FBのあるグループで投稿してみた記事

この10年ぐらい、思っていることを書いてみたいと思います。

なぜ日本人は英語が苦手なのか、、というふうな言い方があり、個人的にはこれは正しいと思います。私はアメリカに26年ぐらいおりまして、英語は日本語と同じレベルになりまして、ネイティブ同士の会話だろうが映画だろうが、普通に聞き取れます。

私の意見となり、恐縮ですが、日本人が英語が苦手なのではなくて、日本の人口が集中している関東地方の日本人のかたがたが特に英語が苦手なのだと思います。

それは、発音と聞き取りという面で標準語と英語がかなり違うからだと考えています。

茂木健一郎氏の話すペースの早くて、声が甲高い感じの英語をイメージしていただきたいです。あるいは落合信彦氏の息子さんの話す英語とか、皆さん、関東地方のご出身です。

一方、私のような広島人とか、地方出身者は方言を話しますが、方言は音の響きなどが英語に似ているがために、英語を聞いたときに、どちらかというと聞きやすい。

小林克也氏(広島出身)が頭に浮かびますが、ソフトバンクの孫氏とか、大前さんとか、元総理のだみ声のかたとか、島根県出身の元首相とか(名前がでてきません)。GAKTという歌手さんも沖縄出身ですが、語学に堪能のようです。

私は大学生のころから英語が上手だとか発音がアメリカ人みたいだとか言われ続けて今にいたるのですが、この10年ぐらいで、それは自分が広島弁話者だからではないかと考えるに至りました。

(おそらく関連していると思いますが、人の名前の読み方の抑揚が広島弁と英語で同じです。「ひろこ」、「あきら」、「まさこ」とか。私自身、英語テストのアクセント問題で苦労したことがあまりありません。広島弁話者として楽な言い方をすれば、だいたい合っています。)

英語の学習は音から始めるのが効果的だと考えていますが、関東地方の生徒さんの場合、まず広島弁などの、ダラ~~ンとした感じの発声をまねてた後で、英語に取り組むとよいのではないかと考えています。

例えば広島では

あんたあ、なんしょ~ん?

といいますが、それを言う感じで、

What are you doing?

と言えば雰囲気がかなり似てきます。

言い方を変えると、英語以前の問題として、同じ日本人でも、発声方法が違うのではないか、、ということがあるのではないでしょうか?シラブル構造からして違いますね。

標準語 VS 広島弁(例です、、他の方言でもかまいません)

なにをしていますか VS なんしょ~ん

ダダダダダダダダダ VS ボ~ンボ~ン

で、ここで最後のオチとなりますが、英語を含む多くの外国語のリズムはまさに、この方言と同じで、ボ~ンボ~ンボ~ンボ~ンというリズムだと、、主張しています。

Related Articles

英語喉仮説 西日本人が英語が得意説のまとめ

英語喉仮説であるところの、「西日本人は英語が得意」説をまとめてみます。 ただ、英語喉をご存知ないかたで、「英語が下手糞なのに理屈ばかり並べおって、、」と思われたら困るので、まずは、自分の英語を晒します。 http://www.nippondream.com/file/kiso_eigo_04_27_2016.MP3 直接リンクならこちら。 それでは始めますね。 TWITTERで寺沢さんという社会言語学者のかたが、「(本当に)日本人は英語が苦手か?」などを、データ検証されているということを知り(本はここ)、それがきっかけで、以下をまとめました。 仮説1 西日本人は英語が上手になりやすい。 仮説2 東日本の人もまずは西日本方言の発声法を真似れば、英語が上達しやすくなる(あるいは東日本で英語が上手な人は、声が西日本人的)。 理由 a)西日本人は元々の方言が、英語(や諸外国語)に似て、発声位置が深い場所であるために、英語の音を聞きやすい。西日本方言は、まるで動物がほえているような感じで発声するが(例 NHK朝ドラ マッサンの広島弁)、これは英語に似ている。一方で、標準語・および東日本語は口先で硬い音を出している感じ(まさに日本語英語のような感じ)。さらに西日本人は動物がほえるように発声していることで、声が線的につながっている(これは英語話者と同じ)。注:東北弁も声がつながっているように思えますが、、。 b)シラブル構造も似ている。東日本語話者のシラブルはシラブル内での音程が平ら(ただし、シラブルごとの音程は違う、、例 「わさび」だと、「わ」の内部は音程は平坦だけど、平仮名ごとに音程が違う、、、ちなみに、広島人は国語の時間とか校内放送には、そのような読み方で朗読をする、、、そういうのが標準語だと信じているため)。 一方で、西日本方言のシラブルにおいては、英語や中国語と同じで、シラブル内に音程の変化がある。広島人が「じゃけん」と言った時の「じゃ」には、独特の音程の変化がある。さらに、西日本方言のシラブルは、中国語に似ていて、英語にもそう遠くない(広島弁の例 じゃ けん のお~)。 聞き取りをキャッチボールにたとえると、西日本人は、シラブルの内部が変化球っぽい英語ボールでも、普段つかっている方言と同じなので、シラブルのリズムつかみやすい。東日本人は、シラブルの内部で音程が変化するなどと、思ってみたこともないし、逆に、シラブルの真上にアクセントがあり、強く読んだり弱く読んだりすれば、英語が聞こえるに違いないという思い込みがあるので、そのシラブルごとの強弱、シラブルごとの音程の上下にとらわれて、英語ボールをキャッチしにくい。 これら二つの理由で、西日本人にっては、英語が聞きやすく、また発音もしやすいため、英語を比較的楽にマスターすることができる。東日本語話者も、発声法を西日本人的にすれば(とりあえず、マッサン)、英語が聞こえやすく発音しやすい。 西日本人なら全員英語ができる、、ということはありませんが、英語でコミュニケーションができる人を思い浮かべるとだいたい西日本人、、か、あるいは地方出身者。 その他、西日本の方言が英語に似ている点 c)息使い。英語は、肺から息が減るにつれて、だんだんと(株価がおちるように)、音程が落ちてくる。西日本の言語も同じ。一方で、東日本弁、特に標準語では、肺に残った息の量とは関係なく音程が激しく上下する(注 東日本全体でこれが言えるかは未確認)。勝間さんの日本語など良い例かも(音程がかなり上下します)。 西日本人にとって、英語ネイティブが喋っているときに、その息の使い方、音程の落ち方が方言と同じなので、どこで話が終わるかが分かりやすく、話しだしやすい(会話に加わりやすい)。 <電話番号を西日本人が言うと、音程がだんだんと落ちてくる。標準語の感覚では、「やる気がない」ようなオーラを発する。> d)喉の深い位置から発声していること、息も比較的多く使うことから、西日本人は声が大きい、、、という点でも英語ネイティブに似ている。声が大きいので、外人にシャイだと決め付けられにくく、国際コミュニケーションがとりやすい。 さて、微妙な問題としては、東北弁は、結構、英語的に、音がつながっているように感じること。近畿地方は、少しだけ、標準語に似ていて、音程が小刻みに上下するように思われる。また、発声法も硬い人もいる、、、が基本的には、西日本の方言に属すと考える(喉が開いている感じの人が多いため)。北海道も声に英語に似た透明感がある印象(笑う時の声で話しているイメージ)。 さて、では西日本人が全員英語が得意なのかというと、そうではないでしょうが、それは、英語教育の方法が都会で発達したために、どちらかというと東京型の認識が公教育にとりいれられており、例えば、英語の音の強弱が大切だという「言説」に基づいて、西日本人も、アクセントの位置を覚えている。実際は、方言の要領で聞いたとおり言えば済むことなのに。実際、西日本人でも英語の先生となると、甲高く、日本語っぽい英語を話してしまう人も多い。 線引きは難しいですが、もし、皆さんが、兵庫県を含む、兵庫県から西のご出身であれば、確実に喉発音ができるはず。近畿圏は、喉発音と口発音が混在している地域です。以下を試してみてください。近畿地方は、喉発音と口発音の混在が見られると思います(人による)が、その他の日本人と同じで英語が上手な人が多いです。…

ふと思う、、、なぜ他の人は、、???

昔アメリカで出会った日本人の知り合いが、SEE YOUと挨拶するときに、「すい~ゆ~」と発音していて、え?なぜSEE YOUと言わないのかなと頭をかすめたことがあります。でも当時、ネットがなかったので、そもそも、日本人が英語が苦手だということを知らなかった、、、。でも今思うと、なぜ自分は英語ができたろうのだろうと考えることができる。なぜ、SEE YOUを「すい~ゆ~」と発音しているの?と深く考えることがなかったのだが、結局、自分以外の日本人は当時英語を音として聞いていなかったのだろう。 同志社のときに、2年アメリカにいて帰ってきたESSの先輩がいて、先輩、聞き取り完全にできますか?と聞くと、「日本語でも分からんことがあるのに、できるわけない」とおっしゃったが、先輩も結局、英語が聞けていなかったのだなと思う。今思えば。 ttp://blog.with2.net/link.php?709532:1932 英語の音の深い部分を聴き、シラブルを大切にしながら英語を聞いているので、100%聞き取れるし、アメリカに住んで長いのもあり意味も100%分かるのだが、一つ悩みがある。 それは、日本人は英語をそもそも音として聞けていないが、他の人類は、ノンネイティブでも音としては英語が聞けているのだ、、、という点を言っても、英語が聞けない他の日本人に理解してもらえないことだ。 野球のイチロー氏が10年以上アメリカに住んでいても通訳を使っているのは、英語が音として聞けていないからだと思うのだが、そのことと対照的に、アメリカの体操競技のコーチをしている中国人達が普通にアメリカ人とコミュニケートしている。 アメリカの会社で働いていて、日本と全く関わりのない仕事をしている。中国と韓国にもまったく関係のない業務の会社だ、、、が、中国人と韓国人はたくさんいる。当たり前のように英語を聞いて、会議中に、英語に苦労して辞書を引いているひとは一人もいない。 それは、中学校で英語を勉強しはじめたとき、いやそれ以前から、自然現象としての英語の音は聞こえている。  それはシラブル構造がだいたい英語も中国語も韓国語も似ているからだ。 私自身、大学時代から、英語が正直なところぺらぺらだった。なぜか大学の1年でESSに入ったときから、全然、苦労していない。いや、高校で初めて、アメリカ人と話したときでも、ぺらぺらだった。アメリカではマイケルジャクソンはMAIK-KEL-JACK-SONだけど、日本語ではMA-I-KE-RU-JA-KU-SONですと言い放ったことを今でも覚えている。なんでそんなことが17歳のときに分かったのか???それは、きっと小林克也のベストヒットUSAを見ていたからだろう。 もちろんジーナに、その子音ー母音ー子音が全ての英語の発話に現れることを聞くまで、シラブルなんて考えたことがなかった。 よく考えると、シカゴで大学院にいっていたころ、昔はネットがなかったので、他の日本人が英語で苦労していることをあまり知らなかった。 なぜ自分が当時から英語ができたのか、、、今考えると、それは自分が広島出身で、広島弁のシラブルが中国語や英語に似ていたからだと分かる。 じゃ*けん*のお~~ というまるで中国語のようなシラブルのリズム、、、そして、そのリズムは英語と同じ。 じゃ、広島だったら、誰でも英語ができるのかということになるが、広島弁のリズムと英語のリズムが同じで、あんまり「学問的」にごちゃごちゃいわなければ、自然にできるようになるだろう。 あと、中学のときに英語の教科書よりも、ドリル教材のほうがぴんときた。教科書はごみのようにごちゃごちゃ表現がでてきて、そこから文法項目を引き出すかたちだ。ドリルは、その項目の大切な文法点がまずあって、例文がのっていた。 私はその文法のポイントを理解し例文を覚えた。 よく考えると、私がとったやりかたは、日本人以外の世界の人々がやっているやりかただ。アメリカ人で日本語を勉強している人たちは、そういうやりかただ。 日本はまずテキストを読み、訳し、そこから先生が説明を加える。しかし、これは、先生が活躍するフォーマットで、生徒は先生の話を聞かないと、理解できない仕組みになっている。 ところが、私がやったやりかたは、先生を必要としない。文法はすっきりしているものだ。そして例文を理解し、覚える。 先生がいらない。 まるでギターを独学で覚えるときのようだ。 ただし、このやりかただとテストで良い点がとれない。中学のときの英語の成績は10段階で7だったと思う。これは自分でもやや意外だった。高校に入っても、英会話のNHKラジオを聴いていたし、洋楽も聴いていたので、英語は好きだという感覚があるのだが、成績はトップにならない。あるときに、成績トップの友人がこう言った。テスト前に教科書を何回も暗記するまで音読せよ、、と。それをしてみると、実際、テキストを暗記することになり、定期テストで満点近い点がとれるようになった。 な~るほど、成績トップの人たちは丸暗記しているのか~~と気づいた。実際丸暗記するとテストの点がとれる。それはそうだろう。先生は教科書をベースにテストを作っているのだから。しかし、学校の成績が良くても、実際に英語が喋れるかどうかに関係しにくいのは、丸暗記した知識は、実際に英会話をして使っていないと力に結びつかないではないか?と思う。それは高校のときだったのだけど、そのときに、「な~るほど中学で英語の成績のよかった友人たちは丸暗記してたのかも」と思ったのでした。 しかし高3のときになると英語の定期テストの勉強はやめた。あえて普通に英語の勉強をしておけば、定期テストの問題もとけるはずだと思ったからだ。一般的な受験勉強をしながらも、短波ラジオでVOICE OF…

チャブロックマック琉球学園 ナオキ屋氏 またしても快挙

KATSUさんが、BLOG、英語喉物語にて、紹介されておりますが、<http://ens-katsu.blog.so-net.ne.jp/archive/20120118>、FM読谷(よみたん)で放送中の、チャブロックマック琉球学園にて、 パーソナリティーのナオキ屋氏が、アメリカ人のマイクさんをゲストに英語で放送をされているのでした! KATSUさんの紹介を引用しますと、 日本のラジオ番組で唯一「英語のど」のコーナーを持っているFMヨミタン「チャブロックマックの沖縄琉球学園」 昨日の番組では、パーソナーのナオキ屋、そして助っ人の鶴亀堂ぜんざいのヒデキさんと一緒に、アメリカ人のマイクさんをゲストに招いてかなり盛り上がっています。(ナオキ屋とは中学校からの友達^^) 引用終わり しかし、おもしろいですね~~~。ナオキ屋さんとマイクさんの会話がむちゃおもしろい。まじで大爆笑しました。25分あたりで、ナオキ屋さんが、「日本人のガールフレンドをつくるなら、、、」なんて、マイクさんにふったら、「うちの嫁はんが、ゆるしてくれるのならですが、、」みたいな、オオボケをかまし、ボケまくりの発言を連発し、それを受けるナオキ屋氏の受け答えが、また、面白かったです。 http://www.ustream.tv/recorded/19820668 というわけで、ついに、日本で、帰国子女じゃない日本人が、ネイティブを普通に相手にする番組が登場しました。 なんか、マイクさんが、むちゃくちゃ突っ込んでますね~。 日米の歴史においても、珍しいことですね。ついに、帰国子女じゃない日本人が、アメリカ人と、ボケとツッコミの応酬している。日米史上、初めてに違いない。 ナオキ屋さん、We ARE SO PROUD OF YOU! Mike, you are so funny. Please keep asking tough questions to Naoki-ya!

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Skip to toolbar