KINDLE本って売れるん?利益はいくら?

さて、英語の勘1と勘2をキンドル本として販売しています。

英語喉の読者、実践者のかたがたが買ってくれるかと思っていますが、一体、どのくらい売れているのでしょうか?公表したいと思います。

英語の勘2をこの2月か3月に出した月はどかっと出ていたと思いますが(106冊)、最近は、だいたい月に全部のキンドル本で報告しますと40冊程度です。

以下は、キンドルの私のアカウントにある記録ですが、今月(10月)は29冊ですね。まだ月末までに5日ほどありますので、まだ、伸びるかもしれませんが、少し少ないかなと思います。

さて、以下はもっと長期的に見たものです。右のほうの一番高い点は106冊で、英語の勘2を出した月でした。その後はだいたい月に40冊です。

気になる収入ですが、1冊1000円程度で売っていますが、印税率は70%だと思います。月に40冊売れて、だいたい2万5千円ん?3万円?程度かなと思います(ちゃんと計算していませんが)。

最近、コンピュータプログラミングができるようになりたいという気持ちが多くなってきて、日本語の動画を見るようになった瞬間から、なぜか、日本人のインフルエンサー系のお金の話の動画が紹介されてくるようになりました。お金はネットで簡単に稼げますよ、継続しましょう、、という内容です。

でも上で報告したとおり、そんなに簡単にヒットするものではないと思います。

YOUTUBEにしても、本当に収入は一部の人がたくさんもらっているだけではないでしょうか。私のYOUTUBEチェンネルは1万5千人の登録者ですが、スズメの涙程度しか収入がありません。

英語の勘1、勘2を引き続き応援よろしくお願いします。英語喉の応援は、以下のいづれかでお願いしたいです。

本サイト登録

YOUTUBE、ツイッターのフォロー

英語の勘1、勘2をゲット

英語喉、機関銃英語が聴き取れる!をゲット

あ、voicyのほうの登録もお願いします。

Related Articles

哲学的探求

さて、英語喉講座の実践の音声をYOUTUBE動画にまとめているのですが、以下は、すでに以前に、このBLOGで紹介させていただいたものを、YOUTUBE動画として焼き直したものです。当時は、部分的にしか録音していませんでした。ちょっと工夫がいると思い、弁当BOXランチのセリフが画面に出るようにしました。 今回は、グラフィックをマイクロソフトのパワーポイントで作成しました。ちょうど、プレゼンテーションをするときのスライドのように、音声にあわせて画面をつくり、それをGIFファイルかなにかでSAVEします。その後に、WINDOWS WINDOW MAKER 2.6で音声と合体させました。 私のラップトップにはWINDOWS LIVE MOVIE MAKERがついているのですが、会社の同僚でMOVIE EDITINGに詳しい若手が、古いのだけど、2.6のほうが、使いやすいということを教えてくれました。 今朝、英語喉でぐぐったら、広島大学の柳瀬先生が、英語の発音のことを書いてらっしゃいました。 http://yanaseyosuke.blogspot.com/2011/12/blog-post_09.html 音声学にある調音位置をしっかり練習したら、英語の発音が向上するとおっしゃっています。引用させていただくと: 「発音は原理に従えば必ずできます。どうぞ、わかったふりをして「駄目な稽古」を繰り返すのではなく、上の表やサイトを使って原理を身につけて下さい。その原理をものさしにして、辛抱強く「下手な稽古」を続けてゆけば、必ず「上手」になれますから。」 う~ん、本当に上手になるのでしょうか? 日本語と英語で調音位置が同じである音がたくさんあります。例えばMとかDです。しかし、だからと言って、日本人がMとかDとかを言ったら英語と同じ音になりません。 あれ、よく見たら、日本語と英語で同じ音がほとんどではないですか(Nとか、Mとか、その他たくさん)。 このことだけで、調音位置を練習したからと言って、英語の発音がよくなるということではないと分かりますね。 日本語でも英語でもMとNはNASALと分類されているのです。じゃあ、別に何をする必要もないではないですか! しかし、ここで、なぜか、多くの人が、そのことを、しっかりやるとか、きっちりやるとか、、、強くやるとか、、、そういう風に解釈を勝手に加えてしまうのでしょう。 例えば、Bは日本語でも英語でも両唇なのに、なぜか、英語では、それをしっかりやるとか、、、。 私は最近あまり音声学のことを気にしてはいません。ひさしぶりです。 私にとっての哲学的探求とは、デコンストラクションをさします。「原理」と多くの人が信じている「表」があります。その表がASSUMEしているものはなんでしょうか? まず、それが「真実」だと思い込まれている、、、ということがいえます。 しかし、よ~く見ていくと、その真実は色々なパワーポリティックスによってサポートされていることが分かります。まさに、フーコーの描写した世界です。 証明のための実験したらいいのに、、、と私なんか思ってしまうのですが。仕事がら、実験を使った論文を読むことが多いので、いやみでなくてそう思います。表で訓練するグループ(TREATMENT GROUP)、しないグループ(COMPARISON GROUP)、、、そして、結果を計ると。 哲学とは、自明とされているシステム、事柄、週間、パラダイム、考え方を批判的に見る、一度ばらばらにして、再構築する、、、とかことじゃないかと思います。…

日本人 VS SIRIという動画集

日本人のかたが最新のIPHONEに向かって英語で色々と指示をしているのだが、発音の問題で通じないという件である。以下ではWORKをどんなに発音しても、理解してもらえない。それはそうだろう。英語喉の発音記号ではWORKはW_-E_r_-Kと発音する。しかし、彼は、ワークとかウォークとか発音している。英語の音は喉の奥でしか出せないのである。だから、通じない。 以下は、同じ動画に、アメリカ人の人がからんでいる動画である。 http://www.youtube.com/watch?v=QrScETnRi28 以下は、日本人が発音しても、IPHONEが理解しないのだが、韓国人だとすらすら通じているという動画だ。ここで、日本人英語が通じていないのは、2ビート、3ビートの問題もあるだろう。韓国人は、中国人と同じで3ビートの問題があまりない。 http://www.youtube.com/watch?v=DwddfAWNg7I 中国語(カントニーズ)なまりの英語は問題なく通じている。シラブルの数が完全に正しいのに注目してほしい。 発音ができないと通じないしだけでなく、発音を間違ったままで単語を覚えることになる。すると、高校入試や大学入試などのために、猛烈に勉強した場合、何千もの単語を、通じない、間違った発音のままで覚えることになる。なんという悲劇なのか。 また音としての聞き取りは3ビートをマスターしないとできないのだが、聞けないまま、暗記に頼りながら文法を学ぶことになるから、日本人特有のぎこちない英語となる。文法というのは、その言語内で可能であるものをすべて網羅している。重箱の隅をつつくように。だから、そんな風に言わなくてもいい、シンプルな表現があるのに、ぎこちない表現となる。 日本語と英語を比較しながら、言語というものの深みを理解しながら英語を学ぶと言うアプローチがあるが、私は英語は英語だけで学ばないと、日本語の影響を受けてしまい不自然になり、結局、通用しないと思う。私はSASという統計プログラミングをするが、それはある意味でひとつのコンピュータ言語を使っているということになる。しかし、SASを書くときはSASで考えているのであって、いちいち、日本語とか英語を訳しているわけではない。だからSASをあやつることができるのだ。 そういう意味で、日本的な英語文法の勉強ではなくて、英語だけで学ぼう。 例えば、このサイトのメンバーのELYAさん(マレーシアのかた)が以下を紹介してくれているが、こういう風にシンプルに勉強するのがよい。 http://conjugator.reverso.net/conjugation-english-verb-buy.html それを、このときのニュアンスはこうで、このときのニュアンスはこうでと、細かく日本語で勉強していると、使えるようにならない。 WILLとBE GOING TOのニュアンスの違いはこうだ、、、なんて勉強して、英語ができるようになった人がいたらぜひ教えてほしい。MUSTとHAVE TOはこんな風に使い分けるという説明で英語がぺらぺらになった人がいたら教えてほしい。 ぺらぺらになった人は、使っているうちに、英語の勘になれた人たちだ。日本語の干渉なしに、英語を喋っている人たちだ。 さて、、、と。 なぜ日本人の英語が国際的に通じないのかをつきつめると、喉発音と3ビートに行き着くのである。 IPHONEがないと実験できないわけだが、 http://www.google.com/ (ぐーぐる)でも、私の場合、マイクのアイコンが、検索のところにあって、それを押すと、音声で指示ができるみたいなので、あとでやってみます。

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Skip to toolbar