Skip to toolbar

日本人にしかできない?

床に座った状態から片足だけで起き上がれる、立ち上がれるのは、日本人だけである、、、という、非常にショッキングな主張なのですが、動画化し、世界に向けて発信してみました。

30年前ぐらいから私が国際舞台で使用しているネタです。海外の人でできる人は出現していません。が、日本人の場合、当り前のようにできます(ただし、運動をしばらくしてないと、背中が痛くなったりですので、充分注意がいります)。

20年ほど前にエルパソの高校にリサーチで行きまして、たまたま社会の授業を見学していたら、たまたま日本の歴史がトピックでした。先生が私が日本人だということに気づいて、日本の話をしてくれというので、「日本人にしかできないことをします」と宣言して、このネタを披露すると、20人ぐらいいた高校生が次々と挑戦しましたが、惨敗、、、

ちなみに、その生徒たちはヒスパニック系の生徒ばかりでしたが、カバンに、日本語のカタカナで名前を書いている子がたくさんいて、プチ日本ブームだったようです。

会場(=教室)は興奮の絶頂になりました。

今であれば、ツイッターとかで拾いそうなネタですが、私自身が編み出したネタなのかどうか、忘れました。

Related Articles

トーストマスターでスピーチ <音声でスピーチをUPしました、、まだまだ硬さが抜けない、、、>

今日は、会社でトーストマスタークラブがあるので、スピーチをしますが、テーマは通勤の途中に考えます。たぶん、日本人が日本人を見て、なぜ日本人だと分かるのか?というネタにしようかと思っています。前に、数回、アメリカ人が、日本人、中国人、韓国人を見て分かるのか?と聞かれたことがあります。 http://blog.with2.net/link.php?709532:1932 さて、上を書いてから時間が過ぎ、夜になりました、以下が、私のしたスピーチです。まだまだ、硬さが抜けません。今度やるときは、スピーチを始める前に、リラックスするぞと、心に誓って始めたいと思います。 [audio:http://nippondream.com/file/toast_master_04_25_2012.mp3|titles=toast_master_04_25_2012] http://nippondream.com/file/toast_master_04_25_2012.mp3 さて、以下は、上のスピーチをする前、朝に書いたものです。 *** 韓国人と日本人を見分けるのがかなり困難なのですが、まず、韓国人は、こちらでそだっているコリアンアメリカンが多いです。個人的には日系人に会ったことが、東海岸ではなく、1995年あたりに、一人中西部のシカゴで出会ったっきりです。 遠くから見て、日本人だと分かるのは、会話のときに、発話の間、フレーズの間(BETWEEN)で、うなづくことが特徴です。他の国籍の人達は、どちらかというと、相手の発話の途中でうなづいているように思えます。 日本人の場合、遠くから見ていて、うなづきが、 、、、、うんうんうん、、、、うんうんうん、、、 ですが、その他の人の場合は、 うんうんうん、、、、、うんうんうん、、、、 じゃないかなと。あるいは、うなづきが全然ないこともあります。日本人の場合は、うなづいていないことは、ありえないでしょう。 これは、日本語ではフレーズが終わってみないと、意味がわからないからじゃないかと思います。 だから、、、という表現でも、「だ」だけでは意味が分かりません。 ところで、剣道をしていて、練習の途中に頻繁に言う表現で、「ありがとうございました」を私は、「あ~した~」とか、「した~」で省略しています。アメリカ人は、律儀に、「ありがとうございました」と全部言うか、どちらかというと、最初の「ありが、、、」ぐらいまでをはっきり言っています。 「どうもありがとうございました」と全部言っているアメリカ人もいます。 日本人の場合、最後のほうをはっきりいうだけではないでしょうか。 こんにちは、、、を速くいうなら、「ちわ~~す」とか。 英語は発話の頭の方から、意味がぎっしりつまっていることがふつうだからですかね。THANK YOUとか、THANKでもう意味が決定するので。  

わかない、、、、というか何が分からないのかも分からなかった思い出

高校のときに、授業に来ない先生がいた。理由は分からない。 だが、クラスに50人近く生徒がいて、誰も*ちくら*なかった。親にも、他の先生にも報告せず、私達の世界史の授業はほとんどが、自習となった。自習が一番楽しい授業だった。なぜ、だれもちくらなかったんだろうか。 色々理由があるけど、結局、先生がいてもいなくても、授業ってそんなに変わらないということがあったと思う。よく分からんことには変わりがない。それから、試験にもあんまり関係しなかったと思う。試験ってやっぱりあんまり早くから勉強しても忘れてしまう。 で、その世界史だけど、試験は勉強せずに受けても60点はとれた。選択問題だったからだ。 一体なんだったんだろう。 数学の先生は担任の先生だったのだが、なぜか、授業崩壊していたので、誰も聞いていなかったのだが、事実上、これも先生がいてもいなくても関係ない感じだった。 一度、むちゃくちゃまじめに先生の講義を聴いてみたが、さっぱりわからんかった。で質問もがんがんしたが、さっぱりわからなかったのであきらめた。まあ、そのときまでには、「数学は積み重ねが大切だ」という教える側に都合のよい思想に洗脳されていたので、分からないのは自分のせいだと思い込んでいたが、、、。 でも授業崩壊していなくても、結局のところ、そんなに学びには関係しなかった。物理の授業は、聞いても分からないということがあったが、私は文系だったので、先生との暗黙の了解で、私は内職をして英単語を覚えていた。さすがにテストの点は悪かったので、教科書を丸写しすることで単位をもらった。教科書の丸写しは剣道部の後輩に7000円でやってもらった。 国語の授業でも内職で英単語を覚えたのだが、これは捕まってしまった。先生が内職する生徒は大学に通らんと言ったのだが、その学校で私だけが関関同立のうちの3校に受かり、私だけなのに、3人、関関同立も受かったということになって、そのあとで母校が同志社大学の推薦指定校になった。 文系の科目は先生の話を聞かなくても、教科書に書いてあるということがある。だからなぜ眠くなる先生の話を聞かないといけないのかが分からなかったが、そのときは、「人の話は聞く」という、教える側に非常に都合のよい思想に洗脳されていたので、あまり疑問も持たなかった。 理系の科目は先生の話を聞いても聞かなくても分からないという破壊的な状況にあった。だが、家でがんばるとか、勉強はこつこつと自分がやるものだ、、、という、これまた教師の側に都合のよい危険思想にそまっていたために、自分が頭が悪いのだろうと納得していた。 ちょっと時間が切れたのでまた書くが、このあとは、大学に言ってもわけがわからんことばかりだったということ、それから高校教師時代に何かを悟ったという展開になる。  

常に喉の旅の最先端にいるぞ!

まあ、なんちゅーか、英語喉は私の本にみえて、そうでないところがありまして、、、。というのは私が発見したわけじゃないんです。共著者が全部発見しました。 喉から喋るなんて、全然考えてもみなかった。またシラブルなんて考えたこともない、、、。まあ、それなりに60%ぐらいはやっていたのかもしれないが、、、。 そういうわけで、少なくとも、実践することで、喉のたびの最先端にいたいという気持ちはありますが、今日は、そういう意味でも、よっしゃ、成功だ!と思えたことがありました。 同僚のベービーシャワーってのがありまして(説明ははぶく)、まあ、それでちょっと会話しておりました。でそれが終わって、エレベーターにのったら、あんまり喋ったことのない同僚が乗ってきて、「いやあ、あなたは本当に面白い人なんですねえ。あまり話したことがなかったので、知りませんでした。私の夫にも報告したぐらいなんですよ。この間のミーティングのとき、本当に面白かったです」と。 この間のミーティングというのは、私が途中までシャイに話したけど、途中から、「自信を持って話します」と宣言して、小林克也さんのような声にして、大きくしっかり話し始めたら、受けがよかったという件。 おー、これはよい評価ではないか。よーし、喉の実践者は増えているが、まだまだ先頭を走っておるぞ!!! ブログの人気投票です。 http://blog.with2.net/link.php?709532       

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.