Skip to toolbar

日本の方言と英語学習の関連について

私の10年の観察によりますと、日本の方言には2種類があります。

DEARという単語(TEARでも、FEARでも構いません)。

英語が学習しやすい方言においては(例 広島弁)、その方言話者がDEARを聞いたとおりに言おうとすると、

DIR (ディーという感じに聞こえます)

と1シラブルで言うことができます。

英語を学習しにくい方言(関東地方の日本語)においては、かなり意識して頑張っても

DI-AR (ディアーと感じ)

で2シラブルになります。

DEARは分かりやすい単語なので一つ選んだだけです。

つまり後者の言語グループではどのような英単語を覚えようとしても、正確には言いにくいことになります。つまり、単語を覚えたと思っていても、少し違って覚えてしまうことになります。

上で上げたDEARはディーという感じの音になりますが、それをディアーと言ってしまうと違う単語になるのです。

他の全ての単語でこの問題が生じます。

英語では、シラブル数が違うと全く違う単語として理解されてしまいます。なまりがあるとか、ないとかいう問題ではありません。

これが、なぜ多くの人が何年も英語を勉強しても通じない、聞き取れないかの理由です。

解決法は、やはり喉をリラックスすることを練習する。これに付きます。

ただ、英語がペラペラ話せるようになるには発想方法も大切ですので、それは私のキンドル本 英語の勘シリーズを読んでください。

Related Articles

英語公用語 ひろゆき 鳥飼玖美子(先生)

英語公用語 ひろゆき 鳥飼玖美子 というキーワードでYOUTUBEでヒットする動画を見た。 http://www.youtube.com/watch?v=P0Lmiy5u60o 鳥飼さんは、立教大学の先生。で見ていて、私自身は、ひろゆきさんの次の言葉に反応した。鳥飼先生のおっしゃっている事柄には、同意できないと思ってみた。 ひろゆきさんは、英語ができるようになったのは酒飲んでいてそうなったという点。 酒飲んでいて、喉がリラックスしたので、発音ができるようになり、また聞き取りもそのお陰でできるようになったのでは。(だからと言って、未成年がお酒を飲まないようにしてください)。 それから、ひろゆきさんが、アメリカではメキシコ人とか、英語を普通に喋っているというような発言をされていて、これは私が言っていることと同じ。韓国人のプロフェッショナルも英語が喋れているとひろゆきさんが言っている。これも私がいつも言っている。 でも鳥飼先生が、いや、できない人もいますよ、、とそれを否定されていた(確かに、私も85歳のヒスパニックのオバアサンで英語が喋れない人に会ったことがあるけど、それでも英語は聞くほうは分かっていた。) 私の感じでは、ひろゆきさんの言っていることがだいたい正しいように思えた。鳥飼先生のおっしゃっていることは、なんとなく20年前にも聞いたことがあるようなことだと思った。どの部分をとっても、日本人が英語ができなくてもよいということにつながる言い訳?みたいな役割を持つ言説だと思う(英語喉革命を経験している人は分かってくれるだろう)。実際、鳥飼先生は、世界には色んな英語があるのだから、日本人は日本人の英語で堂々とやればいいとおっしゃっている(でも、それで通用しないから困っているのに)。 鳥飼先生は、日本語を喋るときに、声を喉であまり切らずに喋っている。これは韓国人の発声法によく似ている。だから英語も得意になられたのではないかと思う。英語がうまい日本人は、必ず声も良い(喉で切らない喋りかた、、声がよく通る、、喉で音を切ると英語が全然通じない)。 しかし、1時間以上の番組で、鳥飼先生が英語を発音されたのは2秒ぐらいだったのだけど、やはり口発音だった。たぶん、先生も英語に苦労されているのではないだろうか?先生のご意見を聞いていて、まあ、結局のところ、他の人たちが言っていることと全く同じなのだけど、先生、英語が本当にできるのかなあ、、、などとタブーなことをまた考えてしまったのだ。 1時間、英語教育について喋って、英語が2秒、、、。なぜにかっこつけないのかな。英語で。わしだったら、3分の1ぐらいは英語になるかもしれない。かっこつけるためだ。自分が英語ができることを示すことで、聞いている人にもやる気をもってもらうとかいうことではなく、かっこをつけるためである。うなづくときにア~ハ~ンとか言って(笑)。 冗談がすぎたか。 聞き取りとか本当にできるのかな、、、。口発音で聞き取りがばんばんできている人っているのかな、、、。 それは失礼なことだと思うのだ(けど知りたい)。だから言い換える。 思うのだけど、英語教育について発言している人達は発言していることが研究に基づいていないのではないだろうか? え? だって、英語教育に関して発言している人たちの業績を見ると、研究の成果であるレフリー付きの論文、それも英語だとベターだと思うが、、、、がないからだ。(鳥飼先生のことではない。知らないから。) えええええ???? 鳥飼先生が、TOEFLの点で、日本人の英語力が低いと決めるのはいかんとおっしゃっているが、これは20年前にも聞いた。というのは、日本人は留学が目的でない人もTOEFLを受けるから、、とか。え、本当かな、、、??? 日本人の英語力と外人の英語力を比べるというような基礎的な研究がなされていないのではないか?さらに、レフリー付きの論文がない。 ない? 音声学をまず勉強してから発言してくださいとかすごんでいる人がいたけど、その人達もレフリー付き論文が皆無である。 以前、あなたの本は一般書であって、学術書ではないとおっしゃったかたがいたけど、その人もレフリー付き論文がなかった(ごめんなさい、こんなとこで引用して、、、堪忍してください。でも読んでらっしゃりませんよね。)。 もうこのことはこれだけでいいません。永久に無視されるので。英語喉革命さんに、不必要なクリティークと言われそう。…

リスニンングを鍛えるための音声をつくりました

さて、リスニング強化用の音声を録音しました。喉の音を聞く、シラブル・3ビートのボンボンボンのリズムを聞く練習です。 www.nippondream.com/blog/renshu_05_02_2011.mp3 皮肉なことに、多くの日本人がモデルとして聞いているアメリカの標準英語が一番、シラブルのリズムを感じにくい英語です。もちろん、聞こえ始めるとあまりにも当たり前のようにリズムが聞こえ、音の細部の細部まで聞こえるようになります。 しかし、かけだしの英語喉実践者にとっては、結構、苦労してしまいます。特に、英語上級者であるほど、知っている単語で気が散ってしまい、本当の音が聞けないという状況が生まれます。 先日も、英語喉実践者とビールを飲んでいるときに、となりにいたアメリカ人のピートさん(仮名)が、普通に英語を喋っていたのですが、英語喉実践者のかたが、ピートさんがなまっていて英語が聞き取りにくいというのです。私にとっては、全然なまっていなくて、普通の英語をしゃべっていました。実践者のかたが、いや、他の人に聞いたけど、ピートさんの英語はたしかになまっている、、、と。 しかし、それは、アメリカ人でも、誰でもある程度のなまりはあるはずですから、そのささいな部分を指していっているだけです。 そのピートさんは全然なまっていなかった。その証拠に、その彼と話していた東アジアのある国の出身者は、まったく問題なしに、ピートさんと会話しているのです。 私の診断では、その英語喉実践者氏は、それなりに、英語がすでにうまいので、聞き取りのさい、逆に細部まで聞きにくくなっているのではないかと思います。 まずは、意味をとろうとして聞くことをやめることです。すると、あちらのほうから意味が歩いてきます。 その練習のためにいろんな音源を合わせて、練習テープをつくりました(このエッセイの最初にURLをコピーしました)。意味をとろうとすることを停止し、喉の音、それからシラブルのリズムに集中してください。 さて、以下が音源です。日本語でも、幼児の喋る?言葉、各種方言(以下では沖縄方言)は3ビート、あるいは3ビートに限りなく近いです。2ビートの例として、茂木さんが英語で喋っているのを同時通訳をされている音源を選びました。標準の日本語が、英語の2倍ぐらいは早く喋られているのが分かります。そして、コックニーを聞き、最後にオバマ氏の演説です。これらの音源をいったりきたりして、耳をリズムに慣らします。 娘1歳半 本を読む http://www.youtube.com/watch?v=x40wTwtjmS8&feature=related 沖縄の方言紙芝居 http://www.youtube.com/watch?v=nBcBFGs_Seo&playnext=1&list=PL66C414F2D6B1CEF8 TEDxTokyo – 茂木健一郎 – 05/15/10 – (日本語) http://www.youtube.com/watch?v=5CcA-ucHKQg Cockney…

英語喉 無料 動画講座

まずは人気投票にご協力を。 http://blog.with2.net/link.php?709532:1932 レッスン1 https://www.facebook.com/photo.php?v=257346711048053 レッスン2 https://www.youtube.com/watch?v=dhVfTnzLmCc レッスン3 https://www.youtube.com/watch?v=uzIYiOo4WrM レッスン4 https://www.youtube.com/watch?v=y8ynLBun46c&feature=plcp レッスン5 https://www.youtube.com/watch?v=sQFeQKZIdBY&feature=plcp レッスン6 https://www.youtube.com/watch?v=F4QpA8NTl_E&feature=plcp レッスン7 https://www.youtube.com/watch?v=xFwpUh7sbxg&feature=plcp

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.