Skip to toolbar

色々

今週は仕事が忙しくて、ライティングの作業をしていて、ちょっと大変だった。でもTHEの使い方を覚えただけで、ライティングにかなり自信が出た。書いて、見直して、同僚に送ったら、なかなかよいと言っていたので、うれしかった。

あと、久しぶりにある同僚と電話で喋って打ち合わせをしたのだけど、息があった会話ができて、よかった。全て喉発音のおかげだ。その同僚は1歳半の子供がいて、家から働いているのだけど、電話からその子が喋るのが聞こえてくる。1歳半の子供でも、英語がクリアだ。同僚が、「太陽の色は?」と聞いたら、YELLOWと答えている。

口発音言語である日本語は子供にとって難しいのだろうか?

私の姪が3歳だったころ、私には、彼女の言っていることがほとんど分からなかった。今、5歳だが、今でも、よく分からないときがある。喉発音の要素が残っている年齢なので、大人の日本語発音と違うように思う。

喉発音だからだろうか、日本語を学びはじめてすぐの、外国人が喋っているかんじで、シラブルの出てくるスピードが遅く、情報が早く伝わってこないので、辛抱づよく聞かないといけない。

辛抱していれば、言っていることはだいたい分かる。しかし分かるのは、劇場で喋っているような大げさな喋り方をしているときによく分かる。学校でいうと、クラスで発表するときのような、おおげさな喋り方のときにはよく分かる。が、そういう喋り方をするときは、決まり文句を言うときだと思うのだが(ありがとうとかね)、それだと、コミュニケーションが難しいかもしれない。

日本人は、幼児が喋っていることがよく分からなくても、あまり疑問を持たないと思う。そしてお母さんが、見事に?理解している(ように思われる)のをみて、やはり母親だね~としんみり感動して、納得する感じではないか?

日本語という発音ソフトは、インストールしにくい言語なのかもしれない。そして一旦、インストールすると、多言語をマスターしにくくなってしまうのかもしれない。

実際に、教えさせてもらって、7人集まれば、2,3人は、なんの問題もなく英語喉をマスターする。例えば、ある音を言ってもらっているとき、その人達は、セミナーの3時間中、ほとんどなにも直されることもなく、セミナーを終わることになる。そういう人の多くが、昔から日本語自体の発音が変といわれていたと言う。つまり、日本語発音のインストールにきっとやや失敗していた人達だ。だからこそ、喉発音が簡単だ。

英語喉は、新しいソフトをインストールするという感じではなく、インストールしている日本語のソフトを削除するという感じだろう。

NHKのニュースを見ていて、本当に悲劇だと思うことがある。NHKのアナウンサーといえば、日本語の手本である。しかし、彼らは、口発音でなくて、喉発音の要素が強い喋り方だ。手本になるべき発音法が、本来の日本語のありかたではない、、、というところが悲劇だ。つまり、日本語本来の正しい発音法を一生懸命追及するほど、NHK的な発音法から遠のいていく。

音楽の先生がよく言っていた。口を大きく開けて歌えと。しかし、そうすればするほど、力が入るので、うまく歌えない。悲劇である。指導者のいうことを聞けば聞くほど、目標が達せられないのだから。

がんばればがんばるほど、できなくなるというメカニズムが私達の文化にはあるのではないか。

http://twitter.com/yamapanpan さんが、英語喉をはじめられて、TWITTERで色々つぶやいておられるが、色々なことが頭に浮かんでいる様子が分かる。これは、きっと本物の旅になるでしょう。

 

Related Articles

滑舌が5分で良くなる方法をご紹介します☆ カイダ ユウコさん

喉発音になるから、これ効くのではないかな? http://ameblo.jp/yuhkokaida/entry-10510082385.html 英語喉外人声ギブスと似ている。しかし、この提案をしてらっしゃるかたは、なぜ効くかにはきづいているだろうか??? Thanks, Yamapanpan-san (http://twitter.com/yamapanpan). 結局、喉に重心を置いて発声すると、声がよくなる。割り箸を噛んでいると口の役割がミニマムにならざるを得ず、知らないうちに喉のほうで発音しだす。すると声に艶がでる、、、というメカニズムだろう。 しかし、この実践をするときに、以上のメカニズムを説明し、目的を理解した上で実践するなら効果が保証できるだろう。 それなしにやると、ただ、口の中を食いしばるという人がきっと出てくるので効果が出ない可能性もある。 私自身は、喉発音をし始めて、出せる音域がぐーんと広がった。そういえば、前に声の甲高い人を指導させてもらったことがあるが、低めの声出してくださいと頼んだら、え?それ冗談でやってますか?と疑うぐらい声が低くならない方がいたのだが、やはり日本人の喉は硬いのだと思う。硬い人は、喉だと言われても、ピンと来ないのだと思う。 喉が硬いと ア、イ、ウ、エ、オ以外の音は出しにくい。MAPのAを出そうとしても、アを押し込めようとして、こもっている感じの音になりがちだ。 やわらかくするにはどうするか?気を失うぐらいのリラックス度が大切だが、そうすると今度は、声が出せないと思われるかもしれない。 英語はおいておいて、犬の鳴き声とかで練習するとかがよいかもしれない。 以前、郷ひろみさんが、ニューヨークでボイストレーニングを受けたら、(5年ぐらい前に読んだ話)、音域が広がったとおっしゃっていた。 喉だよ、喉。 首、喉の硬い人、これ聞いてください。一緒に練習しましょう。 www.estat.us/blog/hibiki2.mp3

日本語は意味が薄い言語か? 日本語=掛け声論

1236 この週末から1週間ほど帰国しますが、7月の10日(日曜日)の12時半から2時間ぐらい、三羽さんとの対談をネットラジオで放送する予定です。カレンダーに書いておいてくださいね。 さて、 昨日、日本語は掛け声に近く、意味が薄いと言ったが、考えれば考えるほど、たくさん例が出てくる。 例えば、日本のミュージシャンの多くは、日本語の歌詞などどうでもよいのだと思う。これは本当だ。実際、何を言っているか分からない場合が多い。先日、日本語のラップをやっている人がNHK INTERNATIONALのJ-MELOに登場したけど、歌っていることが、分からない。 でも多くの日本人にとって歌が分からなくても、慣れている、そんなもんだと思っているから、気にならない。 昔、浅田彰さんの構造と力という本がはやったが、これも難解な本だが、結構売れたというが、多くの日本人にとって、意味が分からなくてもそんなもんだと思っていると思うから、気にならない。 よく英語教育論で、「発音より内容が大切だ」と言っている人の書き物をみたら、わけが分からない場合があるが、これも、日本人の読者の多くは、「えらい人が言っているのだから、意味が分からなくてもOK」と思ってしまうだろう。 日本語は掛け声的な表現が多いことに気がついたのは、それは、私が会社のカフェテリアを経営している韓国人へしている挨拶がきっかけだった。 あにょはせよ~ かむさはむにだ~ みたいな挨拶をする。 かむさの部分はたぶん「感謝」だと思う。「はむにだ~」は、「します」という意味じゃないかなと想像する。 つまり、朝鮮語では、「ありがとう」は「感謝します」と言うのだと想像する。 これは英語と同じだ。THANK YOUは「あなたに感謝します」という意味がある。 日本語では、「ありがとう」だけど、これは単なる音の集まりであり、意味自体はない。ありがとうというのは、「ありがたい」、「あまりない」という元々の意味があるのだろうか??? しかし、ありがとう自体には、英語や韓国語のような直接的なる意味がない。 日本語の表現の多くは「かけ声」なのだろう。 「あけましておめでとう」かけ声である。「あけまして」は「年があけましたが」という意味だとは思う。「おめでとう」の直接的なる意味は薄いがこれはスローガン的だ。 英語はHAPPY NEW YEARだが、これは文字どおり、幸せな新年を!という意味だ。そういう意味だから、年があける大晦日の日にだってHAPPY NEW YEARと言うことができるし、年が開けて、厳密には正月(アメリカでは1月1日だけ)が終わっていても、最初に人にあったときに言うこともできる。 「あけましておめでとう」は掛け声で、年が明けたときにしか言わない。…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.