Skip to toolbar

逆ギレしたアメリカ人のパパの話

今日、近所のDMV(運転免許関係)に行きました。

モールに事務所があるんですが、朝8時にオープン。かなり長い列ができるので7時半に行きました。それでも50人ぐらいはすでに並んでいました。

さて、並んでいるところの横に子供の遊び場があるんです。マクドナルドとかの遊び場みたいな感じです。

そこで、子供がぎゃ~~~~とか叫びながら遊んでいるんです。遊び場ですからしょうがないんですけど、私としては朝早く起きて、どちらかというとイヤイヤ並んでいるんですから、非常に不愉快でした。

その子達のお父さんはスマホいじりで忙しそうでした。

そこで、40歳ぐらいの女性が、子どもたちに、「君たち、ちょっと静かに遊んでね~」と声をかけました。

すると、スマホ中毒のお父さんがそれ気がついて、、、

逆ギレしました。

「ここは子供の遊び場だ、、、子供が大騒ぎしようがいい場所だ。もしあなたがそれが嫌なら、別の場所に行ったらどうなんだよ」

と。と言われても、DMVに用事があるから並んでいるわけですから、無理難題です。

そのお父さんは、あ~だ、こ~だと文句たらたらでした。

その後も、子供がぎゃーぎゃー騒いていて、うるさいなあとおもって私も並んでいました。遊び場だからしょうがないですね。

さて、あともう一歩で事務所の中に入れるというときに、その逆ギレ親父(30歳前半ぐらい)が、子供3人の手をひいて、私の前ぐらいにいた、例の女性のところに来て、、、、

「あなたは私の子供に文句をつけた。そのことを私の子供に誤ってほしい」

と、来るんです。騒然としました。

でも、周りは、あまり介入すると事態がエスカレートする思って黙っていました。でも、私はその女性が可愛そうだったので、咳をするふりをして、「コモン・センス(考えろよ~)」みたいに声を出してみました。周りの人も、なんだ、こいつ、、みたいに反応していました。

すぐ、警備の人が来て、親父を説得して、帰ってもらったようです。

Related Articles

英語喉で中国の旅 アメリカにいながらにして

クッちゃんと喉やんが、RONさんが中国語を喋っているのを見て、カズさんが中国語を勉強しはじめたという噂話をしています。 [audio:http://nippondream.com/eigonodo/wp-content/uploads/2011/07/kaz_07_29_2011.mp3|titles=kaz_07_29_2011] 週末英語喉セミナーのお誘いです。以下のURLから申し込んでください。日本の日と月の朝になりますが、アメリカ在住のかたなど、受講しやすい時間かもしれません。 http://www.doodle.com/ziiicwc489s3mf8e 皆さんの中には、日本にいながらにして、留学せずに、英語をマスターしたいというかたが多いだろうが、それは可能だ。 もちろん、旅はよいし、留学もよいだろう。場所を変えてみて初めて分かることもある。私もこのあいだ広島に帰省して初めて、広島弁って英語みたい、中国語みたいに喉をしぼるように発声していることに気づいた。 しかし、日本にいながらにして、今、ここ、を外国にしてしまうことは可能だ。MASAさんがそれを証明してくれている。 さて、私もちょっとした工夫で身の回りが中国になりつつある。会社で同じグループ、同じフロアに5人ぐらいは中国語を喋る人がいる。その人達に、私は中国語を始めましたと、とりあえず宣言して以来、毎日、ネイティブの中国語に触れている。そして、そのたびに、頼んでいないのに、新しい表現を教えてくれる。 昨日は、私が、中国人の父さんを持つ同僚に、ニーハオと挨拶すると、なにやら、聞いたことのない返事が返ってきたのだが、それは、今日という言葉に値する表現だった。ジン、ティエン、みたいな表現だ。 ジンは、なにか中国人の名前みたいだな~、ティエンは、「天」らしい、、、ということで、とりあえず覚えてしまった。ただし、ジンのイントネーションは確認していない。 その彼女が、明日は、ミン、ティエンよと言ったので、あ、ミンは明だろうと予測。 イントネーションはまだちゃんと覚えていないけど、一度、本とか辞書で確認したら覚えれるかも、、、というレベルまで来た。 彼女が、中国語では、まず時間の概念を言うのよ、、、と教えてくれる。 へ~~~。 もしかしたら、中国語の動詞は、現在も過去も同じ形を使うから、最初に時間(今日とか、明日とか)を言ってしまうのかな~、なんて話をした。 すると、彼女が、過去のときに、ラ~ってのを加えることがあるんだけどね、と言った。これはまだ自分には無理だなと思ったが、うっすらと覚えておいたら、次にぶつかったとき覚えられるだろう。 中国語は、四声とかいうのがあり、同じ1シラブル・1漢字の言葉でも、音程の上げ下げ具合で4種類ぐらいある。 私は、それがはっきりしないとその単語を覚える気にならない。しかし、日本語でも音程を変化させると意味が変わるので、納得はする。 日本人は、高校受験や大学受験でとりあえず、カタカナ発音プラスありもしないアクセントの位置を丸覚えし、そのあとで、覚えなおすという気の遠くなるような作業をしている。 私は絶対それはいやだ。 さて、会社が終わって、駅にあるいていたら、私よりちょっと年上かぐらいの中国人らしい女性が同じ方向に歩いている。同じ会社かな?と思ったのだが、もしかしたらネイティブ中国語会話のチャンスかと思い、 暑いですね~ と英語で言ってみる。 すると、あなたは中国人ですか?と英語で質問してきたのだ。 な~るほど、私は、「角刈り」+「懸垂」+「たんぱく質補給」+「かかとに重心をおいて歩く(ネイティブの標準姿勢、英語喉29ページ参照)」、、、…

言語は深いのか、簡単なのか?

言語学者の先生たちは、言語が限りなく深い存在であるとする。 しかし、英語喉をやっていて思うのは、発音とか聞き取りに関して言えば、一番、首の底で楽にして発音していれば、もっとも正しい英語になるということだ。しかし、言語学の先生達は、言語は深い、色々ある、多様だ、、、などという方向に持っていきがちだ。 しかし、例えば、子供であれば、海外に来て、1年もたたなくても、ぺらぺらになる。 その現象をみて、英語喉パラダイムだと、ね、外国語習得って簡単でしょ、、、となるが、言語学者が同じ現象を見ると、言語習得の臨界期以前に外国に行くと、習得が早い、、、となる。臨海期などという概念を持ち出すから、また脳というものを神秘化してしまう。 <実際は、例えば、日本人の小学生が亜米利加の学校に行きだして、英語を聞くときに、シラブルを正しく聞いているから、英語を覚えるのが楽なのだ。4歳だった私の姪にSPRING ROLLって言ってみてとみたら、SUPURINGU RORUと絶対に言わない。そのまま、シラブルを正しくSPRING-ROLL(2拍)で繰り返す。逆に、5歳でSUPURINGU RORUと言ったら気持ち悪いだろう。子供は聞いたとおり言い、覚える。しかし大人だって、シラブルや喉発音を覚えれば、英語を英語のまま覚えるだろう。> 私は、この言語学者のパラダイムは、その言語学者さんたちが、英語をはじめとする、外国語ができないからそういう発想にいたるのだろうと考える。 実際できてしまうと、非常に発音にしろ、聞き取りにしろ簡単であることに気づく。 これはギター演奏でも同じだ。指を一定の規則のもと+センス・フィーリングで動かすのだが、非常に単純な音楽の仕組み(相対音感による)がある。 ギターが弾けない人にとっては、これは分かりにくいだろうし、できないから、ギタリストが生み出した結果としての演奏の細かいところを見て、色々なルールをつくるかもしれない。 しかし、メロディーを生み出す側、ギタリストの側から見ると、実は、結構、シンプルなものにもとづいて生み出しているのである。 運転と同じだろう。どんなに自動車の動きが複雑に見えようと、結局のところ、ハンドル+アクセル+ブレーキだけで全てが説明できてしまう。運転している立場から見ると。しかし、運転の出来ない人には、そう見えないかもしれない。 天動説の時代、宇宙の星の動きが過激なほど複雑に見えたのだろう。しかし、地動説となり、一挙に、星の動きはシンプルに理解されるようになった。 英語の発音や聞き取りも同じものだ。一旦、出来始めると非常にシンプルで、口や喉が一番楽なように使うと、例えばだが、BETーTERのTTのところが自然とBETーDERのようになる。これは英語喉で解説している。だらんと口や喉をしておくと、二番目のTのところだろが、舌を口の屋根からはずすだけになるので、日本人が普通期待する威勢のよいTの音にならず、アメリカの発音と同じで、だらけたようなDのような発音になる。 英語には、というか、言語にはシラブルがある。そのリズムにのって聞けば、つかみ所のある音声が聞こえ出す。何が最小の音の塊かを教えてくれるのがシラブルだ。英語をテレビなどで聞くとき、音量をあげて、テレビ機に手をあてれば、シラブルの響きを、びりっ、びりっ、びりっ、と感じることができる。 NHKの英語番組などでは、あまりにナレーターが、おおげさなので、音程のほうに、集中力がいきがちだ。それでも、シラブルのリズムを消すことはできない。こちらで20ドル払ってテレビジャパンというのを見ているが、英語番組のCHAROと、日本人の子供向けのショーのノリが同じだ(ものすごいはしゃいだような人がでてきて、音程を上下させて喋る)。 上で書いたように、テレビをつけておいて、テレビ機に指を触れると、感じれるほどシンプルなもの、それがシラブルであり、日本人が200年無視し続けたものである(いや、明治時代の日本人が英語ができなかったと私は決め付けているが、そのあたりはどうだったのだろう?)。 当然、シラブルを知らなければ、英語の音が変化したり脱落したりしているように聞こえるだろう。しかし、シラブルを知り、その読み方である3ビートをマスターすれば、え?リエゾンって何?となる。全て聞こえるので、変化だとか、脱落だと言われてもわからんのだ。 脱落とか、音の変化とは、英語が分からない、聞こえない日本人が、英語が分からないことの理由として編み出した概念であろう。実際、英語が本当に聞こえていたら、そういう感覚を持つとは思えない。 ところが、英語ができてみると、日本人以外の外国人は、韓国人も含め、結構、普通に英語を喋っていることに気づく。いつまで、言語習得には臨界期があるというような説を、データ検証なしに、サポートするのだろうか??? と一般人は思うかもしれないが、よーく検証してみると、言語学者は、別に臨界期というコンセプトをまじめにサポートしているわけではない。そもそも、そういう研究をされていないと思う。 ただ意見を求められるから、そういうコンセプトを紹介しているだけではないだろうか。思うに、英語教育において発言している言語学者さんたちは、英語教育が専門などと思っていないと思う。ただ、人から意見を求められるから、参考にという感じで発言しておられるだけではないだろうか??? 皆さんに、言いたいことは、発音ができて、聞ければ、言語はそれほど難しくないということだ。だから、きっとできるようになる。それを信じて、楽しみながら英語を勉強してほしい。 意味が分からなかったとしても、音として聞こえていれば、勉強していても楽しいと思う。そのうち、分かるようになります。…

月に2回のベトナム出張 アメリカにいながらにして

英語喉SKYPEセミナーに興味のあるかた、ぜひご連絡ください。詳細は、上のメニューのところから見てください。以下は、土曜日の夜のボランティア(無料)15分SKYPE講座です。 http://www.doodle.com/cmyr2xc7vnyd5dci ついに、フラットトップにするのは、これで4回めになった。 この切れ味がやめられない。髪の伸びるのが速いために、2週間たつと、ただ単なるボウズ頭の髪が伸びた感じになってくる。すると、どうしても、床屋に行ってしまうのである。理髪料は13ドルと安めな点も魅力だ。 この髪にする前は、韓国人と間違えられることが多かった(ちょっとオバサン的な髪の雰囲気)。この頭、フラットトップにすると、フィリピン系の兵隊っぽくなる。ちょっと髪が伸びだすと、(私の勝手な印象だが)微妙に中国人っぽくなる。実際、アメリカに住んでいる中国人男性の若手の技術者系は、そういう感じの髪が多いような印象だ(長めのボウズ頭っぽい)。 自分がどちらかというと技術者系であるために、軍人系のほうが、かっこよく感じるので、フィリピン系軍人っぽい度合いが減ってくると床屋に行きたくなるのである。 さて、昨日も、いきつけとなったアンディーズバーバー(なんとかっこいい名前だろう)に、アポなしで突撃。ベトナム系の若い衆が2回しか行っていないのに、お、日本人の人がまた来たぞ~という感じで、その場が騒然とするのである。 日本はどうだったか?その髪型への反応はどうだったか~?と聞いてくるのは、第1回のときに、日本では、恐い髪型であると私が言ったことを覚えていた理髪師さんである。 さて、バリカンでがんがん髪を落としていくのが気持ちいい。会話はもちろん、ベトナムの料理と文化である。今回は、2回目にやってくれた人にまたしてもフラットトップにしてもらう。 注文は二言だけだ。 フラットトップで横は1で頼む。 1とは、バリカンのさきっぽにつけるプラスティックのガードの単位であり、もっとも薄くなるのである(写真を参考に)。 いや1以外のフラットトップは考えられない。1以外だと、すぐに髪が伸びて、長めの坊主頭っぽくなってくる。フィリピンの精鋭部隊のメンバーと間違えられるぐらいの、シャープさを保つためには、1しか考えられないことを皆さんも覚えておいてほしい。 実は私は、これまで3回フラットトップにしているが、そのたびにおどおどしていた。本当にしてくれるのかな、勘違いしてボウズ頭にならないかな、、、などと。しかし、4回目になると、要領は分かっている。 俺は、第1回のときに、ベトナムラーメンの食べ方として、でてきた調味料などを全て入れるとうまいんだというアドバイスをもらったのだが、それを実践したことを報告。 とても喜んでくれている。 日本では何を食べるんだ、、、ベトナムではどうだ~?なんて会話だ。 今回、ベトナム文化について新しい知識を得た。 まずベトナム人は肉を調理するときに、よ~く料理するらしい。だからレアなんてなさそうだ。日本では、生魚を食べるんだという会話から派生したものだ。 さて、ベトナムラーメンだが、あれを朝食べるらしいのだ。え~~~、そんなことありえるのか?でも、確かに、俺も、昔、大阪の京橋の高校で教師をしているときに、立ち食いうどんを朝食ったことがあるが、結構、いけたな、、、ってことを思い出す。 さらに、ベトナム風サンドイッチというのがあるらしい。これは、試してみないといけないと言うと、近所の店の名前を場所を書いたメモを渡してくれたのである。 これは、おそらく私が本当に、興味を持って、ベトナムの食べ物や風習について聞いているから、具体的にアドバイスや情報をくれるのだと思う。 ベトナムでは朝、モチをくうというのだ。ライスケーキと呼んでいた。ベトナムなまりで、ライケーみたいに聞こえるのだが(ベトナムなまりはシラブルの最後の子音を弱く発音しているように私には思える)、英語喉で3ビート・シラブルを確実に聞いている今の私には、ベトナムなまりでさえ理解できる。 それが、日本風のモチナのか、饅頭みたいなモチなのか、パン風のモチなのか、、、気になってしょうがないので、真剣に彼のモチの描写を聞いてしまう。 そんな好奇心が、彼の心に通じたのだろう。そんな話をしているときに、ちょうど横で暇にしている理容師さんも、ちょくちょく話に入ってくる。…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.