Skip to toolbar

素朴な疑問がとけた?

素朴な疑問がとけた?

フランス人のルイさんと毎週フランス語と日本語でお互いに練習をしてきたのですが、フランス語では、なぜか、過去形を英語で言えばI have + edで言うということで、大学の授業で勉強したことと、ちょっと違っていました。大学では、それもあるけど、単純過去?(英語で言うとI workedとか)みたいなのも勉強しました。

ただ、I have + edは音として言いやすいので、そればっかり使いました。フランスではそれが普通というのです。

ルイさんに、え?スペイン語と違うんですね、、と言いました。スペイン語では、単純過去が多かったからです。

さて、本日からプエルトリコのㇻフィーさんとスペイン語と日本語を喋るという練習を始めまして、英語で言えば、I have + edの表現を使いましたところ、、、スペインでは良く言うけどアメリカ系のスペイン語では、それほど言わなくて、単純な過去形を使うというのです。

ここで、自分がアメリカ系のスペイン語で感じていたことが正しいことが分かって、うれしかったのですが、フランス語とスペインのスペイン語が似ているのだなと思って、興味深く感じました。やっぱり近いからですかね?という話をしました。

Related Articles

なぜ日本人の英語力が低いのか

なぜ日本人の英語力が低いのか   と書くと、決まって、日本人だけではないという人がいるが、やはり日本人の英語力は低い。いや、英語どころか、他の外国語でもおそらくそうだろう。その大きな原因は、シラブル構造が、日本語と他の言語でかなり異なるということだと思う。   例えば、北朝鮮のリーダーの名前はKIM JON ILである。この名前は3シラブルである。KIM-JON-ILと発音する。以下を見れば、なぜ日本人のシラブル感覚では、外国語を喋るときに圧倒的に不利かが分かる。   朝鮮語ではKIM-JON-ILと3シラブルだから3拍で発音する。 中国語ではKIM-JON-ILと3シラブルだから3拍で発音する。 英語ではKIM-JON-ILと3シラブルだから3拍で発音する。 フランス語ではKIM-JON-ILと3シラブルだから3拍で発音する。 スペイン語ではKIM-JON-ILと3シラブルだから3拍で発音する。 イタリア語ではKIM-JON-ILと3シラブルだから3拍で発音する。 、、、とリストは延々と続く。   しかし、我が母国語である日本語では   KI-MU-JON-I-LU KI-MU-JO-N-I-LU   のどちらかだ。5か6シラブルなのだ。   3つだからこそ通じるところが、5か6もシラブルが続くわけで、これでは、絶対的に違う単語に聞こえてしまうだろう。  …

TED EVENT (NEW YORK)に応募しました

TEDというのをご存知ですか?昨晩のMIDNIGHTがニューヨーク部門でのしめきりだったので、昨晩、企画書を提出してみました。これが、募集要項でした。 http://conferences.ted.com/TED2013/auditions/new-york.php これも押していただき、人気投票ランキングにご協力を! http://blog.with2.net/link.php?709532:1932 The Discovery of the Throat Theory for the linguistics Science — by Non-Specialists TED Conference Application (New YorkCompetition) 04 19 2012…

スペイン語とフランス語の授業報告

バージニア州のアーリントンという区(COUNTY)に住んでいます。地元には、色々な教育機会がありますが、アダルトスクールというのがあって、地元の高校の教室を使って、色んな授業を夜や週末にやっています。ジーナにつきあって、スペイン語とフランス語の授業をとることにしました。先週始まり、今、それぞれ一回が終わりました。 スペイン語は2で、フランス語は1(全然勉強したことのない人用)です。どちらも基礎コースです。スペイン語はもっと上のレベルをとってもいいけど、たまたまその時間にジーナがとっているから行っているので、同じ時間にやっているのといえばレベル2しかありませんでした。 フランス語は同志社大学で3年とりましたが、全然、喋れませんし、あまり覚えていません。会話がゼロの授業を3年とっても、だめでした。 さて今回ですが、気に入っているのは、アメリカでは当たり前だけど、実際に文を皆と音でつくりながらの授業なので、自分で能動的に言葉に接することができ、頭に残りやすいです。会話という呼び方より、ただ、先生に質問されて、教科書でカバーした表現を自分の頭で工夫して作成し、返事をしますが、これが、頭を使う作業です。 例えばフランス語では、I AM THE FATHER.  I HAVE A DOGというような基本の文を勉強し、それを色々工夫しながら、先生に言わされました。それを言おうとしているあいだ、また級友達が言おうとしている間に、最初は字の情報だけで勉強した表現とか文法ですが、だんだん、しっくりと頭に音としてしみこんできます。 これこそが、言語を勉強するということです。音として、音による表現として、頭にしみてくるのです。 特にフランス語のクラスでは6人しかいませんが、皆、先生のお手本の文を、よい発音で繰り返しています。音としては聞こえているので、皆、いい感じで発音して、文の作成に取り組んでいます。音・声でね。 フランス語の先生はレバノン出身です。レバノンではフランス語も母語だそうです。 フランス語の授業は初心者用で、最初のレッスンは、簡単な文章の2パターン(英語で言えば、BE動詞とHAVEの練習)だけ勉強しましたが、さらっと呼んで、説明なしに、じゃ、質問は?と言われました。フランス語の下に英語の訳が書いてあり、またフランス語と英語が似ているので、訳を全て細かく説明する必要がないようです。JE SUISとあって、その下にI AMとあったら、意味が分かるということだと思います。 スペイン語のクラスでは、英語風に母音を発音している人がちらほらです。こっちのほうが上級クラスなのに、、なぜ?? スペイン語は水曜日の夜2時間半、フランス語は土曜日の昼、11時から2時間。10回の授業からなり、値段はどちらも200ドルぐらい。 教科書を見ていると、これが基本だなと感じます。スキットが日本の教材のように複雑ではなく、とっても単純で、その日に勉強する項目のみにフォーカスしています。だから覚えられる。 以下がアーリントンのアダルト教育のウェブサイトです。こんな感じで色んな授業があります。 http://www.apsva.us/adulted 剣道もやっていますが、これも似たようなシステムですが、地元のRECREATIONセンターみたいなのでやっています。  

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.