Skip to toolbar

英語の勘2

英語の勘1というキンドル本を1年ほど前に出すことができましたが、今度は英語の勘2を書いていて、そろそろまとまってきました。

勘1では冠詞の使い方、単数形・複数形の考え方について、私自身がどのように使っているかを解説しました。

勘2では、認識論的?には共通しているところがありますが、語順の問題を扱っています。

文系的なな作業と言いますと、複雑化する方向に行きがちですけど、「英語の勘シリーズ」の場合は、シンプルにシンプルにして行きます。

たぶん、大学時代にはやった(?)言葉で、「脱構築」をしているのだと思います。

普通は英語の文法の本に書いてあることを真実だと捉えますよね。でも、自分が大学時代に触れていた哲学(ニーチェとあ、ミシェルフーコー)によりますと、それを「言説」としてとらえるということだったんです。

ミシェルフーコー自体は、精神病に関する知識を分析していました。

自分は英語の文法を言説ととらえていて、間違っているわけではないけれども、分類の仕方などが必ずしも真実ではないと思っているので、それを崩している?脱構築しているということです。

ルールがシンプルじゃないと英語は話せないと思うのです。

英語の勘1のときは、ぶっ壊すのに数年ぐらいかかったものがあります。

それは単数のときはA PENというぐあいに前につくのに、複数形となるとPENSという具合に前に何もつきません。

このちぐはぐさを理解するために、数年を費やしました。

自分の答えは、フランス語とかスペイン語だと、単数も複数も前に何かついてるよ、、ということにヒントを得たものでした。

「範疇」も解体します。勘1は冠詞と単数形・複数形ですけど、この二つの項目は違うように見えて、実は関連しているのです。だから同じ本の中で扱わないといけませんでした。

フーコーによりますと、古代中国のカレンダーには、現在人には理解できない分類が採用されているそうです。よく覚えていませんが、家具とイチゴと今音をたてたウサギが同じ範疇だとか、そういうことです。

ちなみに英語の勘1はこちらで販売中です。良いレビューをいただいています。サンクス。

Related Articles

HOTELの発音の仕方 従来の説明のしかたと喉パラダイムの比較

たこ焼き村先生が、スペイン語発音講座において、HOTELの発音のしかた、スペイン語のと、英語のを比べていらっしゃる。この機会を使わせてもらい、英語喉パラダイムと従来の指導法の違いを比較してみたい。 たこ焼き村先生のサイト http://www5d.biglobe.ne.jp/~ktakuya/pronun01.htm の 番外編:英語の hotel とスペイン語の hotel とあるところ。音声ファイルを置いてらっしゃいます。 従来の方法は新しいものではない。私が同志社の英文科だったときに、音声学のクラスで似たことを勉強したとは思う。   先生が説明されているのは、HOTELという単語で、スペイン語のHOTELと英語のそれを比較されているが、私は英語の説明のほうに注目。   先生は、HOTELのO(英語のほう)はオウだとおっしゃっているが、これは、日本の辞書にもそう書いてあるし、私も以前はそう思っていた。しかし、ONLINEのウェブスター辞書には、単にOとされている。 実際には、このOは、オウではなくて、O(オ)だけなのだ。英語喉的には、。喉でOと響かせていうと、日本人が聞くと何となくウっぽい残響感が残る。そのウは、わざと言うウではない。   つまり、オウという二重母音は英語に存在しないということだ。 IPAのパラダイムでは、音を瞬間的にとらえる感覚がある。だからOにちょっと残響感があるならば、それをUだとして表現するのだろう。   次はTの発音。口のなかで、はげしく破裂させる感じは、従来の方法が教えるところである。実際のネイティブはそういう風にしていない。日本人が口の中で激しく破裂っぽくしないとTにならないのは、喉のほうが緊張しているために、首のパイプを楽器として、生かせないからだ。首のパイプを充分響かせておけば、舌のほうは、単にはずすという感じで充分、アメリカ英語のTが出る。   そして、Lの発音だが、先生は、HOTELのLは、舌が上につかないことがあり、舌のおくのほうが盛り上がる、、、と説明しているのだけど、それは事実と違う。それをするとホテウという感じになるが、やはり、実際の音とは違う。Lはウではない。   確かに喉をあけたまま、リラックスさせて、Lを発音すると、日本人が聞くとウっぽい音が聞こえるように思えるかもしれない(暗い感じがするかもしれない)。しかし、それはウといっているわけではない。   実際、文のなかでHOTELを言うとする。THE HOTEL ISとするならば、HOT-TEL-LIZという感じになるのが、その場合、全然、Lが暗い感じがしない。HOTELというと、Lが暗く感じても、HOTEL ISだとそう感じない。…

英語はストレス言語ではない

英語はストレス言語ではない。あまりにも当たり前すぎることだが、THISをどうストレスをつけてよもうがTHISは他の意味にならない。THIS IS A PENにしてもストレスのつけ方を変えてもTHIS IS A PENはTHIS IS A PENである。もちろん、THISを強調すると「これは」が強調されて、そこに重心が置かれることになるかもしれないが、これは英語だけではなく日本語でも同じことであるから、そういうことをとりあげて、英語はストレスが大切だということは意味がない。 ストレスの位置が違うと意味が変わるというのも迷信だ。そもそもそういう単語があまり英語にはない。RECORD(記録する)とRECORD(レコード)の違いは、発音の違いである。これらの二つの単語を発音するさい、ストレスが違って聞こえるのも気のせいであり実際は、RIK(前者)といったときのIが首の根元で発音する音(IFのI)と同じであり、深みがあるために、音程が下がって聞こえるためだ。REK(後者)の場合は、その深みがそれほどない。 実は発音が違い、発音が違うと喉の発音位置の深さが同時に違う。だから、音程が変わっているように聞こえるし、また実際、音程が変わることが多い。 音程が高いと、人間はまるでストレスがそこにおかれたような錯覚を覚える。しかし、ソフトウェアでチェックすると、別に音量が違うということでもない。実際、そんなことは英語を聞いていれば分かる。 英語喉をすれば、個々の音が首の底なのか(例 R,Y,D,W)、ちょっと上のほうなのか(例 L,S,T,V)だけを覚えるだけで、英語のイントネーションが正しくなる。SITという例でいうと、シラブルの中において(高ー低ー高)という英語として自然なメロディーが生まれる。 ストレスが大切だと信じてしまうと、何万もありそうな英語の単語の一つ一つに対して丸暗記をしなければならず、これでは時間がたりなくて、英語がマスターできない。 そもそもストレス(強く読む位置)は暗記しずらい。 例えば、私が、あなたに、あいうえおの「い」と「え」を強調してくだいねと頼むとする。たぶん、明日になったら忘れているだろう。いや10分後には忘れているだろう。 覚えにくいものというのはある。 人の顔は以外とすぐ覚えてしまう。脳のメカニズムに関係しているのだろう。 日本人は、覚えにくいものを一生懸命覚えて、英語ができない、できないと悩んでいる。 ところで、実際に、そのストレスというのを使いながら英語をしゃべるなら、気持ち悪すぎて、英語圏で就職活動をしているとすると、危険人物扱いされて就職できないと思う。

複数形?単数形?

On the internet people can hide their identity and personalityの場合ですが、この話者が想定しているイメージによります。identities とかpersonalitiesだと、同じ人が様々なidentitiesを持っているというイメージになるでしょう。同じジョンさんでも、例えば会社員としてのIDENTITY、市民としてのIDENTITY、父としてのIDENTITYという風に、何らかの理由で、個人の様々な側面を意識していれば、複数形になるでしょうが、今回の例の場合は、そういうことではありません。 On the Internet people can show different personalities. と言いたければ、複数形を使えばよいでしょう。 PEOPLEが複数なので、identityが単数であることが変であると思われるかもしれませんが、ネイティブはそのように文法的には考えておらず、瞬間瞬間のイメージに頼っています。 後者の文ですが、この場合は、ある先生(田中先生)が、ある学生たち(吉田君、木村君、竹中君)に携帯電話を使うなと指示していますが、話者が、携帯電話と言う時に、実際に複数で存在する携帯電話機を意識しているということになります。 イメージの中でどうかということです。 キンドル本、「英語の勘1」を参考にしてみてください。  …

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.