバルのコミュニケーションの勉強会に出た。半日。 ノンバーバルというのは、例えばしぐさとか、服装とか、印象とか、、、そういうのを勉強することで、クライアントのハートをゲットする方法を学んだのだが、これが結構面白い。 先生が、女性二人に前に出てもらって、普段どおり喋ってもらった。 次に男性二人に同じことをしてもらった。 あ、立った状態でね。座った状態じゃなくて。ミーティングなどの会食のときに、立った状態でネットワークすることがあるでしょう。それと同じ感じかな。 面白いことに、女性二人が喋っているときは、面と向かって喋っている。ところが、男性の場合は、ちょっとずらして、しゃべっている。面と向かうというより、ちょっとV型みたいになって喋っていた。 これ意味分かる? で、自分でもそれをしていることに気がついた。相手をまっすぐミルンじゃなくて、ちょっと横に向いて喋る、、、と。 ポイントだけど、女性のやりかただと第3者が入ってきにくい。二人が喋っていると面と面がまっすぐ向かいあっているので、他者が入ってきにくいわけ。で、女性の場合、見つめあっている状態(男性の場合は、ちらちらと目をそらすようだ)。男性のやり方だと、他の人が途中から会話に入ってきやすい。二人が立っていてもV字型に立っているので(Vって感じ。女性の場合はI Iって感じ)、隙間があるから、第3者が入ってこれる。 そしたら、ある参加者が面白い例を出した。その人はクリントン夫妻が出る会食?か何かに行ったんだって。夫、ビルの場合、人がたくさん回りにあつまっていたそうだ。V字型で会話をするので、他人が割り込みやすいんでしょう。 ところがヒラリー夫人の場合は、ある一人の人とだけ喋っていたんだって。II型で喋るので、第3者が入りこめないようだ。 男性、女性でそういう根本的な違いがあって、それを発見したというのは(誰がしたかしらんのだが)、喉パラダイムに関係するものがあるね。 さて、二つ面白いことが起こった。 話を聞いているとき、私の頭に何か意見が浮かんだ。それを言いたいというほどではなかったのだけど、なぜか、そこで息をすってしまったわけ。そしたら、先生と、その周りの参加者が私のほうを、ぱーと向いた、、のでちょっとあせった。 ネイティブは人が息を吸い込む音に非常に敏感に反応するんですよ。静かな部屋だと特にね。他の言語では、息を吸い込む=これから喋ります!ということですからね。ただ、これはあまりに根本的なことなので、日本人、韓国人以外には教える必要がない事項ですね。 だから意見のないときは、口をしっかり閉めておこう、、、と思った。 喉で発音を始める前は、ネイティブが誰も私のほうを見なかったのにね。 面白いですよ。参加者4人ごとに、テーブルを囲んでいたのだけど、息を口(と鼻)の両方でしだすと(口をだらーんしておいてね)、ネイティブが私のほうにちゃんと目配りをして話しだす。それをしないと、無視される。そういう環境にある人、試してみて。 もう一つ、休憩時間に一人の参加者にシカゴで大学院に行ったというと、「シカゴで生まれ育ったのか?」と聞いてきた。完全に私がネイティブだと思い込んでいる。まあ、いつものことだ。特に、緊張しないで喋っていると、喉発音がうまく実行できる。 緊張すると、ちょっと困るが、最近はコントロールできるようになってきたぞ。 ブログの人気投票です。 http://blog.with2.net/link.php?709532         

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.