Skip to toolbar

あれ、全然違う結論に?私の意見と、ハワイの先生の意見

まず最初に、

喉1号さん、なかなかよいです。喉発音ばっちりです。ただ、まだ舌のほうの問題が解決していません。両唇音のときに(MとかB)目立つのですが、舌が屋根に付いたとき、たぶん、喉のほうも同時にしまり気味になっているのではないかな?わざとゆっくり、そういう音を、練習してみてください。そのときに、喉の底で響きを継続的に感じてみてください。BENTOというとこのBEだけでもかまいません。Bのところで、響きが切れているのではないかな?喉が絞まりぎみになると切れます。

UKEKOさん、LとR、あるいはZなど、もうちょっと喉発音位置を下げるとうまく行きます。1センチぐらい。今、ちょっと浅めになっています。

さて、ハワイ大学の日本人の先生が、英語の発音は母音とアクセント(の位置)が大切だとBLOGで書かれていた。これは私の結論と逆です。紹介します。

ハワイ大学アメリカ研究学部の先生で、吉原真里教授のBLOGです。今ちょうど日本にいらっしゃるそうです。

http://mariyoshihara.blogspot.com/2010/06/9.html

タイトルは、「英語の発音は母音とアクセントが9割勝負である」です。

英語喉の観点からいうと、アクセントというのはあまり関係ないということがいえるので、全く逆の意見ですね。

ちょっとびっくりしました。私と同じ年に生まれたかたで、アメリカでPHDをとったというのも同じです。アメリカに長く暮らしておられるのも同じです。でも、英語に関しての結論が180度違います。

このBLOGの途中で、日本人の人が英語で歌を歌っていて、発音が問題だったとおっしゃっています。ご本人も書いてらっしゃいますが、歌だと、アクセントはメロディーの音程に左右されるわけです(引用すると、、、歌の場合は、アクセントはまあ音符に従うわけですが、母音は正しく発音しなければ致命的です。)

私的、英語喉的には、じゃあ、英語にとってアクセントは関係ないということでしょ?と言いたいです。英語の歌って、メロディーのせいで、アクセントが自由になりますよね。でも英語の歌をネイティブは理解します。だからアクセントは、理解するためには関係しない、、、とくるのが正しい判断じゃないかな???すなわち、会話のとき、アクセントの位置は自由でよいということです。

その他にもアクセントが大切でない理由がたくさんあります。

1.1シラブル語においては、アクセントの位置の問題は存在しない。英語には1シラブル語がたくさんある。それでも英語ネイティブは、英語を理解できる。

2.アクセントの位置で意味が変わる英単語はほとんどないのでは?実際は発音自体が違う。例えば、レコードは極端に書くと、レカード、録音するは、リコード。アクセントの位置が違うというより、発音自体が違うのです。詳しくはhttp://www.nippondream.com/tips.htm#accent

3.繰り返しになるけど、歌でメロディーにのせて英語が歌われても、ネイティブは理解できる。

4.アクセントの位置を変えたら、突然、英語が通じだしたなんてことは起こらない。

5.文字には、アクセントの位置を表す記号はつけない。でも読み手は英語を理解できる。これは意味が分かりにくいかも。

6.わざとアクセントの位置を間違っても通じる。KAZYさんのhttp://kazkaz130.blog.so-net.ne.jp/2010-07-08 を参考にしてください。

7.実際、結構、ネイティブは平坦に英語を喋っている。アニメのように極端なイントネーションで喋っている人は、大げさにやっているだけ。

8.私も平坦に喋るが、通じます。実際そうでしょ?

大切なのは、シラブルの数、それから喉で発音することです。

アクセントの位置がここまで言われているのは、きっと、日本の試験問題の素材になるからでしょう。暗記問題に使える知は、数学だろうが、英語だろうが容赦なく、知識の様態が変わっています。

一方でシラブルの数を問う問題は、簡単すぎて入試試験などに使えない。母音の数と同じだから(二重母音は一つとみなす)。

試験のために、英語という知識がひんまがってしまっているのかな?

アドリブ英語で喋ってみました。音声ファイルは

www.estat.us/blog/hawaii.mp3

 

Related Articles

英語喉&機関銃英語の感想をここに集める

このエントリーに、英語喉と機関銃英語の感想などを集めたいと思います。皆さんのなかで、もし英語喉か機関銃英語をブログやHPで紹介されたというかたがおられましたら、このエントリーのコメント欄でご連絡ください(メールはquestion AT estat.us)!追加させていただきます。 *** MASAさんのMIXI日記(MASAさんか私のマイミクになれば読めます。ご連絡ください)http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1696089778&owner_id=7661548&comment_count=15 私のブログ http://plaza.rakuten.co.jp/fufufuu/diary/201011230000/ 英語音読研究所 英語喉に感銘 http://nsh-41.blogspot.com/2010/12/blog-post_16.html  英語を味わいながら留学せずにTOEIC950・英検1級を目指すブログhttp://ameblo.jp/mari-english-study/entry-10825320140.html  Eirene’s memories http://d.hatena.ne.jp/eirene/20110129/1296307814 ワンコがいっぱい 英語リスニング学習にオススメ教材1 改 http://arc-en-ciel.blog.so-net.ne.jp/2011-03-04  ジャズ&洋楽訳詩(東エミ)英語は喉だ!http://ameblo.jp/higashiemi/entry-10759585413.html 医学部受験の方法論 この本のお陰で今や僕はLとRの区別ができるようになりました。http://kounotori0305.blog98.fc2.com/blog-entry-41.html    英語喉物語 KATSUさん  シラブル(3ビート)って、本当におもしろい。 これを知ってから、リスンニング能力が向上していくのを日々実感できます。 http://ens-katsu.blog.so-net.ne.jp/2010-07-05  日本語英語の謎を解く 副島隆彦氏サイト(学問道場)の掲示板  よしかわさん  引用 「どこかで読んだ話だが、フランス人は英語を全く知らなくても、英語の発音は最初から明瞭に聞こえているそうだ。少なくとも、わたしは、このような英語を全く勉強していないフランス人、あるいは英語ネイティブの幼稚園児たちと肩を並べる段階にまで来たと思う。書籍「英語喉」は、このようなメリットを体験できるすばらしい本である。 」  http://snsi-j.jp/boards/cb.cgi?room=tomaya  カズ&ジーナの「英語喉」について考える.  英語喉革命さん http://blog.livedoor.jp/nodorevolution/archives/2010-04.html?p=2#20100427 …

英語喉の応用

UMEKOさんへの連絡 昨日のUMEKOさんのUP http://73417248.at.webry.info/201006/article_13.html  私の音声によるコメント www.estat.us/blog/umeko16.mp3    英語喉を色んなことに応用できるのは明らかだと思う。例えば、タイの日本語の先生が、昨日、タイ語に応用してみようということを書かれていた。今後の発展が楽しみだ。3ビートであることがタイ語も似ているということだ。おそらく中国語的なのではなかろうか?流動性がそれほどないけど3ビート的みたいな。 http://thainihongo.seesaa.net/article/154150396.html それからKAZさんが、BLOGで英語喉の旅をつづってくれるということも書いてらっしゃった。特に英語ビギナーのかたを対象とされるそうだ。とても楽しみである。 http://kazkaz130.blog.so-net.ne.jp/2010-06-23 英語喉が出版されたことは、ジーナと私で応用分野にも挑戦したいと思ったのだが、やはり勤め人なので、仕事に追われているうちに、なかなか難しいということが分かってくる。 だから、実践者のかたがたが、それぞれの得意なところで、活躍されるとすると、すばらしいことだと思う。 医学などでも応用されてくれると良いと思う。特に、スピーチセラピー関連などはよいだろう。日本語で言語障害がある場合、口発音で無理に日本語を喋るというかんじではなくて、喉発音でも日本語は喋れるのだから、小林克也さん的な、あるいは岩村先生的なかっこいい日本語を目指すというのがよいのではないだろうか?というのは、日本語の言語障害は、口の中ががんばりすぎることから起こっていると思う。それを逆に、鍛えて直すという感覚だと逆効果だろう。 私自身の目下の目標は、喉1号さんとUMEKOさんをとりあえず国産ネイティブレベルになるのを見届けたいという気持ちがある。UMEKOさんは、事実上、まだ練習中にもかかわらず圏内に入っているように思う。喉1号さんは、いかに子音の発音のときの口の頑張りを押さえるかであるが(喉自体はうまくなっているのだが、いかに口を押さえるか、、、例えばBOXという単語のOは日本語にもあるし、喉発音もできているので理論的にできるはずなのに、直前のBのせいで、BLOCKされているようだ)、これは喉1号さんだけではなくて、多くの人が持っている課題だ。田地さんが、以前に、これを見事に克服されたのだが、次に、喉1号さんが克服されることを願っている。 喉1号さん、禅的な考えが必要だと思うので、あせらずゆっくりと。日本語を使ってとか、動物の声を使っての練習が良いと思います。いかに、DISHESという単語でできていることを他の音に当てはめるかです。日本語でもよいのです。 M-A M-I M-U M-E M-Oという練習で確実に子音は子音で、母音は母音で発音するというような練習がいるかもしれません。ライフサイクルを大切にしながら。練習例を音声でwww.estat.us/blog/nodo1gou_adv.mp3 UMEKOさんだったかな、電車の中で声をださずに練習するというようなことをおっしゃられていた。声を出さないから、口に全然頼らず喉だけの感覚を感じることができる。そういうのもよいかもしれません。 さて、リナさんが以下のような企画をされています。歌声喫茶の企画とかある会社を設立されたそうです。そういうのをきっかけに喉開眼になる可能性は大なので、皆さん、リナさんの活躍を追ってみてはいかがでしょうか? http://www.animatojp.com/ (これはまだ建設中だそうです) MIXIではhttp://mixi.jp/view_community.pl?id=5052521   NKJMさん(とKENJI-Yさん) http://nodo.edn.jp/bentobox/ で紹介されていたソフトを使っています。おかげで、前よりも早く音声を録音することができるようになりました。WINDOWSについているやつだと1分ごとしかとれないので、前は失敗が多かったのですが、お勧めの(もとはKENJI-Yさんんからの情報!)のhttp://www.vector.co.jp/soft/winnt/art/se459049.html を使っています。おかげで時間がかなり稼げています! ありがとう。 あ、それから、広島の父が、漢字のミスとかをメールで教えてくれているので、助かっています。ありがとう!

盗み聞きをしてしまった件

1231 今週末のセミナーの募集です。とりあえず英語の音が聞こえるところまで行きましょう。 http://www.doodle.com/bpxmkqvv8ufgtktm   MASA RADIOが益々盛り上がっている。 MASAさんが、相手のパーソナリティーを引き出しているようで面白い。 http://audioboo.fm/boos/394083-masa-radio-talking-to-cheerful-yuyu http://audioboo.fm/boos/394141-masa-radio-talking-to-emily-again また、タイの日本語教師さんが、英語ができなかった中国人の人が短期間で英語ができるようになっていくのを目撃されているのが面白い。あと、http://thainihongo.seesaa.net/article/211369507.html に書いてあるのだけど、聞くことができるようになったら単語が自分のものになるスピードが速いとあるが、これは本当だと思った。 聞き取りが出来ないと単語の暗記は単語集とかに頼ることになる。あるいは読んでいて字として勉強する、、、まあこれは普通日本人が中学高校とやることだ。 しかし聞けるとテレビなどをぼ~と見ていても、単語を覚えることになる。 そういえば、私は英語喉前からアメリカ英語がそれなりに聞けていたが、辞書はもう20年ぐらい調べたことがない。耳で聞いていて、何回か出てきたら、なんとなく覚えてしまう。人の顔をおぼえるのと一緒だと思う。 やったもんさんもSKYPEで英会話をはじめられたようだが、とてもよいことだ。 さて、最近、電車通勤を週3回ぐらいはするようにしている。電車だと行きと帰りで10ドルぐらいだ(800円ぐらいか)。会社から一ヶ月に50ドルの手当てが出るのと、あと、税金の控除になるので電車は経済的だ。 自動車だと今1ギャロン(4リットル?)4ドル強だ。往復でおそらく2ギャロンぐらいかかるので8ドルぐらいかかる。だから自動車のほうが微妙に安いけど、電車のほうが補助が出るのでやっぱり安い。 駅から会社まで5分ぐらい歩いていたら、若い社員の男女が話をしながら歩いていた。自己紹介をしている。最初はどんな英語文法を使っているかと思って聞いていたのだけど、男性のほうの内容を盗み聞きをしてしまった、、、。 なんでもハーバードのプログラムである外国の学生たちと会議をしながら交流をするプログラムだという。 どこの国か、言わなかったのだが、それはきっと、最初から日本だというと、相手の女の子に、「この人は、きっと日本に行って、日本の女の子達にもてまくった類ね、、、」と思われるのがいやで、どこの国かは最初から言いたくないのかな、、、と私は思った。 そのプログラムは素晴らしく、その国の学生達と、エネルギー問題、国際情勢などについて話したという。 そして、アメリカ人とその国の若者たちとのネットワークができて、あとでその国を旅行したりとか、あるいはビジネスの話をしたりとかで、素晴らしい経験になった、、、。 このあたりで、私は、ありゃ、あの「日米学生会議」だと思っていたが、違うのかと思い出した。 <日米学生会議出身の友人がいるが、英語喉を紹介したら、「ネイティブのように喋る必要はない」で話が終わっている。> だって、日本人の大学生がこんな素晴らしいネットワークを気づくような関係になれるはずがないと思ったからだ。口発音では、そもそも相手の言っていることが分からないし、通じないし、また冷たいイメージになるから、友情を結ぶのは難しい。 先日もJETで2年間も日本に住んでいた元同僚が、「日本人の友達がいない」と言っていた(中国人や韓国人の友達はいる)。 英語喉をまだ知らないだろうからだ。…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. カズ先生、お世話になります。

    それにしても、differ と defer の発音記号が同じでアクセント位置だけが違うような表記が英和辞典にもしてあるのは、なぜでしょうか?
    実際の発音は、record の名詞と動詞のように、違いますよね。
    結局は、英和辞典を創っている大学の偉い立場の先生達も、発音が分かっていないということですか?

    ところで、日本語のような喉ブレーキをかけながら喋る言語の場合は、1拍が2ビートになり、英語のようなかけない言語では3ビートになるということがよく分かる実例はありますか?

    私は、こだまブースターをしながら英語を喋ると、自然に3ビートのリズムになるように感じることもあるのですが、これ正しいかな?

  2. 正しいと思います。

    喉が先か、3ビートが先か、、、。同時ですね。

    実例のほうかんがえてみます。