Skip to toolbar

バズって思うこと、英語の勘とは

昨日、ふと、ツイッターでつぶやいたことが、バズりました。バズるととか、たくさんの人に拡散したということですね。

さて、どう言うことでしょうか?

妻が、郵便を見てきてくれない?と私に頼むときに、

Do you want to go check the mail?

と言います。だいたい平日の2時ぐらいに発せられる言葉です。二人とも、会社員ですが、家で働いています。郵便が来るのが2時ごろなのです。

日本人の感覚ではwant to (~したい)で相手に頼みごとをするというのは意外ですよね。どちらかというと、

Can you~, Could you~, Would you~とかで始めると日本人としては考えますね。

さて、私が出版した英語の勘2と言う本で説明することができると思います。英語の勘2とは、私が英語をどのように考えて話しているかを解説したキンドル本で、こうすれば、楽に話せる、、ということを書いています。後で、リンクを載せますので、ぜひチェックしてください。

待てない人はこちらで英語の勘2をチェックw

英語の勘2では、英語は前の言葉を補足する要領で単語を足すとしています。例えば、Iと私が言ったとして、あなたに、何か一語を足してくださいと頼むと、あなたは、「Iに何を補足しようかな」と悩んだ上で、「WILL」と足すかもしれません。I WILLになります。その次に私が足すとしますと、え、、、WILL?、、何を足そうかな、、と考えた上でGOと足すかもしれません。

英語は今言った単語を補足する感覚で、単語を足していくのです。

普通の日本人は先へ先へを考えすぎですので、その逆の発想法です。

さて、Do you want to go check the mail?(郵便チェックしたいですか?)

ですが、以下の文と比べてみてください。

Do you want to drink water

二つの文でみると、Do you want toまでが全く同じですね。英語の勘2の原理で行くと、どちらの文もTOまでは全く発想が同じだということになります。つまり、どちらも相手の意志・願望を聞きたいということです。

その際に、その後は何がつながるかは、そこまでの段階、ネイティブの頭の中のプロセスは関連していないということです。

さて、TOを言ってから、それでは何を言おうかな、、と補足します。

日本的感覚では、相手にものを頼むときにWANTを使うのは変と思うかもしれませんが、WANTは意志・願望があるかということです。

アイスクリームを食べることでも、郵便受けに行くということでも、根本のところ、人間の発想のところで、「(願望的な)意志」であることは変わりません。

郵便受けに行くということは面倒なことですので、なぜそんなことを願望するのか、、と思うかもしれませんが、今日来た郵便の中には、誕生日祝いとか、あなたが喜びそうな手紙が入っているかもしれませんよね。だから、楽しみにしている人ならば、腑に落ちると思います。

英語の勘2をぜひ読んでみてくださいね。こちらがアマゾンへのリンクです。

Related Articles

日本語は意味が薄い言語か? 日本語=掛け声論

1236 この週末から1週間ほど帰国しますが、7月の10日(日曜日)の12時半から2時間ぐらい、三羽さんとの対談をネットラジオで放送する予定です。カレンダーに書いておいてくださいね。 さて、 昨日、日本語は掛け声に近く、意味が薄いと言ったが、考えれば考えるほど、たくさん例が出てくる。 例えば、日本のミュージシャンの多くは、日本語の歌詞などどうでもよいのだと思う。これは本当だ。実際、何を言っているか分からない場合が多い。先日、日本語のラップをやっている人がNHK INTERNATIONALのJ-MELOに登場したけど、歌っていることが、分からない。 でも多くの日本人にとって歌が分からなくても、慣れている、そんなもんだと思っているから、気にならない。 昔、浅田彰さんの構造と力という本がはやったが、これも難解な本だが、結構売れたというが、多くの日本人にとって、意味が分からなくてもそんなもんだと思っていると思うから、気にならない。 よく英語教育論で、「発音より内容が大切だ」と言っている人の書き物をみたら、わけが分からない場合があるが、これも、日本人の読者の多くは、「えらい人が言っているのだから、意味が分からなくてもOK」と思ってしまうだろう。 日本語は掛け声的な表現が多いことに気がついたのは、それは、私が会社のカフェテリアを経営している韓国人へしている挨拶がきっかけだった。 あにょはせよ~ かむさはむにだ~ みたいな挨拶をする。 かむさの部分はたぶん「感謝」だと思う。「はむにだ~」は、「します」という意味じゃないかなと想像する。 つまり、朝鮮語では、「ありがとう」は「感謝します」と言うのだと想像する。 これは英語と同じだ。THANK YOUは「あなたに感謝します」という意味がある。 日本語では、「ありがとう」だけど、これは単なる音の集まりであり、意味自体はない。ありがとうというのは、「ありがたい」、「あまりない」という元々の意味があるのだろうか??? しかし、ありがとう自体には、英語や韓国語のような直接的なる意味がない。 日本語の表現の多くは「かけ声」なのだろう。 「あけましておめでとう」かけ声である。「あけまして」は「年があけましたが」という意味だとは思う。「おめでとう」の直接的なる意味は薄いがこれはスローガン的だ。 英語はHAPPY NEW YEARだが、これは文字どおり、幸せな新年を!という意味だ。そういう意味だから、年があける大晦日の日にだってHAPPY NEW YEARと言うことができるし、年が開けて、厳密には正月(アメリカでは1月1日だけ)が終わっていても、最初に人にあったときに言うこともできる。 「あけましておめでとう」は掛け声で、年が明けたときにしか言わない。…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.