Skip to toolbar

FBのあるグループで投稿してみた記事

この10年ぐらい、思っていることを書いてみたいと思います。

なぜ日本人は英語が苦手なのか、、というふうな言い方があり、個人的にはこれは正しいと思います。私はアメリカに26年ぐらいおりまして、英語は日本語と同じレベルになりまして、ネイティブ同士の会話だろうが映画だろうが、普通に聞き取れます。

私の意見となり、恐縮ですが、日本人が英語が苦手なのではなくて、日本の人口が集中している関東地方の日本人のかたがたが特に英語が苦手なのだと思います。

それは、発音と聞き取りという面で標準語と英語がかなり違うからだと考えています。

茂木健一郎氏の話すペースの早くて、声が甲高い感じの英語をイメージしていただきたいです。あるいは落合信彦氏の息子さんの話す英語とか、皆さん、関東地方のご出身です。

一方、私のような広島人とか、地方出身者は方言を話しますが、方言は音の響きなどが英語に似ているがために、英語を聞いたときに、どちらかというと聞きやすい。

小林克也氏(広島出身)が頭に浮かびますが、ソフトバンクの孫氏とか、大前さんとか、元総理のだみ声のかたとか、島根県出身の元首相とか(名前がでてきません)。GAKTという歌手さんも沖縄出身ですが、語学に堪能のようです。

私は大学生のころから英語が上手だとか発音がアメリカ人みたいだとか言われ続けて今にいたるのですが、この10年ぐらいで、それは自分が広島弁話者だからではないかと考えるに至りました。

(おそらく関連していると思いますが、人の名前の読み方の抑揚が広島弁と英語で同じです。「ひろこ」、「あきら」、「まさこ」とか。私自身、英語テストのアクセント問題で苦労したことがあまりありません。広島弁話者として楽な言い方をすれば、だいたい合っています。)

英語の学習は音から始めるのが効果的だと考えていますが、関東地方の生徒さんの場合、まず広島弁などの、ダラ~~ンとした感じの発声をまねてた後で、英語に取り組むとよいのではないかと考えています。

例えば広島では

あんたあ、なんしょ~ん?

といいますが、それを言う感じで、

What are you doing?

と言えば雰囲気がかなり似てきます。

言い方を変えると、英語以前の問題として、同じ日本人でも、発声方法が違うのではないか、、ということがあるのではないでしょうか?シラブル構造からして違いますね。

標準語 VS 広島弁(例です、、他の方言でもかまいません)

なにをしていますか VS なんしょ~ん

ダダダダダダダダダ VS ボ~ンボ~ン

で、ここで最後のオチとなりますが、英語を含む多くの外国語のリズムはまさに、この方言と同じで、ボ~ンボ~ンボ~ンボ~ンというリズムだと、、主張しています。

Related Articles

英語の授業でできる工夫 方言をとりいれて英語のシラブルを教える 広島弁編

まずはよい知らせから。おかげさまで、機関銃英語が聴き取れる(三修社)が増刷になります。これで5刷めになります。 過激な応援のおかげです!ありがとう。 さて、、、  KATSUさんや、沖縄琉球学園さんのメンバーと意見交換をしているうちに、あれ?広島弁って中国語みたい、、、ってのに気がついた。それどころか、日本の多くの地域でも、中国語みたいに日本語を喋っているところがある場所があるはずだ。沖縄はそうらしい。実は、どこでもそうで、いわゆる標準語が違うということなだけなのかもしれない(東日本の皆さん、教えてくださいね)。 さて、広島の英語の授業がこんなだったら、シラブルの意味がよく分かるのではないか?という提案をしたい。広島だけでなく、多の地方の人も、ぜひ方言を使ってやってみてください! まずは英語の表現を選ぶ。例 何をしているの? WHAT ARE YOU DOING? 5シラブル それにあたる方言(広島弁) アン*ター*ナン*ショー*ルン 5シラブル という具合に、シラブルが全く同じ数の表現を工夫して作文する。そして、この二つを読む練習をすれば、シラブルの意味がよく分かると思う。体で感じることで分かるだろう。 <この例文だが、「あなたは何をしていますか」と直訳する必要はないのではないか。私は中学、高校と、英語を勉強するとき、直訳は無視していた。意味がわかったら納得するだけ。試験でどうしても訳すときだけ、訳していたが、意味が分かれば、別に、普段から訳す練習をする必要はない。> さて、その他の例をあげておこう。 Really? 2シラブル ホン*マー 2シラブル   That is why … 3シラブル ホ*ジャ*ケン 3シラブル   See I told you so 5シラブル…

インターナショナルイングリッシュというのはよろしくない+i_ とu_の発音のコツの音声指導

さて、まず、高校3年生(今度、大学生)のDERWENTさんがBLOGをやっているので、紹介。 http://blogs.yahoo.co.jp/syadou005 なんでも、もともと喉発音っぽく日本語を喋っていたので、喉発音への移行が楽だったとか。そういう人は多い。アキさんもコメントしてくれているけど、中国地方、九州など、ピンとくるのが楽かも。そもそも、中国語みたいなシラブルで日本語をしゃ*べ*りょー*るん*じゃ*けん*のー。だから広島弁でタイプしても、漢字変換無理だ。 次にi_ とu_の発音方法のコツを説明した音声をとりましたので、参考にしてください。どちらともゲップエリアの音です。 コツはi_は、まず日本語のイを言っておいて、それをそのまま首の根元までおろしていきますが、根元あたりでちょっと言うのが苦しくなってきますので、楽になるような感じで響かせて、かつ音をマネながら、発音するとi_を言いやすいということです。u_も同じで、ウを下げていき、楽になるような形で響かせなます。音もまねる感じにしてください。楽になるような感じ、、、というのがなかなか説明しにくいです。 www.estat.us/blog/i_u_.mp3 さて、今日は、インターナショナルイングリッシュということについてコメントしたい。ポイントは、私は同意できませんということです。 まずは、まとめから。インターナショナルイングリッシュとはなんでしょうか? 先日紹介した、吉田研作先生の動画に説明がありました。英語にも色々ありますが、個々の独特な英語ではなくて、国際的なる英語というのがあるということです。 さて、http://www.youtube.com/watch?v=ElEeCyxAMCw&feature=related が動画です。そして、11分あたりから見てください。 ネイティブも含む多国籍の人達が喋るときに、生まれるべき、いや生まれる?英語がインターナショナル英語だということです。 アメリカ英語とか、イギリス英語にこだわるのではなくて、国際的に通じえる英語というのが理想という感じの論点です。日本人が、アメリカ人のネイティブの会話を分からなくてもしょうがないので、国際的に理解できる英語を確立?したらいいというみたいな感じです。 そして、吉田先生が言っているのは、日本で英語を教えているアメリカ人、イギリス人、オーストラリア人などが日本人の生徒に英語を喋るときに、だんだん、それぞれの祖国に特有ななまりなどがとれてきて、同じような英語になるということです。そして、吉田先生は、そのことを、「美しい」ことだとおっしゃっています(14分めあたり)。 私は同意できません。まず上のことですが、日本人に対して、アメリカ人やオーストラリア人の英語が似てくるのは、それは、ゆ~くり、単語単語に区切って、流動性をできるだけなくして、おおげさにしているからでてくる英語です。それは、知的レベルの低い相手、例えば、西洋においては犬に対して話すときの英語です。 そのような英語は、NHKの英語番組を見れば聞けます。チャロの番組とか、ハーフの人が出てきて、音程ががくんがくんと上がったり下がったりする英語です。 国際英語が要らない理由は、 1.英語が分からないのは日本人だけ 2.英語はすでに国際言語の要素を持っているので、すでに国際英語である という理由です。まず1から言ってみましょう。日本人が英語が聞けないのはただ一つの理由です。シラブルを単位で聞いていないからききとれません。 I am going to the station を…

本日、日本時間、日曜日、正午、ネットラジオでます!英語喉と機関銃英語 はじめまして!

英語喉スペシャル  7月4日(日曜日)、正午(日本時間) アメリカから聞く場合、東海岸3日夜11時―西海岸3日夜8時 TOEIC満点講師のMORITE2さんのネットラジオに出演します。英語喉について、MORITE2さんと語ります。その最中に、基本を説明しますので、その説明で、皆さんが、英語が音としては聞こえるようになればなあ、、、というのが理想です。    TOEICMORITE2MORITE2 詳細は、こちら。  http://toeicjuken.seesaa.net/article/154617217.html   英語喉と機関銃英語 はじめまして! 本日、日本時間で日曜の正午よりMORITE2さんのネットラジオに参加します。おそらく、その直前に、SKYPEで準備をしていると思います。EigonodoがIDです(MORITE2さんには別のアカウントでSKYPE接続します)。 さて、本日は、英語喉を聞いたのは初めてという人がたくさん、このBLOGを見てくれていると思うので、ちょっと挨拶です。 はじめまして。「英語喉50のメソッド」と「機関銃英語が聴き取れる!」の著者です。英語喉はジーナがアイデアを出し、私が日本語にするという作業によって生まれました。 前からジーナも私も、英語発音を説明することに興味がありました。それで、色々と考えていました。 私はアメリカにかなり長く住んでいます。大学院からだけ考えると1994年からいます。大学院の最初の冬に、神戸地震があったことを覚えています。そのときは、インターネットが発達していませんでしたから、図書館にある日本の新聞で情報を得ていました。朝日新聞のHPがあるということ(朝日どっとこむ)を、日本人の教授に教えてあげたら、ものすごくありがたがられたことを覚えています。1994年というと、日本人がまだメールを使っていなかったころです。 さて、英語喉は、私がこれだけ長くアメリカに住んでいるのに、同僚にWHAT?とよく言われることがきっかけで誕生しました。アメリカの会社に勤めていますが、まわりに日本人がほとんどいません。アメリカ人の同僚に、BUSY?と聞くと、WHAT?と聞き返してくるのです。 あるいは、何か、文を言うと、まだ私が言い終えていないのに、途中で、WHAT?と聞いてくるのです。 実は、その当時でも、私は日本人としては英語ができたほうです。というか、その当時の感覚では、きっと日本人でも自分が一番英語ができるぐらいだろうと思っていました。というのは、シカゴ大学の大学院で博士号を取る過程において、かなりの英語力が要求されたからです。就職活動も英語でこなしました。 だから自分は英語ができると思いこんでいたのです。実際、アメリカ英語なら100%理解できました。ただ、英語を聞いていて、ねむくなったりしたことが多かったです。他の英語、例えばイギリス英語などになると、極端に理解度が落ちました。飛行機の中でみたBEND LIKE BECKAMでは、イギリス英語やインド英語がたくさんでてきて、理解度が落ちました。 あるとき、思い切ってアメリカ人のボスに私の英語をどう思うかと聞いてみたのですが、答えは、「私はあなたの言っていることが理解できる」でした。これはちょっとびっくりしました。「あなたの英語はアメリカ人と変わらない」という返事を期待していたのに、「理解できる」ということで、びっくりしました。 また、いつだったか、私の英語を録音して、ネイティブに聞いてみたら、LとRができていないところがあると言われました。これは本当にびっくりしました。 というのは、LもRも完璧にできていると思っていたからです。少なくとも、舌の位置はちゃんとしていると思っていました。 そこで、英語喉の発案者であるジーナに相談しました。 同僚にBUSYと言ったら、通じなかった、、、と。 あるとき、ジーナが言いました。喉のBACKで発音してみてくれ、、、と。BACK????後ろ?え?喉の後ろって何?とすぐには意味が分かりませんでした。 よく聞くとBACKというのは、奥という意味で、喉の奥という意味です。そこで、喉の奥で、BUSYと言うと(特にイのところ)、正しい音でBUSYが言えました。 その段階では、母音は喉だけど子音は口でしょ?と思っていましたが、実は、子音も喉が大切だということが分かりました。…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.