口発音+喉発音になってない?実践者の皆さんチェックをお願いします

口発音から喉発音への移行について。

これまでは、白と黒みたいに考えていたんだけど、色々と教える機会があり、またMIXI上での喉コミュニティでの学びからあることがますます明白になった。

*喉発音ができているのに、口発音も同時に起こっていることがありえる。*

つまり、口発音から喉発音に直接移行できる人もいるけど、ミックスの人もいる、、、と。で、なかなかこの段階を抜け出しにくい。

せっかく喉発音ができているのに、口発音に未練がある状態、、、です。

当然、聞き取りは改善した状態ではあるし、絶対的に通じる状態です。でも、やはりナマリが少々でてしまう。だからどうなの?となるが、せっかくだから、喉発音90%口発音10%ぐらいに持っていきたいものだ。喉95%、口5%ぐらいで考えてもよいかもしれない。

SHの発音などが特に目立つので例としてあげたいのだが、口のなかで響いている感じ。分かる?

自分で音声をとって聞いてみてくださいね。きっと分かりますよ。

個人的に、口発音要素を押さえるために役立った練習、紹介します。

1.ゲットーなどに住む住民の英語って、喉発音が99.99999%ぐらいなんだって。社会的要素があるのかな(社会言語学ですな)それをマネしようとしてやっていたら、ピンと来た。舌なんて、どてーと横たわったままね。そしたらTHとかが、Dみたいになるんだけど、それってまさに、そういう英語だよねえ。

2.シャワーを浴びながら(超リラックス状態)、発声練習をする。本当に喉だけでね。

3.あえてものすごい低い声を出してみる。低いから喉発音になるわけではないが、やはり喉発音でないと低い音は出しにくい。ここちよく鳴らしてみて。

 

ブログの人気投票です。 http://blog.with2.net/link.php?709532       

 

英語喉オンラインサロン・コースへ飛ぶ

Related Articles

小さなコツ 二つ

やはり教え続けていると、色々なケースに出くわす。 http://blog.with2.net/link.php?709532:1932 ひとつは日本語というのは、やはり特殊なのだろう。英語は、赤ちゃんが泣いているときの発声法とそんなに変わらない。しかし、大人が喋る日本語は、喉発音を元々しているひとがいたり、完全なる口発音だったり、小さいときから発音が悪いと注意されてきていて、実はそれが英語発音むきだったり、あるいは、注意されてきたから、それを直そうとして、口に力が入りすぎていたり、、、、。あるいは、日本語にもあるSが舌足らず的だったり。

喉動画を一箇所に集めてみました

おことわり。SIGHTSPEEDというサイトにUPした動画が見れなくなっています。問い合わせたらデータ修復中とか。たぶん、ビジネスにいきづまり、ほっっていているのではないかという気がします。とりあえずは、四郎二郎さんが、編集してくれているのでそちらをごらんください。

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. 「ゲットー」というのは、いわゆるユダヤ人部落のことでしょうか?
    確かに彼らは、独特のなまりのある英語を喋る人も多いみたいですね。
    the を、「ダ」みたいに発音するアメリカ人がしばしば映画にも登場しますが、彼らの多くはユダヤ系なのでしょうか?
    それにしても、英語は日本語のようには、舌を口の中で動かして発音する必要はないのでしょうね。日本語の方が忙しい言語なのでしょうかな。

  2. いえ、ゲットーとうのはアメリカではどの大都市にもある地域で、貧困にあえぐ人が多い地域なのです。ユダヤ系の人は裕福な人が多いので、社会的には逆の立場にあるように思います。

    >the を、「ダ」みたいに発音するアメリカ人

    >それにしても、英語は日本語のようには、舌を口の中で動かして発音する必要はないのでしょうね。日本語の方が忙しい言語なのでしょうかな。

    そうだと思います。姪が3歳でラ行が言えないそうです。ヤ行になってしまうそうです。まだ喉発音をしているので(叫ぶような喋り方で日本語を喋っています)、口発音度の高いラ行が言えないのでしょうかね。直そうとせず、口発音に移行するのを待ったほうがよいということだと思います。