これから留学をする人には味わってもらいたくない

またしても、MASAさんのMIXI日記を読んでいたのが、非常に盛り上がりがある。

http://mixi.jp/list_diary.pl?id=7661548&from=navi

MIXI日記なのに(笑)、結構、コメントが多い。私もコメントをしている。

特に、面白いのは、英語喉以前と以後で英語の聞こえ方がどう違うのかという質問がMASAさんにされていて、私も参加してしまった。

一度、聞こえ始めると、一体、以前どうやって聞いていたのがよく分からない。

それなりに考えて音声をUPしておいたのでMASAさんのMIXI日記を見てください。

しかし、10年ほど前の大学人のときのトモダチの声などを思い出すと、やっぱり喉発音+スリービートで聞こえてくる。

来週から、ルイジアナでだと思うが、米国の教育学会がある。私も発表の論文があるのだけど、行かない。共著者達にまかせる。たまたま、同じセッションに、10年前の知り合いの名前があった。

あのとき、ノートルダム大学で発表をして、帰りシカゴに自動車で載せて帰ってもらったのだ。そのとき、その人ともう一人の友人(両方とも女性)が完全に私を無視して会話に熱中していたなあ。

でも彼女達に言わせれば、無視していたのは私のほうなのだろう。

私としては、何か言ってやろうと思って身構えていたから硬くなる。硬くなると息の音が相手に聞こえないから、相手は無視する。

いまだったら、ちょっと息を吸う音を出せば、ネイティブは、なにか私が言うぞと、すぐこっちに関心を向けることが分かる。

その時の、本当はこうだったんだ、なんて10年前のこと言っても、分けが分からないだろうなあ。

当時の僕は口発音だったから、君たちのことを完全に勘違いしていたよ、、、と言ったとしても、通じないだろうなあ。

これから留学をする人には味わってもらいたくない透明人間の体験だ。

いや、これからは留学をしてもしなくても、英語が勉強できるはずだ。

英語喉オンラインコースへ飛ぶ(ニュースレター登録をお願いします)

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.