五輪真弓から越智志帆のあいだ

まずはMASAさんのUP:http://voon.jp/a/cast/?id=ow3agyjdtj1k6uxx#seal

私の音声アドバイス。ネイティブレベルに非常に近い。限りなく近いです。
http://www.estat.us/blog/masa_04_01_2011.mp3

さて、

五輪真弓はたしか80年代ぐらいに(70年代?)「恋人よ」というヒット曲を飛ばしたことで有名。歌唱力で有名だった。

五輪真弓
http://www.youtube.com/watch?v=_ZkgtU8UoZE

そしてこれは今世紀の越智志帆さん。

越智志帆(スーパーフライ)
http://www.youtube.com/watch?v=Smk4W37-wPE

時代的にこの二人の間に何が起こったのか。両者とも、すさまじいほどの喉発音だ。西洋人の歌手と比べても見劣りがしない。

決定的なる違いは、こぶしである。五輪真弓の場合、そして多くの演歌歌手と同じだが、セリフ(歌詞)の語尻において、かならずコブシがかかる。

恋人よ~~~~~~ のヨも部分である。

ところが、越智志帆はそれがない。いや、ないわけではないけど、正確に言うと、西洋人の歌手と全く同じになっていて、誤解を恐れず言うと、

歌詞の全ての部分にコブシが効いている、、、というか、コブシでなくて、喉エコーが聞いているのだ。

五輪真弓さんの場合は、歌詞は、喉ブレーキを最小限かけながら歌うので、意味はとりやすい。しかし、その代償として、プロの歌手だということを示すためにも、セリフの語尻でコブシがかけなければならない(アイススケートの選手がどうしても、トリプルジャンプをしないと気がすまないのと一緒か?)。

恋人よ~~~~~~ のヨも部分である。

越智志帆においては、それをやめてしまっている。いややめているというか、自然になっているというか。コブシを効かせていないわけではないけど、そのことが前面に出てこない。

完全に西洋人化しているので、息づかいでさえ、ハア~~ってのが歌詞と歌詞の間に聞こえる。

そして、上で紹介した歌はスローなのでよいが、ロックとなると、言っていることが分からなくなるけど、まあええか(例http://www.youtube.com/watch?v=EFkyoRTVmH4&feature=related )。それは日本語が英語的発声で歌われているからと、できるだけ漢字の言葉と英語のフレーズを使うことで、意味をつめこんでいるからだ。つまり日本語のシラブルの限界を感覚的に知っているのだろう。

スローなので分かりやすいといったけど、2番目のアルバムのバラードにおいては、(うろおぼえだが)H音の前にY音が出るなど(http://www.youtube.com/watch?v=BYBrErflRhw&feature=more_related の2分14秒 「わたしよりも」が、「わたしひょりも」になっている。)、日本語までもが独特の3ビート化を見せている。

WATASHIの最後のI、そしてYORIMOのY、、、IとYがシラブル間で衝突するとHが生じるのである。ちなみに、この歌の他の場所でも登場する。アメリカ英語のルールとは違っているが、メカニズムの存在は同じだ。

しかし、これは2枚目のアルバムのみにおいて起こっている。1枚目のアルバムでは、まだ新人なので、ディレクターに直せと言われたのではないだろうか?2枚目だとすでにヒット歌手となったので、自由にやれたのではないだろうか???でないと、なぜ2枚目からHが突然生じだしたかが説明できない。

ま、いずれにせよ、英語発音教育界における英語喉=音楽界における越智志帆という感じが私にはする。

越智志帆ってどうちがう?喉発音とシラブルの処理の仕方でしょ。
英語のどって?喉発音とシラブルの処理でしょ。

同じやないかい。 

 

英語喉オンラインコースへ飛ぶ(ニュースレター登録をお願いします)

4 thoughts on “五輪真弓から越智志帆のあいだ”

  1. 越智志帆さんは、いい意味でパワフルですね!
    悪い意味では、うるさいですね!
    (どうしても日本語文化ではうるさいととらえる人が多いのだと思います。だから、もひとつ人気につながらない?2ビート界では異端児系に入るんじゃないのかなーっと音楽素人が思いました。)

    この発声が英語音に近いのは、日々KAZさんが丁寧にWEBやMIXIで英語喉を説明されて分かりました。

    わかってくれば、わかってくるほど英語は喉だという意味の信憑性が高まってきています。やっぱり英語喉の発見はすごいものですね☆
    偉そうな発言に聞こえてしまったらごめんなさい。KAZさんが気さくにいつも教えて頂ける事にたいへん感謝しております。(><)

  2. 確かに、あのオペラだって、そういえば、聴き方によっては、へんな歌い方と感じる人がいますよね。

    西洋の歌手は音量が大きいです。

    でも、日本の口発声の歌手って、声が同じに聞こえる、、、。

  3. Super Fly がメジャーデビュー後おそらく初めてTVに登場したのがタモリさんのM Stationだったと思うのですが(間違ってたらごめんなさい)越智志帆嬢は確かつばの大~きい帽子をかぶり70年代ヒッピー調のいでたちでそれだけでも異端児ぽかったんですが歌が始まると・・・・

    その圧倒的な声量と余裕みなぎる佇まいと歌の上手さに一応自称ミュージシャンの私はぶったまげたことを思い出します。

    「これは大物新人がでてきたわぁ・・・」と感じました。
    私の中ではその時出ていた他のベテランたちが霞んで見えましたよw

    そしてその衝撃の歌唱力の秘密は喉とシラブルの処置にあったんですね、きっと!

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.