Skip to toolbar

新年 喉の旅

皆さん、新年、喉の旅はいかがですか?

長崎の雨さんのコメントにもあるように、やはり英語は使うのが大切で、そして使って、コミュニケーションをして、そこから人間関係を築く。そして、その人間関係の中で意見交換があったりする、、、と。そういうのが順番でしょうね。そういうやりかたをしていると、順番がどうのこうのということも頭に上らないですね。

英語が難しいからこそ、英語はこう学ぼうとか、この順番で勉強しよう、、という発想があったわけです。

これまで、そういう順番だとかを考えすぎたのでしょう。でも、それはしょうがないですね。喉と3ビートが発見されていなかったのだから。ただ、喉と3ビートが発見された今、少なくとも、その存在を知っている人は、少しづつ、これまでの考えを修正していくのがよいのではないかな?

確かに急に変えろというのは無理かもしれません。私もSASプログラミングというのをやっていて、SAS PROC MIXEDというやりかたのマニュアルを書いています。で、近年、PROC GLIMMIXというのがでてきて、事実上はPROC MIXEDよりも、GLIMMIXでやってしまうのがベストとなった。でも対応に時間がかかるので、PROC MIXEDのマニュアルを取り下げるというわけにはなかなかいかんです。

でも少しづつ変えていかんといかんですね。

それにしても(つまり、やもえない点があるにしても)、思うに、これまで英語ができていないのに、英語の勉強法や発音のやり方を語るということには無理があったと思うんです。例えばですが、LとRが発音できないのに、LとRの発音を指導するという、非常に、非合理的な実践があった。

気持ちはわからんことはない。というのは英語が非常に難しかったわけです。

でも喉と3ビートが発見できたわけですから、これからは英語はそれほど難しくはない。

しかし、非常に、面白い状態がしばらくつづきますね。アキヒロさんの報告にもありますが、今NHKで発音の講座をやっているのだけど、従来のパラダイムでやっているので、LとかRで舌の位置がどうのこうのと、専門家の皆さんが語ってらっしゃる。

それを国産ネイティブ化した、いわゆる素人???の喉実践者が見て、「あ、あの説明、おしい、、、ちかいけどねえ、、、」とか言いながらコメンタリーできるわけです。

アキヒロさんの報告によるとRのとき犬のようにウナル、、、という説明がちょっとあったんだって。あれはいつから言われてるんですかね。私の大学時代には聞いたことがない。一番真実に近いですね。うちの犬でもRが言えるからね。

またアキヒロさんの報告によると、Rは口を丸めてとネイティブの先生が指導したそうです。確かにRが単語の前に来たときは、そういう感じで教えても、説得力があったかもしれません。でもRが後に来るときは?例はCAR。丸めませんね。

実際はどっちでも丸める必要はないんだけど、ネイティブが大げさに言うとき、Rが最初に来るときは、やりますね。でも後にくるときは、おおげさにやっていても、そうしない。

こういう矛盾を音声学はパッチワークのような形で対応してきたわけです。Rでも異音といって色々あるとか、Rでも現れる場所で微妙に違う、あるいは地域によって違う、、、と。

科学というよりも博学みたいになっていった。博学っていうのは、年齢によってステータスが決まる人文系学問の世界では都合がよいので、そういうパッチワーク的な研究スタイルが定着してしまったのでしょう。科学の世界は発見をしてなんぼのもん、、、なわけなんだけど、いつのまにか外人の書いた本を紹介することが仕事になってしまったのでしょう。

これは日本の社会学でも同じなんです。外人の学者がこーいった、あーいったということを紹介するのが社会学になってしまっている。パーソンズがどうのこうのとかね。

でも、これまではしょうがなかった。喉の3ビートが発見されていなかったのだから、、、。

素人のほうが、その道の専門家よりも正しいという非常に不思議な言説状況が5年ぐらいはつづくんですかねえ。

専門家の人々に喉を読んでほしいですが、私の知っている同志社関係、そして言語学専攻のかたがたでさえ、喉は「つんどく状態」です。メールで読んでくれーーーと頼んでも、読んでくれません。

4,5人はいるんですが、全然、やってくれない。なんでやねん。

効かないと思い込んでいる????

犬の話が上ででたんですが、ぶちおもしれーことがあるんですよ。うちの犬がねえ、英語で食べ物の名前に反応するんですよ。例えばピーナッツバターとかいうと、むちゃくちゃ尻尾をふって、「くれくれたこら」状態になるんです(表現古すぎる?)。でも、日本語英語でいうと、全然反応がない。

犬でさえシラブルの数が大切なんでしょうか????

英語だとピーナッツバターは4シラブル。日本語英語だとそれ以上ですね。

ブログの人気投票です。 http://blog.with2.net/link.php?709532       

Related Articles

試験とは何か

ずいぶん前に読者の人から「試験についてどう思いますか」という質問を受けたのだが、最近、このトピックについて考えさせられることがあったので書いてみたい。   ***   仕事で資格試験を受けなければならなくなった。SASという統計ソフトをこの10年(以上)使っている。自分で言うのはなんだが、この道の達人、、という感じのレベルで、寝ながらでもプログラミングができるかもしれないと思う。   受ける資格試験というのはSASの試験なのだが、今後、グラント申請(政府や財団などから研究資金をもらうためにの応募のこと)をするときに、SASの専門家がいます、、、と言えるように、資格をとってくれと頼まれた。   さっそく、ウェブサイトなどで、どんな試験なのかを調べて、模擬試験をやってみたのだが、なんと、2番目の問題で間違ってしまった。   http://support.sas.com/certify/prep/samples.html   読む必要はないが、一応、問題を載せておく。答えがBと思ったのに、本当はDだった。Dというのは、まあ、「このプログラムはエラーを出します」ということなんだけど、理由は、データは小文字なのに(na1のところ)、プログラムでは、大文字を使った(if jobcode = ‘NA1’)、、、というおろかな理由である。 Item 2 The following observation is stored in a…

小さなコツ 二つ

やはり教え続けていると、色々なケースに出くわす。 http://blog.with2.net/link.php?709532:1932 ひとつは日本語というのは、やはり特殊なのだろう。英語は、赤ちゃんが泣いているときの発声法とそんなに変わらない。しかし、大人が喋る日本語は、喉発音を元々しているひとがいたり、完全なる口発音だったり、小さいときから発音が悪いと注意されてきていて、実はそれが英語発音むきだったり、あるいは、注意されてきたから、それを直そうとして、口に力が入りすぎていたり、、、、。あるいは、日本語にもあるSが舌足らず的だったり。 さらに、地方によって、発声の深さが違ったり、、、。 極端に声が小さい人がいたり、、、。 日本語の発声のパターンは、日本語が、ある意味で、高度なのだろう。だから、その習得のレベルに違いがでてくる。 いろんなケースに出くわすなかで、最近は、二つ小さなコツを使いだした(この記事最後を参考に)。 さてっと、、、 先日、皮肉だと思ったこと。関西外国語大学の英語の先生が、Rの法則?という名前だったかな、、、で発音を指導していたのだけど、そのやりかたは、どちらかというと口に重心を置いたものだったので、正しくはなかったし、また、そこで紹介されていた日本人の発音は違ったものだった。 しかし、そんな感じで、一生懸命、ゲストのかたたちが、発音に取り組むなか、、、、アナウンサーのかたは、日本語を喉発音で喋っていたのだ。 完全な盲点になっていた。 まるで、現代哲学のよい例になりそうなかんじだ。 ミシェル・フーコーが、ベラスケスという人の絵をもってきて、そのなかの登場人物の視線がどうのこうのと論じて、それが、その歴史的時代のエピステーメー、解釈の原理を説明しているとか、そんな話をしていたけど、、、 「言葉と物」という本の第1章での分析だ。なんでも、奥のほうにある鏡にキングとクイーンが写っているとかで、実は、登場人物がその二人を見ている、、、みたいな話だったかな??? 見えそうで、見えないけど、実は皆に見えているもの、、、ってことだろうか?そして、そのキングとクイーンが実は主役。絵描きの人が、キングとクイーンの肖像画を書いているシーンなのである(、、、と思う)。 この番組は、まさに、今の日本の言説状況を理解できる内容だった。 http://www.youtube.com/watch?v=PqW7MxE1CG0&feature=related で、結局、誰も英語できないのではない?この教えている先生も含めて。もちろん、私はこの先生の英語を知らない、、、でも、私が分かるのは、本当に英語が分かったら、もっと英語をおもわず喋ってしまうということ(=例 英語喉ライブ)、、、そして、どうやって喋っているのか(=英語喉)、を伝えたくて、伝えたくてたまらなくなるということだ。 そして、実際、伝えまくってしまうのである(www.youtube.com/eigonodoを参照)。 さらに、皮肉なのは、合っていない英語の発音に対して、3人のネイティブジャッジが、今の発音OKって感じで、合格にしている点。日本に住んでいるネイティブのタレントさんも、日本の言説空間に放り込まれると、見えるものが見えなくなってくるのでしょう。 さらに、最も皮肉なのは、日本語のナレーションをしているアナウンサーのかたが、喉発音で日本語を喋っておられる点である! つまり英語の専門家に英語の発音を学ぶより、日本語を喋っているアナウンサーのかたの発声法に学べばいいのだ。 しかし、そのことに誰も気がつかない。 まるで、上で紹介したベラスケスの絵の主役が、登場人物ではなくて、鏡にうつっているから分かるキングとクイーンであることが分かりにくいように。 はやい話が、指導する前に、その指導する人が、まず英語が100%に近く、できるかどうかを問うべきである。…

喉動画を一箇所に集めてみました

おことわり。SIGHTSPEEDというサイトにUPした動画が見れなくなっています。問い合わせたらデータ修復中とか。たぶん、ビジネスにいきづまり、ほっっていているのではないかという気がします。とりあえずは、四郎二郎さんが、編集してくれているのでそちらをごらんください。 http://www.youtube.com/user/Sampa4626  ****以下は動画が見れない***** これまで散乱ぎみだったので、一箇所に集めてみました。新しいのも少しあります(NEWと書いてあるもの)。  英語喉の宣伝的説明(BLOGのプロフィールとして用意したもの NEW! ) http://app.sightspeed.com/vm/k5ulzghrvmhipxtfeb1e21axqhmazsrf/i1kb/ja_JP/1/   外人声矯正(強制?)ギブス 一挙に喉声を手に入れる方法 (ボイトレは要りません、以上。解散。あ、パクリは禁止です。) http://app.sightspeed.com/vm/bwg99ztjwbun5bdyqx49p7ksgi75skrv/xk7y/ja_JP/1/    レッスン1 声を出す(なぜ西洋人の声は違うのかが分かりますよ) http://app.sightspeed.com/current/viewmedia.php?uid=121136&mid=n5bnphiweadvu9rxmwl2m71t9tvjisu8&refid=1&locale=ja_JP   アマゾンで見れるレッスン1 http://www.amazon.co.jp/gp/reader/4384054629/ref=sib_dp_ptu#reader-link   レッスン2 声のコントロール (喉にも2箇所あります) http://app.sightspeed.com/current/viewmedia.php?uid=121136&mid=wylx8vhtqrrw4mfiqcezv23yjdg3c9zw&refid=1&locale=ja_JP   レッスン3 声をみがく(英語の音にはライフサイクルがあります) http://app.sightspeed.com/current/viewmedia.php?uid=121136&mid=fls9cyqpe2wki9d74kg8jcillgjeyxgl&refid=1&locale=ja_JP   レッスン6から11まで(母音のほとんど) http://app.sightspeed.com/vm/l3xlz56gi7×2zqgma5tzs36z4s27t1b9/jj6b/ja_JP/1/  レッスン16 Fの発音 (Fの発音で表情が変わったらだめです) NEW! http://app.sightspeed.com/vm/skgehmwcnrekcfpkanghfup2xg1cpd7c/s2kb/ja_JP/1/…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. 最近Amazonのレビューを書きました。

    あくびエリアとかゲップエリアとか「凧」とか、たぶん従来の音声学の人たちも、その辺の音を表現しようと努力したとは思うんですよ。で、もしかしたら近いところまで行ってたのかもしれない。

    だからこそ、そういうこれまでの努力をバーンと無視して新しい名前をつけて、新しいメソッドで教える本が出ると、憤まんやるかたなし、となってしまうんでしょう。または、頑に、もうちょっとで到達できる自分の研究の道を耳をふさいで突き進むか。

    工藤夕貴の発音の本があるんですが、「何度も何度も練習して、自分の舌に染み込ませて下さいね」って言うんですよ。でも、何度も何度も、間違った発音を練習しちゃったらどうするの?って思いますよね。どうなったときに正しいの?っていうのを教えてくれないと。

  2. つい先日、新年会の帰りに団地でエレベーターを待ってると外人さんが「コンバンワ」と話し掛けてきました。
    酔ってた勢いもあり「コンバンワ」と「3ビート」で返すと

    「ナニノオシゴトデスカ?」と

    そこで前に一度話し掛けられた事を思いだしました。

    その時も「ナニノオシゴトデスカ?」と話しかけられたのですが、その時は革ジャン着てライブに行く時と同じ様な格好でその服装が珍しかったのかなと思ってたんですが今回はスーツにコートにマスクにヘッドフォン(笑)
    話し掛けるのがお好きなのか?

    ヘッドフォンを外し「エイギョウ」(英語が出なかった(笑))とまたもや「3ビート」で答えると、
    しばらく外人さんは考え「sales?」と聞いてきたので「Yeah」と「喉」で答えた。

    でエレベーターが来たので乗り込むと次は英語で”What kind of~忘れた(笑)~?”と「職種」を質問。
    で”construction”、”construction contractor”と答えた所、「最近は価格が厳しいみたいで」(英語)と言われたのでまたもや”Yeah”と「喉」で答えたら、もう何を言ってるかわからない事を言われちゃいました。

    その人が先に降りたので”See you”と声を掛けたら”See you”と返してくれました。

    あと、朝の電車で外人学校に通っているアジア系のチビ達が乗ってて好き放題に騒いでるのですが、
    見事な迄に「口」での日本語と「喉」での英語を使い分けてチャンポンで話してます。
    で、子供であるが故に、「喉」でしゃべる時のトーンダウンというか音が低くなるのが凄くはっきりして聞こえます。
    互いの名前を呼ぶ時でさえ「日本語」と「英語」の時で違う。

    本当にこの「違い」を受け入れない限り、『「R」は口をすぼめて』と言い続けるのでしょうね。

    喉の旅…
    別に本当に旅に出なくても実践できるモンです(笑)

    と思ってたら今日もその方とエレベーターが一緒になったのですが、全く僕に気づかずでした。
    でも面白いので観察してたらわざわざヘッドホンをしている若者を小突き、「モウカリマッカ?」と…

    やはり話し掛けるのが好きなようです(笑)

  3. まちこさん、レビューありがとうございました。緊張せずに喋れるというのは、いいですね。私も前は英語は喋れたけど、緊張しながらやっていました。その緊張はやはり口発音と関係あるんですよね。また相手の言っていることが楽に聞けるというのもかなり大きいでしょう。人と話をするときに、準備をする必要がないというのがいいです。喉をやっていると、準備しなくても話せるように思います。喉クラスのもう一人のかたもこれを効用としておっしゃっていましたね。仕事での会話って、毎日やってることだから、そんなに準備する必要はないんですが、喉を経験していないと、グラフを用意しないといけないんじゃないか、図を用意しないといかんか?とか準備が忙しいんです。喉を経験していると、ぱっと言って、事情を説明して、相手の質問を答える、、、という感じです。

    あきひろさん
    喉の旅、いい感じですね。逆に、日本の文化も研究分析の対象にしてみてください。
    私の場合、たいてい、最初に考えたことが間違っていたりしますから、じっくり考えることも大切だと思います。あと、単に聞いてみる、質問してみるというのも大切です。