フェースブックで売る

楽器関連のものをフェースブックで40ドルで売ろうとしたら、同じ州内だけど、送ってくれるか?と問い合わせがあった。

近所のUPS STOREに行っていくらかかるか聞いてから連絡するね、、

と言って、早速行ったら、重いものだから(多重録音機やラップトップを置くためのスタンド)、、

37ドルかかるとのこと。

40+37だったら、77ドルになるけど、、、

ま、60ドルでいいとオファー。

というのは、そもそも40ドルで売れると思っていなかった。

利益は20ドル程度。

同じ商品の新品をネットで買うと130ドルのもの。

この場合、誰が得をしたのですかね。

近所のUPSストアが37ドルゲットしたので、UPSストア?

130ドルかかるものを60ドルでゲットした人?

20ドルを得たワシ?

フェースブック社の利益はゼロだけど、元々、その機器を買ったのは、フェースブックの広告を見てからだったかもしれないので、ゼロではないですね。楽器屋さんが広告料をFBに払っていますね。

で、20ドルを得た足で、帰りに妻とチックフレに行って、25ドル払ったので、利益はなくなりました。

でもまだお金はもらっていなくて、届いてからPAYPALで送ってくれるということになっています。

チックフレも25ドル得たということになりますね。

経済って何なのでしょうか。

今回、送ってあげたかった理由の一つに、送るという経験をしてみたかったことがあります。結果としては、重いものをUPSストアから送ると高くつくということかな。

Related Articles

英語喉と「喉声」の違い

ぐぐったら英語喉革命さんが、国井氏のサイトを引用されていて、国井氏が、英語は頭で響かせるということを言っておられる。 http://www.lingualite.com/blog/?p=386 実際、アメリカ人の声楽家に聞くと、確かに頭を響かすというような表現をするのだけど、それは前提として、根本的に首のほうを響かしている(つまり喉発音)だから、喉・首のほうは、何もいうことがないわけです。 日本人が歩くときに、右足を出し、左足を出しという感じで歩きますが、当たり前ですから、「衝撃の事実 歩くときは足を交互に出す!」とはいいません。 それと同じで、ネイティブの声楽家が、歌うときは頭を響かす、、、というとすると、だからと言って、英語での声帯のあたりの使用は関係ないということではありません。 国井氏が以下のように述べておられます。 >英語はのどで発声するんだ、と主張する人もいるようですが、それは間違いです。のどで声を出すと思っている限り、高い声は出ず、浪花節のようにのどから絞り出した低いしわがれ声になってしまいます。これは表面的にはよさそうに聞こえるかもしれませんが、素直に明るく響く英語の声とは違う押し殺したような声で、結局はまがいものです。 これは英語喉に関する点だと思いますが、これは誤解だと思います。 まずは、私自身は、英語喉で、音程が上にも下にも広がりました。 それから「英語喉」は本のタイトルです。 英語喉だから喉に力を入れるとかいうことじゃないんです。 実際、英語喉では、確かに喉発音と言う言葉を使いますが、実際は、首の根元から口の出口までをリラックスさせて、首の全体を響かせてくださいということです。さらに、頭に力をいれてくれと言っていませんから、結果としては、頭のほうまで響くことになるかもしれません。 首の力を抜いて、頭に力を入れるというのは、非常に困難な技です。 くるぶしに力を入れて、ももに力をいれるなと言っているのと同じです。 そのメソッドが正しいかどうかは、それを言っている人がアドリブで英語ができているかということにかかっていると思います。 というのは、そのメソッドが実際にFUNCTIONALかというのは、それで分かるからです。ネイティブが使っているメソッドと同じであれば、ネイティブのように、それを使って話せなければいけません。 個々の音を出すのには役立ち、また、止まっている字を読むには、役立つけど、実際の会話となると、情報過多となり(このときはこう、あのときはああ、音程をここで上げろ、下げろ、強く読め、弱く読め、、、)、実際には使えないとなると、メソッドとして、何か間違っています。 さらに、そのメソッドを使って成功している人がいれば、信憑性が高まりますね。 ちなみに、私が、硬い発声の人の声を聞くと、「喉声だな(喉を力ませてしまっているな)」と思います。 英語喉は喉から声を出すという言い方をしますが、それは、喉を力ませるということではありませんし、また、喉だけを鳴らすということではありません。 英語喉は本の名前です。 ただ、英語喉と言うタイトルでよかったと思います。 日本人の英語の発声を理解するポイントは西日本VS東日本だと思います。 英語喉が「喉声」だというのは誤解です。  …

今日の英語ユーモア

  仕事で電話会議で、他のメンバーを待っているときに、カリフォルニアの同僚に、「今、LAあたりで楽器の祭典みたいなのをやっていて、いつか行ってみたい」と言ったんです。   NAMMといって、世界の楽器関連会社があつまってブースを並べるんです。自分のギターの先生もLAに住んでいるので行っている。   すると、その同僚の友人でフォード社に勤める人がそれに参加しているということ。フォードと言えば自動車会社だけど、カーオーディオ関連で参加できているみたい。   自分もいつか行ってみたい、、と言って、このあたりで、関西生活8年の実力を示したくなり、   「でも参加するなら業者じゃないと行けないのかな~」と言って、その後で、「じゃ、わしもフォード社に就職する」   で、うまいぐあいにオチがついて、相手も大爆笑してくれました。   だんだん実力がついてきました。というかアメリカ人は関西人ですので、大きな声で言えば笑ってくれます。 NAMMのサイト https://www.namm.org/

IPA発音記号って変

IPA発音記号って、一体誰がつくったんでしょうか? http://blog.with2.net/link.php?709532:1932 曖昧音の記号で(eがひっくり返ったもの)と、(Vがひっくり返ったもの)は、同じ発音なんです。でも、同じ発音なのに、違う記号が与えられています。 eのほうですが、これは日本で曖昧音と勝手に呼ばれています。日本人には曖昧に聞こえるからでしょう。強勢が置かれないと曖昧音になるそうですが、何から、その曖昧音になるのでしょうか? それから、CUTの音はVの逆の記号ですが、音としては、eがひっくり返ったものと同じです。 この場合、CUTの音はじゃ、何から変化したのですか??? わけがわかりませんね。 英語は強弱アクセントといいますが、音をうるさくしたり、うるさくなくしたりして喋る言語だそうです。では、わざと平坦に読んで録音して、音声ボリュームを絶妙に調整すると、意味が変わるんでしょうか? 例えばIMPORTと平坦に読んで発音しておいて、IMのところで音量をあげると、ある意味になり、PORTで音量を上げると違う意味になるのですか? あ、そうか、IMのところの音量が上がらないと、音が「あいまい化」するそうですから、上の作業では意味が変わらない、、、となりそうですね。 ステレオでは音があいまい化できません。じゃ、トーンをしぼって、こもった音にすると「あいまい化」するのでしょうか? 英語XのXXさんも、変な説明をしています。 「この音(曖昧音のこと)は、そこに母音があることを知らせるのが目的の音なので、軽めに発音すればなんでもいいのです」だそうです。 XXレッスンのXX氏は 「したがって、アではなく、つづり字に対応する強母音(主に短母音)を弱く言う感じにしたほうがよい。」そうです。 例えば、ABOUTのアだったらアを弱くいえば、良いということでしょうか? 音量で音が変わると考えているということか?と思いますが、音量は音の弁別的要素にはなりえないというのは、当たり前に思えてしかたがありません。 激怒して、喋っているとどうしても声が大きくなりますが、声が大きいと、曖昧音が発音できないのでしょうか??? いや、こういうアドバイスはあくまでもコツなので、まじに取られても困る?って感じですかね。  

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Skip to toolbar