Skip to toolbar

英語ネイティブと日本人の認知症気味の人との共通点

自分は英語を教える際に、英語には英語独特の話し方、話の進め方があるとしています。普通は英語は論理的にというのが主流の考え方ですが、どちらかというと日本でいえば、お年寄りが話す感じで、えんえんと相手を無視して語る感じ。ずばりトランプ大統領の話し方です。

英語喉有料講座の2回めのレッスンで、教えています。


これは英語だけでなく、その他の言語でもだいたいそうだと思っていますが、日本人の大人の話し方だけが、論理的で、短めだと考えています。


ある時、日本で、あるお年寄りと道で出会いましたが、そのおじいさんは、すこし認知症が始まっているようでした。えんえんとご自身の人生を語ってくれました。非常に興味深い話でした。まさに、その話し方が、英語ネイティブの話し方なのです。


つまり、認知症によって、日本人も、人類にとってデフォの話し方に戻っていくのです。

認知症 によって子供の時に帰ってしまうという考え方がありますが、まさに日本語では子供の時と痴呆気味になったときの、話し方が人類のデフォ的な話し方であり、大人の日本語が特殊なのだと私は考えています。

なぜ大人の日本人は人類デフォの話し方をしないのかですが(手短にまとめて論理的に話す人が多い)、それは私の考えでは、日本語自体が日本人にとって第2言語なので、話しにくいのではないでしょうか?


私にとっては母語は広島弁なのですが、標準語のようなものを後で学びました。関東の人にとっても、おそらく子供の話し方と、標準語にかなりの乖離があるのではないでしょうか?


英語やスペイン語では衝撃的な事実といえばそうですし、また当たり前だとも思うのですが、子供の言語と大人の言語が構造的に全く同じです。

詳しくは英語の勘シリーズを読んで頂きたいと思います(右のメニューより)。

とりあえず、今から、英語ネイティブ風に話したいかたは、まるで独り言を言うように英語を話してみてください。

Related Articles

日本語は意味が薄い言語か? 日本語=掛け声論

1236 この週末から1週間ほど帰国しますが、7月の10日(日曜日)の12時半から2時間ぐらい、三羽さんとの対談をネットラジオで放送する予定です。カレンダーに書いておいてくださいね。 さて、 昨日、日本語は掛け声に近く、意味が薄いと言ったが、考えれば考えるほど、たくさん例が出てくる。 例えば、日本のミュージシャンの多くは、日本語の歌詞などどうでもよいのだと思う。これは本当だ。実際、何を言っているか分からない場合が多い。先日、日本語のラップをやっている人がNHK INTERNATIONALのJ-MELOに登場したけど、歌っていることが、分からない。 でも多くの日本人にとって歌が分からなくても、慣れている、そんなもんだと思っているから、気にならない。 昔、浅田彰さんの構造と力という本がはやったが、これも難解な本だが、結構売れたというが、多くの日本人にとって、意味が分からなくてもそんなもんだと思っていると思うから、気にならない。 よく英語教育論で、「発音より内容が大切だ」と言っている人の書き物をみたら、わけが分からない場合があるが、これも、日本人の読者の多くは、「えらい人が言っているのだから、意味が分からなくてもOK」と思ってしまうだろう。 日本語は掛け声的な表現が多いことに気がついたのは、それは、私が会社のカフェテリアを経営している韓国人へしている挨拶がきっかけだった。 あにょはせよ~ かむさはむにだ~ みたいな挨拶をする。 かむさの部分はたぶん「感謝」だと思う。「はむにだ~」は、「します」という意味じゃないかなと想像する。 つまり、朝鮮語では、「ありがとう」は「感謝します」と言うのだと想像する。 これは英語と同じだ。THANK YOUは「あなたに感謝します」という意味がある。 日本語では、「ありがとう」だけど、これは単なる音の集まりであり、意味自体はない。ありがとうというのは、「ありがたい」、「あまりない」という元々の意味があるのだろうか??? しかし、ありがとう自体には、英語や韓国語のような直接的なる意味がない。 日本語の表現の多くは「かけ声」なのだろう。 「あけましておめでとう」かけ声である。「あけまして」は「年があけましたが」という意味だとは思う。「おめでとう」の直接的なる意味は薄いがこれはスローガン的だ。 英語はHAPPY NEW YEARだが、これは文字どおり、幸せな新年を!という意味だ。そういう意味だから、年があける大晦日の日にだってHAPPY NEW YEARと言うことができるし、年が開けて、厳密には正月(アメリカでは1月1日だけ)が終わっていても、最初に人にあったときに言うこともできる。 「あけましておめでとう」は掛け声で、年が明けたときにしか言わない。…

英語喉パラダイムでは英語は「たかが英語」です

数えていないのだけど、これまで二百人ぐらいは英語喉指導をしただろうか? http://blog.with2.net/link.php?709532:1932 同じ単語、文章で教えているので弱点のパターンが見えてくる。 まずは、大阪より東の地域(東日本)と、西の地域(西日本)で違うのは、a_ i_ u_が、すぐできるかどうかだが、西日本の場合、音を聞いて喉をリラックスさせるだけで、できるようだ。東日本の場合は、喉の奥の広げ具合を説明している。 口の動きに連動しているとおもうので、例えば、map のa_だと、喉がリラックスできない人は、口を横に広げたくなる衝動にかられるだろうが、それは、首の底の筋肉が似たような方向に動いていて、首が口が硬いので、それに連動して口も横に開くのだとおもう。 ある友人に、教えたのだが、大阪出身の彼女もかなり硬く、口を広げないでと数回言っても、広げて発音されていた。 これは、コミュニケーション不可能状態だと感じた。なぜかというと、口を広げないでと言っても、口が広がっていたからだ。 あと、コミュニケーション不可能状態だと感じたのは、アメリカ英語以外の発音を覚えているかたに、とりあえず、英語喉で頼んでも、その例えばイギリス英語的な発音を維持して、変えてくれないことが、これまで2回あった。 やっぱりそれもコミュニケーション不可能状態かもしれない。 英語喉は、おもうに、従来のパラダイムを超えてしまっていて、コミュニケーションが不可能になるのかもしれない。 英語喉パラダイム的には、 口を広げずにMAPと言ってくださいと、いっても、広がる場合は、コミュニケーション不可能状態。 でもきっと、従来の考えから見ると、口を広げても、同じような音が出ているので、それを変える必要がない??ということなのかな? 英語喉的には、とりあえず、いままでやっていることを、やめてください、、、というお願いがある。じゃないと、色々、矛盾が起こるのだ。 さらに、英語喉はアメリカ英語のこだわっているのではなくて、ま、とりあえず、物理的なモデル音として、真似してくださいといっているわけで、極端な話、例えば、あ、い、う、え、おを英語風に練習するときに、あえてスペイン語をつかってもいいのです。犬や狼のほえ声でもよい。 今は、COPY KEEP COOL KEPT COAL と英語を使っていますが、スペイン語をもってきてもいい。 英語喉=アメリカ英語とおもわれてしまうが、実際のところ、英語喉のパラダイムでは、「たかが英語」なのです。 i_ が最初できない人にi_ができるようになるテクニックを用意してあるが、これは、効果が個人によって異なる。 このあいだは、i_を言おうとすると、…

会話は、言いたいことを「伝えるためだけ」のものではない

英語喉を4年ほど前にDCで直接指導させてもらったかたが(国際機関勤務)、当時、会議などで、準備をしなくてもいいようになったということをおっしゃったことがある。 http://blog.with2.net/link.php?709532:1932 日本には、たくさんのいわゆる英語上級者がおられるが、英語がネイティブのように喋れるということではなくて、たくさんの語彙を知っておられ、聞こえた英語の断片に基づいて、相手の言っていることを推測しながら、英語を喋られている人もいるだろう。 実際、私の友人は、まさに、その分からない、聞けないことを武器に会話を豊かにしていると言っていた。 もちろん、最初から英語が全て聞けるなら、そういう工夫はいらないだろうとは言っていたが、人生でもう何十年も英語が聞けないことが当たり前でありながら、英語を教える立場である場合、そういう超オカルト的なる方向に進まざるを得ないのかもしれない。 しかし、英語喉で楽になってもらいたいものだ、、、。 いわゆる英語初級者も中級者も上級者も、究極的には英語が聞けない、できない、、、が、語彙力、文法力で対応している。 いや、それに加え、論理力とか、プレゼンテーション力、ディーベート力という分野も、大人を対象とした日本の英語教育では盛んだ。 しかし、英語が音として100%聞こえる世界にいると、そのようなものはいらないことに気づく。 それ以上に、コミュニケーションとは、自分の思っていること(もう、できあがっていること)を、主張するのは、会話の目的の全部ではないことに気づく。 例えば、会議で、どうやったら、仕事を期限内に終えられるのか、、、という質問があったときに、 かならずしも、答えがないときがある。 答えがないので、相手と、ブレーンストーミングをする、、、。そのときに、的確に、思っていることがないことがある。 会議の目的は、必ずしも、主義主張をすることでなく、とりあえず、喋りながら考える、、、みたいな状況がある。 相手と一緒の次元にたって、COLLECTIVEにブレーンストーミングをする状態。 英語喉以前はそれができなかった。だって、言う前に、言うことが完成しないといけない感じがした。そして、「言いたいこと」を英語の訳すので、頭がいっぱいになる。そして、最大のオチは、頭がいっぱいになりながらも、発言しようとするが、会議で、こちらを向いてもらえず、発言が結局できない、、、という状態。もう一つオチを加えるならば、、、結局、英語喉に出会っていなかったら、今でもそういう状態が続いているわけで、きっと、「文法、語彙、ディベート力、文化を理解する力などが大切です」と皆さんに言っていたかもしれない(これが最大級のオチであろう)。 英語が音としてそもそも聞こえていない場合、「ディベート力」とか、「論理力」とかは魅力的な概念だ。 しかし、実際は、会議やプレゼンテーションにそういう意味で準備をする必要はない。スライドはハンドアウトを準備することはありえるが、仕事で、いつもやっていることを、いまさら、論理力で磨くなどという必要はないのだ。 英語が聞けていえれば、ディベートやプレゼンテーションの練習をする必要がなくなる。 実際、日本語によるコミュニケーションにおいては、そういう面倒なことは考えない。 英語が聞けないから、語彙を覚えようとか、ディベートが大切だとか、色々な方向に言説が拡散しているのだと思う。 英語喉で、英語が聞けると、会話というのは、かならずしも、主張のためにあるのではないなと感じる。 英語が論理の言語だとか、主義主張の言語だというのは、完全に勘違いだ。 最近仕事で、よく状況が分からないけど、まず、ま、話してみよう、、、という余裕がでてきて、楽だ。繰り返しになるが、前は、がちがちに準備して、会議で、主義主張をしようとして、でも、結局、周りが私をそもそも見てくれずに議論がすすむので(透明人間化)、結局、発言できない、、、という悪循環にはまっていたのだろう。 そういう意味で、英語喉なしで、日本でディベートやらプレゼンテーションやらの練習をしても、意味がない。

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.