Skip to toolbar

英語会話と年齢の話

よく40歳から、50歳から英語会話ができるようになるか?ということを人が言いますよね。

もちろん、英語喉をしてもらえば、何歳からでもできるようになります。

実は、年齢が上のほうがアドバンテージになることがあります。

年齢というより経験の豊富さかと思います。

例えばですが、私は犬の散歩をよくします。190世帯が住むコンドミニアムコミュニティーに住んでいます。3階建てで1階にいますし、会社の仕事をうちからしているがために、犬が要求するたびに外に連れて行きます。

ワンは12歳で、2回もシェルターに「返品」された事情のある犬ですが、おそらくそれは家の中でシッコをしてしまうからだと思います。

ですから、私は2時間に一回ぐらいは、ワン(名前はクレメンタイン)が要求する度に外に出します。1階ですので、外と言っても、すぐそこ、、なので。本格的な散歩はとなりの公園まで歩いて1分、2分なので、それは一日1回程度です。

先日も、外に出しましたところ、いつも出あうアメリカ人の男性、、、年は同じぐらいだけど、見た感じなどが、自分と少し違う感じです。犬の散歩をしていなかったら、話をすることもない感じでした。

よく見ると、去年つれていた犬と違う犬でした。

話を聞いていると、彼の犬も去年死んだそうです。私の犬も同じころに死にました。

犬をかわいがっていたが、死なれてしまった、、というのは、経験ですよね。アメリカ人だろうが、日本人だろうが起こることです。そういう経験を通じて、お互いの心が通じ合います。

そんな時に、難易度の高い語彙を使うとか、文法を使うということは心が通じることと無関係です。

主に声を通じて心が伝わります。

これは犬の話ですが、近所の人に出くわすときには思いやりを込めて挨拶をすることにしています。

皆さんも、英会話をする練習においては、語彙やら文法やらを試す、練習することも大切ですが、まず、声でもって(ずばり英語喉で)心を伝えてみてください。内容は挨拶、、元気ですか?とかでいいのです。

口発音では残念ながら心が伝わりにくいのです。喉、首の奥からできるだけ深く響く声でHow are you?と言ってみましょう。

さて、英語喉の応援は、ぜひ、英語の勘シリーズのゲットなどでお願いします。アフィリエイトで稼ぐ、、なんて良く聞きますが、自分のサイトなのだから、自分の本を宣伝したほうが良いかなと思って、宣伝させていただきます!

コメントもいただければと思います。下のほうにスペースがあります。

https://amzn.to/36eB6Uw

Related Articles

インターナショナルイングリッシュというのはよろしくない+i_ とu_の発音のコツの音声指導

さて、まず、高校3年生(今度、大学生)のDERWENTさんがBLOGをやっているので、紹介。 http://blogs.yahoo.co.jp/syadou005 なんでも、もともと喉発音っぽく日本語を喋っていたので、喉発音への移行が楽だったとか。そういう人は多い。アキさんもコメントしてくれているけど、中国地方、九州など、ピンとくるのが楽かも。そもそも、中国語みたいなシラブルで日本語をしゃ*べ*りょー*るん*じゃ*けん*のー。だから広島弁でタイプしても、漢字変換無理だ。 次にi_ とu_の発音方法のコツを説明した音声をとりましたので、参考にしてください。どちらともゲップエリアの音です。 コツはi_は、まず日本語のイを言っておいて、それをそのまま首の根元までおろしていきますが、根元あたりでちょっと言うのが苦しくなってきますので、楽になるような感じで響かせて、かつ音をマネながら、発音するとi_を言いやすいということです。u_も同じで、ウを下げていき、楽になるような形で響かせなます。音もまねる感じにしてください。楽になるような感じ、、、というのがなかなか説明しにくいです。 www.estat.us/blog/i_u_.mp3 さて、今日は、インターナショナルイングリッシュということについてコメントしたい。ポイントは、私は同意できませんということです。 まずは、まとめから。インターナショナルイングリッシュとはなんでしょうか? 先日紹介した、吉田研作先生の動画に説明がありました。英語にも色々ありますが、個々の独特な英語ではなくて、国際的なる英語というのがあるということです。 さて、http://www.youtube.com/watch?v=ElEeCyxAMCw&feature=related が動画です。そして、11分あたりから見てください。 ネイティブも含む多国籍の人達が喋るときに、生まれるべき、いや生まれる?英語がインターナショナル英語だということです。 アメリカ英語とか、イギリス英語にこだわるのではなくて、国際的に通じえる英語というのが理想という感じの論点です。日本人が、アメリカ人のネイティブの会話を分からなくてもしょうがないので、国際的に理解できる英語を確立?したらいいというみたいな感じです。 そして、吉田先生が言っているのは、日本で英語を教えているアメリカ人、イギリス人、オーストラリア人などが日本人の生徒に英語を喋るときに、だんだん、それぞれの祖国に特有ななまりなどがとれてきて、同じような英語になるということです。そして、吉田先生は、そのことを、「美しい」ことだとおっしゃっています(14分めあたり)。 私は同意できません。まず上のことですが、日本人に対して、アメリカ人やオーストラリア人の英語が似てくるのは、それは、ゆ~くり、単語単語に区切って、流動性をできるだけなくして、おおげさにしているからでてくる英語です。それは、知的レベルの低い相手、例えば、西洋においては犬に対して話すときの英語です。 そのような英語は、NHKの英語番組を見れば聞けます。チャロの番組とか、ハーフの人が出てきて、音程ががくんがくんと上がったり下がったりする英語です。 国際英語が要らない理由は、 1.英語が分からないのは日本人だけ 2.英語はすでに国際言語の要素を持っているので、すでに国際英語である という理由です。まず1から言ってみましょう。日本人が英語が聞けないのはただ一つの理由です。シラブルを単位で聞いていないからききとれません。 I am going to the station を…

英語はノロマな亀である 日本語よりも遅い遅い (皆さん、これ絶対読んでね)

英語の聞き取りに苦労している人が多いが、 英語は日本語よりも遅いということをはっきりと認識してほしい。本当にノロマな亀だ。 だって、1シラブルに普通、少なくとも3つは音を入れなくてはいけないし、二重母音やら、複数の子音が入れば、シラブルがちょっと伸びてしまうかもしれない。 一方で、日本語こそが、機関銃言語である。1シラブルに、普通二個しか音をこめないから、速い速い。 <最近、英語が早口すぎて困っているという人の相談を聞いたが、それは、もしかしたら、英語を2ビート(日本語の要領)で喋っているからではないだろうか?> さて、音声で聞いて、発想の大転換をしてほしい。日本語を早めに言って、シラブルに合わせて、手拍子を打ってみる。速すぎて、手がついていかないほどだ。 ところが、英語ではどうだろう?速めに喋りながら、手拍子を打ってみても、余裕でついていける。 おはようございます、のヒラガナごとに(つまりシラブルごとに)合わせて、手を打とうとしても、速すぎてついていけない。ぱぱぱぱぱぱぱぱぱ。 しかし、GOOD MORNINGは余裕でついていける。3シラブル(GOOD-MOR-NING)なのでパンパンパンと手拍子を打ちながら言ってみよう。HOW ARE YOU?は3シラブル(HOW-WAR-YOU)なので、パンパンパンでいける(シラブルというのは、基本的に子音ー母音ー子音からなる音の塊)。 ところが、元気ですか?は ぱんぱぱぱぱ、、と結構速い、速い。 音声で聞いて確認してほしい。 英語はノロマだ。早く聞こえるのは、文字通り、MとかKとかAとかの個々の音を聞いて、それを処理しようとしているからだろう。 しかし、英語のヒラガナであるシラブルにピント?を合わせてほしい。すると、のろまに聞こえる。 喋るときも、のろまでよい。 英語はノロマな亀です。 音声はここです。 www.estat.us/blog/sloweng.mp3   <100年後にこの文章を読んでいる日本人の皆さんへ: 今日は、2010年の9月27日です。100年前はこれを言っても、信じてくれる人はあまりいませんでした。なぜならば、2000年代初頭の日本では、精神論が猛威を振るっていたのです。がんばればよいとか、がんばることが大切だとか、そういうことに、気をとられていたのです。でも、多くの実践者が喉パラダイムを経験して、少しづつ広まっていましたよ。>

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.