ネイティブメソッドを理解し、やってみると分かってくること

ネイティブメソッドを理解し、やってみて、実体験してみると、色々なことが分かってきます。従来言われていたことが殆ど実は誤解であったということが色々わかってきます。皆さんも、従来の説明をいくつか選んで、ご自分で謎解きに挑戦してみてください。例えば、なぜこれまで腹式呼吸が大切だと言われてきたか、なぜアクセントの位置が大切だと思われてきたか、、などなど、ひとつをとりあげて、じっくり考えてみてください。ネイティブメソッド観点から考えると、答えが見えてきます。

今日は、一つそんな謎解きをご紹介します。英語ネイティブあるいは西洋人が日本語を勉強するときに苦手な発音があります。それは例えば、「おじさん」と「おじーさん」の違いです。従来は、「ほらね、外国人だって、日本語の発音が苦手です。だから日本人も英語の発音が難しいからといって、そんなに悩まなくてもいいんですよ」という感じの「言説」に収束していました(「言説」という言葉をよく使いますが、これは難しくとらず、とにかく言葉の集まりと理解してください)。

ネイティブメソッドの観点から理解するとどうでしょう。英語ネイティブが「おじさん」と「おじーさん」の違いに苦労するのは、英語においては音の長さが意味に関係しないからです。FATHERを、FA~THERと読んでも、FATHER~と読んでも、どちらも同じFATHERであり、意味は変わりません。ところが日本語ではそうはいきません。「おじさん」を「おじーさん」と読むと祖父という意味になりますし、「おーじさん」と読むと「王子さん」という意味ととられてしまうでしょう。

英語ネイティブ、あるいはその他の西洋言語の話者が日本語を学ぶとき、この音の長さに戸惑ってしまうのです。

またこのエピソードを「ほら、外国人でも日本語の発音に苦労しますよ」というポイントに使うことにも問題があります。「おじさん」と「おじーさん」の違いは「じ」を伸ばすかどうかの違いです。音を伸ばすことはやってみれば誰でもできることです(人類であれば、、、いや動物でも音を伸ばすことを知っています)。ですから、もちろん英語ネイティブは、*気をつければ*、「おじさん」と「おじーさん」を区別することができます。

最後に、英語を聞き取るときに、音の長さにとらわれてはいけない、、、という点を指摘します。音の長さにとらわれると、英語音の核である喉の音、言い方をかえれば、首の根元から口までをつかった立体的な音をとらえることができなくなります。またシラブルにも注意がいかなくなります。人間の脳がついていけることには限界があるのです。

残念ながら従来のアプローチはイントネーション(音のあがりさがり)、強勢(強いか弱いか)、そして音の長さ、、、に学習者を集中させてしまい、英語音の本質(喉発音、3ビート)を聞けなくしてしまいます。

前にも述べましたが、英語喉のCD録音は喉発音と3ビートだけを大切にして録音したものですから、妙なイントネーションの上がり下がりや、長さなどは自然・ふつうにしています(わざと強調していません)。そうすることで、英語音の大切な部分に注目し、大切な部分だけをマスターしてもらっています(実際に、日常会話でネイティブはそんなにすっとんきょうな音程を使って話していない、、、ということもあります。すっとんきょうな音程といえば、日本では新幹線のアナウンスなどがよい例ではないでしょうか。)

もし、イントネーションや強勢を加えたらどうなるでしょうか。学習者は、音の上げ下げの部分に気をとられてしまいます。音の上げ下げに集中する結果、本当の発音ができなくなってしまうのです。

リスニングの際は、首の根元から口までの長い器官をフルにつかって出てくる音の立体的な部分をききとろうとしてください。それから、3ビートのつむぎだす、ボンボンボンといった感じの拍子をききとってください。これ以外の要素を聞き取ろうとすると、聞き取りが逆に難しくなります。

英語喉オンラインコースへ飛ぶ(ニュースレター登録をお願いします)

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.