日本人が共通に間違う箇所(2)

さて、天満さんが4月チャリティーセミナーをされるということで、私も、からませていただくことにしました。

http://processeigo.seesaa.net/archives/20110331-1.html

なんでも、オークションをされるそうで、その品物の中に、天満さん提供の「英語喉」の1冊もあったのです。で、私が、私が直接30分教える、、、というのがオークションの「品物」にできないでしょうか?と相談したら、天満さんが、じゃあ、その英語喉の本+私のSKYPE直接指導30分と絡めたら?とアイデアをくださったのです。

30分とはいえ、たぶん40分ぐらいになるかもしれませんが、まあ、最近は、1回で結果を出す自信がまんまんです。人生短いのですから、手っ取り早く聞き取りができるようになってほしい。

皆さん、英語喉に共感しているのに、まだ聞き取れていない人いますか?ラジオのトークの音声を巨大音量で聞いてみてください(テレビよりもラジオのほうがよいような気がします)。日本人用でないもので、NPRとかがよいです。私は自動車で聞いてますが、DJの英語が心地よい感じで響くような英語です。

一緒に聞いてみましょうか?私の解説入りで。
www.estat.us/blog/npr_03_31_2011.mp3

巨大音量で聞くと、その爆音の低音部分が体に、どしーん、どしーんと感じられることでしょう。それが、シラブルのリズムです。それを聞くのです。どしーん、どしーん、ほどは遅くないので、まあ、ボンボンボンボンボン、、、て感じのリズムと思ったほうがよいでしょう。

NPR私も聞いています。皆さんも聞いてみては?

www.npr.org

さて、日本人が間違う箇所シリーズ第2弾です。

英語喉 41ページ

My dad has a fat cat

母音はだいたいa_なのですが、なぜかFATのところがFの影響でしょうか?F-A-Tになる人が多い。正しくはF-a_-Tです。

まず F、a_、Tを別べつに発音しておいて、そのあとスムーズにつなげる練習を!

 

英語喉44ページ

i_     if      kiss   ship    sit

i_  とは関係ないのですが、SITがSHITになる人がたまにいます。

i_は前にくる子音によっては出来なくなる人がいます。だから、まず ifで練習してはどうでしょうか?直前に子音がないので楽です。

同じページの練習2ですが、

I sit on the seatのONに注意。半分ぐらいの人は、O(オ)と発音しますが、あれはA(ア)です。アンという感じです。ONはオンだと思い込んでいるからでしょうが、アンです。

ちなみに自動車会社のHONDAもアメリカ英語ではハンダです。おもいっきり日本語のアと同じですが、喉で声優さんのようないい声を出したら、音の前後が切れませんからいいです。

Sheep are in the ship

ですが、AREのところでRの響きがない人がいますが、そもそも、この段階ではRをまだ勉強していないので、無理はありませんが、まあ、メモっておいてください。

今日はここまでで音声による指導。

www.estat.us/blog/nihonjin_03_31_2011.mp3

 

 

 

 

 

 

英語喉オンラインコースへ飛ぶ(ニュースレター登録をお願いします)

2 thoughts on “日本人が共通に間違う箇所(2)”

  1. Kazさん、こんにちは。
    そうか! 僕、勘違いして、『英語喉』とSKYPE指導を
    別々の「品物」にしてましたわ。
    『英語喉』とSKYPE指導は両方セットね。確かにその方が
    良いですね。変えときます。

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.