大学、大学院がいるのか? 統計モデルを走らせることで学んだこと

そりゃ、いると思うが、教え方、指導法を考えるべきだと思う。というのは、振り返ってみると、授業でやったことは、あんまり役に立っていない。これはアメリカの大学院でも同じような気がする。

今、知っている統計学のことや、データの分析方法は、授業で学んだというより、実地で、つまり大学院のときにリサーチアシスタントをしたり、就職してからとかの経験から、やりながら吸収したという感じだ。

なかでも、統計学の手法で、マルチレベルモデリングというのがあって、これを専門?みたいにしていていて、人から質問が来たりする。日本語でも、本の章を書いたことがある。

で、一応、大学院でクラスをとってやったけど、そのときはわけがわからんかった。

で、実際やってみて、初めて理解できた。特に分かったと感じたのは、統計ソフトのSASでモデルを走らせたときだ。

マルチレベルモデルを走らせるシンタックスは以下の通り

PROC MIXED;

MODEL Y=X;

RANDOM INTERCEPT ; 

RUN;

ちなみに、統計のクラスで最初に習う簡単なモデル(OLS モデル) もこのように走らせることができる。

PROC MIXED;

MODEL Y=X;

RUN;

え、、、、違いは、RANDOMというところだけ?

これにはびっくりした。というのは大学院では、10週間かけて、ものすごい難しいなあ、と思いながら授業をとって、それでもよくわからないことが多かった。

でも、実際に使う場面となり、SAS言語でプログラムしてみると、RANDOMというコマンドのところが違うだけ?

PROC MIXEDというのはマルチレベルモデルを走らせることができるんだけど、RANDOMというのを使わないと、簡単なモデル、具体的にいうと、OLSモデルと同じになる。

OLSモデルってのは、まあ例えると三輪車。マルチレベルモデルは段換えつきの自転車、、、イメージ的にはね。

ポイントは、大学院のクラスとかで、あーだこーだと勉強しても分からなかったことが、実際にやってみると、ありゃ、RANDOMのところの違いだけ?ということを後で発見したこと。

授業を受ける最初のところで、それを知っていたら、苦労は100分の1ですんだと思う。

もちろん、それだけじゃないけど、結局はそういうことということを知っていたら、その他の小難しい概念などがすーと入ってきたと思う。

やっぱり学び方とか、メソッドというのはある。それを無視するのは時間の無駄だ。

 

ブログの人気投票です。 http://blog.with2.net/link.php?709532       

Related Articles

小さなコツ 二つ

やはり教え続けていると、色々なケースに出くわす。 http://blog.with2.net/link.php?709532:1932 ひとつは日本語というのは、やはり特殊なのだろう。英語は、赤ちゃんが泣いているときの発声法とそんなに変わらない。しかし、大人が喋る日本語は、喉発音を元々しているひとがいたり、完全なる口発音だったり、小さいときから発音が悪いと注意されてきていて、実はそれが英語発音むきだったり、あるいは、注意されてきたから、それを直そうとして、口に力が入りすぎていたり、、、、。あるいは、日本語にもあるSが舌足らず的だったり。 さらに、地方によって、発声の深さが違ったり、、、。 極端に声が小さい人がいたり、、、。 日本語の発声のパターンは、日本語が、ある意味で、高度なのだろう。だから、その習得のレベルに違いがでてくる。 いろんなケースに出くわすなかで、最近は、二つ小さなコツを使いだした(この記事最後を参考に)。 さてっと、、、 先日、皮肉だと思ったこと。関西外国語大学の英語の先生が、Rの法則?という名前だったかな、、、で発音を指導していたのだけど、そのやりかたは、どちらかというと口に重心を置いたものだったので、正しくはなかったし、また、そこで紹介されていた日本人の発音は違ったものだった。 しかし、そんな感じで、一生懸命、ゲストのかたたちが、発音に取り組むなか、、、、アナウンサーのかたは、日本語を喉発音で喋っていたのだ。 完全な盲点になっていた。 まるで、現代哲学のよい例になりそうなかんじだ。 ミシェル・フーコーが、ベラスケスという人の絵をもってきて、そのなかの登場人物の視線がどうのこうのと論じて、それが、その歴史的時代のエピステーメー、解釈の原理を説明しているとか、そんな話をしていたけど、、、 「言葉と物」という本の第1章での分析だ。なんでも、奥のほうにある鏡にキングとクイーンが写っているとかで、実は、登場人物がその二人を見ている、、、みたいな話だったかな??? 見えそうで、見えないけど、実は皆に見えているもの、、、ってことだろうか?そして、そのキングとクイーンが実は主役。絵描きの人が、キングとクイーンの肖像画を書いているシーンなのである(、、、と思う)。 この番組は、まさに、今の日本の言説状況を理解できる内容だった。 http://www.youtube.com/watch?v=PqW7MxE1CG0&feature=related で、結局、誰も英語できないのではない?この教えている先生も含めて。もちろん、私はこの先生の英語を知らない、、、でも、私が分かるのは、本当に英語が分かったら、もっと英語をおもわず喋ってしまうということ(=例 英語喉ライブ)、、、そして、どうやって喋っているのか(=英語喉)、を伝えたくて、伝えたくてたまらなくなるということだ。 そして、実際、伝えまくってしまうのである(www.youtube.com/eigonodoを参照)。 さらに、皮肉なのは、合っていない英語の発音に対して、3人のネイティブジャッジが、今の発音OKって感じで、合格にしている点。日本に住んでいるネイティブのタレントさんも、日本の言説空間に放り込まれると、見えるものが見えなくなってくるのでしょう。 さらに、最も皮肉なのは、日本語のナレーションをしているアナウンサーのかたが、喉発音で日本語を喋っておられる点である! つまり英語の専門家に英語の発音を学ぶより、日本語を喋っているアナウンサーのかたの発声法に学べばいいのだ。 しかし、そのことに誰も気がつかない。 まるで、上で紹介したベラスケスの絵の主役が、登場人物ではなくて、鏡にうつっているから分かるキングとクイーンであることが分かりにくいように。 はやい話が、指導する前に、その指導する人が、まず英語が100%に近く、できるかどうかを問うべきである。…

上級者でも聞き取りは困難

この2週間ぐらいで、大学時代の友人二人とSKYPEで話をした。二人とも、アメリカ留学経験があり、英語の環境がかなり長い。 http://blog.with2.net/link.php?709532:1932 英語喉のプチ指導もさせてもらった。 やはり西日本VS東日本(ただし境界線は兵庫県あたり)の違いが出て、一人は同郷の広島出身なので、全ての音が当たり前のように出る。ただし喉だよと意識すればの話。 もう一人の友人は、英語喉マップ上では東日本なので、深い音は到達しなかったが、日本でいえば、かなりの英語上級者だ。あくびエリアまでを活用しているので、発音もすばらしい。ゲップエリアを活用する音が出にくかったので、再度、本格的に喉指導をさせてもらうことに。 フランス語を勉強されているのだが、Rの音がJになってしまっていた。 MERCIがMEJCIになる。 ゲップエリアの音が出ないとフランス語の音が出しにくい。 ゲップエリアの音が出るかどうかは、方言が兵庫県から東か、西か、、、これだけの違いだと思う。 東であれば、あせらず、ゆっくり、シラブルの中のゲップエリアとあくびエリアの行き来を丁寧にやっていれば、喉が柔軟になってくる。私の英語喉講座をとったほうがよいと思う。自分では、どの音ができていないかがわかりにくいと思う。 西であれば、聞いたとおり言えばいい。 二人とも、聞き取りは完全ではないとのこと。 私自身、聞き取りがなぜできていたのだろう。アメリカ英語であれば、英語喉以前でも、100%聞けていた。授業などで困ることがなかった。ただ、聞いていて、疲れた。 5年、英語喉をしている人に英語喉指導をした。その人は、すでに聞き取りが100%になっているようで、英語の世界を満喫されている。 自動車でカントリーソングを聴いていて、え~~、どうやったらこの英語が聞こえないなんて状況がありえるのか、分からない、、、なんて気持ちになった。 最近、よくサテライトラジオのカントリーチャンネルでかかっているERIC CHURCHの「SPRINGSTEEN」です。 実は、物理的な存在として音は、みんな聞こえているのだろうけど、流れてくる音のどこからどこまでを単位として聞くか、、、を実践していないということだろう。 私はsasプログラミングをする。例えば以下のようなものを書く。 PROC MEANS DATA=ABC; VAR X1; RUN;…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. カズ先生、いつもお世話になります。

    私は統計学の専門家でもなくSASも使った経験はありませんが、カズ先生が言いたい内容は分かります。昔、ある勉強の関係で通っていた統計数理研究所の鈴木義一郎先生が、「数理統計学はあくまでも統計学であって数学の一種ではない。実際に自らいろいろな統計を採る経験を積んで統計のセンスを養わなければ、いくら数学に詳しくても使い者にならない。」とか「学者が説明する内容は、いわば相撲の力士が土俵で付ける前垂らしみたいな物だ。付けていると格好がいいが、実践では何の役にも立たない。」とよく言ってました。結局、大学や大学院で教えられる内容の多くは、(統計学に限らないと思いますが)抽象化された概念を講義したり本を読ませることであり、現場の感覚からは遊離しているものが多いということでしょう。無闇矢鱈と、抽象的な概念(実際は空理空論)をもてあそんで高級な研究をしているような錯覚に陥っているのが、世の似非学者達の常のようですね。この点、日本もアメリカも同様なのでしょう。これはちょうど、英語喉発音のことを、自分で実際に行ってもみないで既存の理論理屈だけを基にして批判する人達と同類ではないでしょうか?

    鈴木先生や赤池先生(AIC:情報量規準の発明者)のような日本が世界に誇る本物の統計学者は、数学的な統計の手段よりも、その内容の意味を考察することが最も大切だと考えていたようです。統計学に限らず、具体的な作業を通して、それを一般的に説明できる抽象的モデルを説明するのでなければ、本当に理解できるはずがないと思います。抽象概念から学生に説明する既存の大学・大学院の講義のやり方は、本末転倒でしょうね。おそらく、それを教える教師自身が、本当はよく理解できていないのであると思います。難しそうなことを書いたり喋っていても、それが具体的に意味する内容は何か、と聞かれると返答に窮してしまう教師は多いです。既存の英語教育理論をもてあそんでいる英語教育者もどき(実際は単なる評論家)も同じでしょう。

    ところで、マルチベクトルモデルというのは、ひょっとして情報科学で言うサポートベクターマシンに近いような統計モデルですか? 日本語で書いた本というのは、何でしょうか?
    SASは一般的なプログラミング言語ではないので、いずれもっと一般的な、例えばPython のような言語でコーディングされたものがあれば、私も使ってみたいですね。オライリーから、その類の本が発行されています。書名は忘れましたが。

    今年もご指導の程、何卒よろしくお願い申し上げます。