YOUTUBE登録者1万5千人に

お蔭さまで、YOUTUBEの英語喉チャンネルで、登録者が1万5千人に達しました。

オッサン、笑顔なし部門では、トップかも?

最初2千人に達したころは、ワンオクロックについての動画で、ファンに皆さんのお蔭かと思います。何年前か覚えていませんが、コンサートに行ったんです。前座での演奏だったので、30分程度の演奏だったのかもしれません。なぜか最前列のチケットがとれて、ギターの人の真ん前でした。

その2千人から今まで何が起こったのかな、、日本語にこだわらずに、英語でのコンテンツを増やしてみたところ、日本語を勉強しているかたの登録が目立ってきました。

日本語だとコメントがあまりつかないんですが、英語だと色々と質問やコメントがつくので、英語での動画を最近は作っていました。

尺八の師範であるショーンさんが、日本語の発音の本を私が出したら買うと言ってくれたのと、プエルトルコのラフィーさん(私のvoicy番組の定期的ゲスト)も日本語の勉強になる動画を作ったらどうか?と言ってくれたので、日本語のことについて動画を作りました。

やはり日本人に英語を教える場合(英語喉を教える場合)、日本語の特質を理解する必要がありますね。日本語の発音の核は喉ブレーキにあるようです。

「が」を言ってみると分かりますが、喉が完全に閉じたところから音が始まります。英語では喉が開いたままです。

まだ日本語の発音で個々の音は「ん」と「わ」しか作っていません。が、コメントなどをたくさんもらっています。

特に「ん」ですが、たまたま、その前の日に、近所のレックセンター(recreational center)のジムに行ったら、日本人かな?韓国人かな?という感じの人がいて、少し話していたら、そのかたの英語でNが日本語の「ん」だったんです。喉を閉じる感じの音です。英語のNは舌を口の屋根に着ける感じですよね。

さて、私の日本語の発音の解説に関して、日本語学習者さんは意外と素直に反応してくれているようです。なかには非常に専門的なコメントも見られます。

日本語の発音の解説をもう少し作ってみて、反応を見たいと考えています。

英語喉コミュニティーの応援には以下のどれかをお願いします!ブログを書く上でアフィリエイトはどうかなと思ったのですが、自分のサイトなので自分の本などを宣伝すればいいんじゃないかなと素直に思っています。

本サイト、ツイタ―、YOUTUBEでの登録

英語の勘1,2をゲット

英語喉か機関銃英語の本をゲット。

VOICYでのフォローもお願いします。連日、だいたい英語で放送しています(日本語が入ることもあります)。

それでは、今後もよろしくお願いします。そう言えば、この記事にもコメントがつけられるような設定にしています。下のほうにコメント入れていただくとうれしいです。ログインしていなくても書けるはずです。

Related Articles

Lang-8 英語を書く練習にお勧めです

ラング8って皆さん、活用したことありますか? http://www.lang-8.com/ このサイトでは、登録してエッセイを書くと、その言語のネイティブが修整してくれます。お礼にという感じで、日本語を勉強している人のエッセイを直してあげるといいのです。 無料でです(有料コースもあるみたいです)。 まず書いてみて、間違ってみて、それを修整する過程で、文法を勉強していく。もう中学高校と英語を勉強した日本人には、最高の勉強方法です。 昨日、こんなエッセイをスペイン語で書きました。すると、5人ぐらいの人がすでに直してくれています。 Engles y Espanyol me parecen que estan muy similares. No tengo el tiempo par estidiar Espanyol, pero yo torato…

センター試験、今年も済みましたね

センター試験の問題を見たんですが、だいたい、括弧に入れる問題などは、その後につづく文の情報によって、何を入れるかを選ぶのですが、これが、実際に喋るときの思考回路と逆なので、はげしく面倒くさいと感じます。 喋るときはどう考えても、前から(という言い方も、音に関することなのでちょっと変ですけど)、喋るわけです。 http://www.toshin.com/center/eigo_mondai_2.html これらの問題を解くのに、まず全体を読んで、逆戻りするというのが面倒だな。 試験問題というのは、つねに、「語と語の間に非常に硬い関係がある」ということを頼りにつくっている。 しかし、こういう勉強をしていると、実際に喋るときも、頭のなかにスクリーンが浮かんで、字は左から右に流れながら文をコンストラクトしてしまうわけです。 すると非常に硬くなる。 硬いと、そもそも、ネイティブがリラックスできず、あまり相手にしないので、その時点までに、蓄積した知識が無駄となるように思う。 言語学習には、要領というか、OPTIMALな学び方があるのだけど、試験の勉強となると、全てをがちがちに学ばないといけないので、結局、使えなくなるのではないか。 試験勉強ってなんなんですかね。実際、社会に出たときに全然役に立たないようの思えるのだけど。 http://www.toshin.com/center/eigo_mondai_2.html の第2問、問3の答えが良くわからんのだが、、、 英語の文法って、字に書いてあったら、がちがちかもしれんが、会話の場合、2秒ぐらい離れたところの語は、文法のBINDING POWERがうすまるのだけど、、、。 問5もよく分からん。答えはVERTICALだとは思うが、AT THE EDGE OF VERTICAL DROPって何? 特殊すぎない? 8ページ、Bの問1のシャワーがどうのこうのという問題も、答えが良くわからん。 Would you like to change…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Skip to toolbar