気持ちは分かる メソッド色々(YOUTUBEより)

個人的、喉的にはこれ(1番目)が一番面白かった(前にも紹介した?)
* 「L」 と 「R」 発音練習(ネイティブ)
http://jp.youtube.com/watch?v=MoS1pSf3SBw&feature=related
こーら、喉の響き、その場所の違いやないかい。本人も口のことはよくわからんと認めている。犬がうなっているような感じだったらRRRRで、そうじゃなかったら(ややクリアな感じ、口の中にフタがしまってそれが開く感じ)Lというのがよく分かるねえ。これ、すごく分かりやすい。皆さん、分かる?これは面白い!
***************************

片岡昇 ケンセイ・メソード英語発音講座 抜粋
http://jp.youtube.com/watch?v=b2pbYqwkoc8
舌は寝転んだまま、、、というニュアンスは確かに間違ってはいないが、やはり口にこだわりながらも、ややええかげんに説明しているそのノリは非常に真実に近い。できたら、英語を話しているところを見たかった、、、。

 

****************************

英語発音指導の専門家「スギーズ」先生
http://jp.youtube.com/watch?v=3zgm9RCLW0E&NR=1
I was only a kid then は7シラブルなのに、6シラブルになっている(先生、Aを忘れています、、、というか弱く読むという指導の弊害?あいまい音は弱く読むという指導はよくない。弱く読んだら聞こえないぞ!) でも結構、スムーズで英語の流動性が出ているのはアクビエリアあたりを使って発音しておられるからだろう。首の根元で同じことをやるとネイティブと同じになりますよ。
****************************

コウイチさん(ネイティブ?)
http://jp.youtube.com/watch?v=NkzfeWhWyPo&feature=related
こーら、喉の響き、その場所の違いやないかい。熱意は買う。口を気にしすぎて、音がこもっているから分かりにくくなるけど、口のコモリを無視して、喉のあたりの響きを意識して聞いてみて。Lはクリア、RはRRR(犬のうなりみたい)だということが聞き取れる。

 

***************************

***************************
番外編
英語を流暢に話す為、そして綺麗な発音をする為に必要な筋肉を鍛る為のエクササイズ! その名も 「アヒル体操」!確かに、これは、音声学によって支えられていますね。口を突き出すとか、口を横に開くとか、平気で音声学の教科書には書いてある(音声学派が大切にしているはずの西洋の文献にはないけどね、、)実際のネイティブはそんな大げさな表情で英語を喋ってないのだが。 http://jp.youtube.com/watch?v=utZpEZ-pwxQ&feature=related 

***************************

スーギー先生がIとiの違いを教えられているのだが、喉パラダイム的には、なんかやや同じように聞こえてしまう、、、。口の形を見ても明らかですね、、とおっしゃるのだが、違うのは口の形の違いというより、片方がやや深めから発音されているのでどちらかというとITに聞こえると言う感じか。まあ、それにしてもスーギー先生は、喉パラダイムではないのに、上手(小林克也まではいかないが)。

http://www.youtube.com/watch?v=18eeiYoYIg8&feature=related

***************************

SHIPとSIPの違いを説明してらっしゃるのだが、SHIPがSHEEPになっている。教えている本人ができていないという問題は非常に根深いと思いました。あと、SHはシーとやるとき(静かに、、と)のSHと言われているが、単に日本語のシだと言えばよいような気がする。日本語的にはどちらも基本的に同じ音なので。片方はおおげさなだけ。おおげさにやると音が変わるという感覚は根強いですね。確かに西洋人は息づかいが荒い感じがするので、そう信じられているのかな。

http://www.youtube.com/watch?v=G_HW0BpUljk&feature=related 

***************************
ブログの人気投票です。 http://blog.with2.net/link.php?709532       
 
 

英語喉オンラインコースへ飛ぶ(ニュースレター登録をお願いします)

3 thoughts on “気持ちは分かる メソッド色々(YOUTUBEより)”

  1. 前回のエントリーに対して。

    私も似た経験があります。

    年末年始は日本人の友人とアメリカを旅してまして、3週間ほとんど日本語を使ってました。
    それで、最終日シカゴのアムトラックの駅でチケットを買うとき電話番号を聞かれたんですが、口発音に慣れてしまっていてそのまま言ったら伝わりませんでした。数字ですら・・・。

    気を抜くと口発音+小さい声になってしまいます。私の場合。

    英語喉の経験豊富な(第一人者の)カズさんのブログ参考になります。

  2. てっちゃん

    旅面白かったですか。BLOGのほう読んでますよ!

    数字でさえ伝わらない、、、

    銀行などに行って待っているとき、東アジア言語話者が話しているのを見ると、ものすごく通じていないです。行員さんが、その人が言うこと言うことを繰り返して確認しながら喋っている。

    とはいえ私も革命前、英語ができると思っていましたが(実際TOEFLなどは満点だったと思う、、、さらに米語は100%それなりに聞けていた、、、今考えるとかなり努力して聞けていたと思うが)、相手が確かに私の言ったことを繰り返していましたよ。通じてはいましたが。

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.