Skip to toolbar

感情表現は顔だけでなく、体全体でやる感じがよい マクド的笑顔に注意

今、実はアメリカは3連休です。MLKって分かりますか?マーチン・ルーサー・キングJRの誕生日です。

さて、金曜日に日本人の若者からメールがはいり、天候の関係で、DCにたまたま足止め?というか、よった状態になったので、ぜひ指導を頼みたい、、、週末のセミナーはしておられますかとの質問。いつDCにいらっしゃるのですか?と私がメールしたら、「実は今、おります」とのこと。あ、そうか、そうか。たままた、私は、用事でジョージタウンに行く予定だったので、スターバックスで会ったのです。仕事のほうも一段落ついていたので。

英語喉出版の最初の年(2007年)は、私もそうだけど、「20年前に知っていたら」と嘆いた人がたくさんいたと思うのですが、この若者(N君)は、なんと、英語喉をやった後に英語の環境に1年ぐらいいる、、、という恵まれた環境です。実際、英語がよどみなく出ておりました。そして、その出てきかたも、アドリブ的で、アメリカ人がしていることと基本的に同じでした。

さて、発音のほうもよかった。でも、体が硬くなっているときは、Rとかが伸ばす音で代用されている。例えば、FORのRが、体が硬いときは、伸ばす音(-)で代用されているけど、注意を促して、男らしく、ゲロゲロって感じの声にしてもらうと、全体的にネイティブと同じ発音になるのです。

で、2時間ぐらい指導させてもらって、ちょうどそこにジーナが登場するというタイミングだったのだけど、そのときに、男らしく挨拶をできることを卒業試験とする、、、みたいな宣言をしまして、そして、その課題も、とてもよくこなしました。

さて、その2時間で私自身が学んだことを書きます。それは、N君が、体の保ち方が日本人的に固かったんだけど、顔は笑顔だったのです。言い換えると、感情の情報を顔だけで表していたかんじだった。すると、頭、顔、口、喉が硬くなり、Rが出ない、THが口発音、Dが口発音、、、という感じで、注意をしないといけない。

でもそれをやめて、体全体を、日本で言うと、不良少年?みたいにリラックスさせて、感情を体全体で表す感じにすると、よくなりました。

感情の情報の発信地が顔だけ、、、というのは、これは、私は今回、初めて、理解できた感じがします。これまでは、なぜ私が日本人を見たときに、日本人だと確実に分かるか、言葉で言えなかった。でもN君のおかげで、分かりました。というのは、N君が私を見るときに顔が笑顔だったけど、体の感じ、保ち方がこちこちだったからです。

でも、なぜ、それに強く気づいたかというと、スターバックスでは、周りにアメリカ人がたくさんいたのですが、ジョージタウンというと、ジョージタウン大学があり、若者がたくさんおり、どちらかというと、おしゃれをしている人が多い。

横を歩いていく、ちょっとしゃれた感じの女性が、顔だけじゃなくて、体全体で自分自身、自分の個性を表現しているように感じました。

逆に、N君に最初に会い、挨拶の笑顔や、うなづきの様子を見たときに、あれ、この感じは、どこかで見たことがある!と思ったのです。それは、日本のマクドナルドの店員さんです。体は気をつけで、顔だけでいらっしゃいませという情報を発している感じです。

だから、私はN君に、体をリラックスぎみにして、ちょうど日本の不良青年が、タバコをうまそうにぷかぷかふかしている感じで体とか顔を保ちながら英語を喋ってと御願いしたら、うまくいきました。でも、すぐに、日本人的になるので、何回も注意しながら練習しました。

英語喉は母音をざーとやり、子音は、ところどころ抑えました。とてもよくできていた。そしてドリルをやって、それから英語で会話します。あとでジーナが登場したときに、あとで、「えらく、男らしい日本人だった」と言わせるぐらいの堂々さで、英語を喋ること、あと握手のときも、グリップを硬くすること、、ん、などと説明しました。

喋るときの音程もあえて落としたほうがよいということも実践してもらいました。

顎をアントニオ猪木顔的にしてもらうと、ちょうど、顔も日系人っぽくなり、その瞬間、英語もネイティブ英語になりました。N君も自分で、ありゃ、これは違うと気づいておられました。

あ、そうだ、なぜ、それをしてもらったかというと、N君が喋るときに、シラブルのたびに顎を引いている感じに見えたので、そうせずに、猪木顎的にしてもらったのです(でも、おおげさじゃなくて、気持ち程度です)。

私の前でN君が、日本人に見えたり、日系人に見えたりで面白かった。でも、英語による会話、グローバルな舞台だと、日本人的に固く見えたら、コミュニケーションが成り立ちにくい。そもそも、硬くするのは、日本人だけ?っぽいので、視線でさえ、合わせてもらえなくなるほどです。相手には、全く、その意図が分からないというだけでなく、硬い感じの印象=私はあなたの話を聞いていません、、、という意味にとられてしまうからです。

N君の英語はとてもよかった。ゲロ的な声、外人姿勢を100%保てるようにしてください。

もちろん、外国人になれということではありません、、、てか、心配せんでも、日本人にすぐに戻っってしまう。また、本当のバイリンガル、バイカルチュラルというのは、複数(この場合は二つか)の文化を自由に行ったりきたりするということですね。

体全体をリラックスしていると、感情表現が胸あたりから始まるって感じになり、自然に、英語に感情が現れる、、、これがポイント。逆に、日本人的に緊張していると、おかしい、笑える話をしていても、英語が硬いままで不自然なのです。

これは動画で私が示すのが一番なのだけど、声が英語喉でかっこいいのに、顔がついていかないので、遠慮します。でも、ジーナに、アメリカ人の野球選手が、バッターボックスに入るときのマネと称して、私はパフォーマンスを時々するんですが、そのときに、ガムをあごを大きく動かしながら噛みながら(これはKATSUさんが書いていた)、体を恐竜みたいに重たそうに、だるそうに動かしてやります。特にうちの愛犬が、うれしそうに見ています。私がこれをやると。

N君、この上のことを学ばせてくれてありがとう!気をつけて日本に帰ってください。就職活動がんばってください!

 

Related Articles

ハックせよ

<後日談 以下に書いた剣道についてのコツは、実際に試してみたら全然だめでした(笑)。私は、えいやっ、と踏み込んで、相手の面に当てるとき、届かないという感覚があり、悩んでいます。が、実はある剣道の先生の説明を聞いたところによりますと、相手がむかってくる瞬間、それを狙うのだそうです。相手が向かってきているのだから、距離が短くなるそうです。これを試してみます。> この2週間、ぼけーっと過ごした。日本語から離れ、また堅苦しい思考法からも離れた。 そんなオフの時間が大切だ、、、なんてよく言うが、つきつけて考えてもやはり大切だ。 http://blog.with2.net/link.php?709532:1932 バケーション(休暇)は大切だ。 つきつめて考える毎日のなかでは、思考が狭くなる。 ぼけーーーとしていると、え?というようなことに行き着くことがある。 今回、フロリダでは義理の父母といたのだが、義理の父とテレビでぼけ~~とボクシングを見ていた。 そこで、ついに私は剣道をハックするにいたってしまった。 ハックとは、ハッキングという風にいうのだと思うけど、例えばソフトウェアなどを外側から攻撃し、いじって、中を変えてしまうことだ。よく、日本の政府のウェブサイトが、中国からのサイバー攻撃で、内容を書きかえらせたりしてしまうことがあるという。 ちょうどフロリダで読んだ新聞に、日本から今、シリコンバレーに日本人の若手企業家・コンピュータプログラマーが集まっていると書いてあって、そこで日本人が「日本ではハックすると、非難されるが、アメリカでハックすると、もっとやれといわれる」と述べていた。 そんなもんかいなあ、、、と思ったが、ハックという言葉は気に入った。英語喉はハッキングであろう。 英語の音声現象を、喉の響かせる位置と、3ビート(シラブルの構造)で、説明しきる、そして、実践をする、、、という行為。これはハッキングに似ている。 そして、日本の英語教育では、いまだにアクセントの位置を覚えるだのどうの、、、ということで存続している。 さて、ボクシングだが、気がついたのだが、選手の左足が前に出ている。 剣道では右足が前に出ているのに。 そこで、わざと、左足を前にして、剣道の踏み込みをしてみた。 すると、なんと、新幹線が行きかうときのような、ものすごい勢いで前に進むことができた! その瞬間、私は思った。 私は剣道をハッキングした、、、と。 これまで、私は、日本人の3人の剣道メート・先生たちに踏み込みについて指導を受けてきたのだが、どうしても、実践において、面をうったあとに、が~~~んと進み続けることができなかった。 それなりに良い評価をもらった。しかし、どうしても、合格点をとれない。 そこで、ある先生は、私が怖がっているからだとおっしゃった。 しかし、これはおかしい。私は全然怖くなかったからだ。いや、本能的に、相手から自分を防御しようとして、踏み込みが足りなくなるのか、、、とも解釈した。 しかし、意識的に、相手を怖がらずに、踏み込んでも、面まではよいが、そのあとに、ず~~んと進み続けることができない。…

英語喉で中国の旅 アメリカにいながらにして

クッちゃんと喉やんが、RONさんが中国語を喋っているのを見て、カズさんが中国語を勉強しはじめたという噂話をしています。 [audio:http://nippondream.com/eigonodo/wp-content/uploads/2011/07/kaz_07_29_2011.mp3|titles=kaz_07_29_2011] 週末英語喉セミナーのお誘いです。以下のURLから申し込んでください。日本の日と月の朝になりますが、アメリカ在住のかたなど、受講しやすい時間かもしれません。 http://www.doodle.com/ziiicwc489s3mf8e 皆さんの中には、日本にいながらにして、留学せずに、英語をマスターしたいというかたが多いだろうが、それは可能だ。 もちろん、旅はよいし、留学もよいだろう。場所を変えてみて初めて分かることもある。私もこのあいだ広島に帰省して初めて、広島弁って英語みたい、中国語みたいに喉をしぼるように発声していることに気づいた。 しかし、日本にいながらにして、今、ここ、を外国にしてしまうことは可能だ。MASAさんがそれを証明してくれている。 さて、私もちょっとした工夫で身の回りが中国になりつつある。会社で同じグループ、同じフロアに5人ぐらいは中国語を喋る人がいる。その人達に、私は中国語を始めましたと、とりあえず宣言して以来、毎日、ネイティブの中国語に触れている。そして、そのたびに、頼んでいないのに、新しい表現を教えてくれる。 昨日は、私が、中国人の父さんを持つ同僚に、ニーハオと挨拶すると、なにやら、聞いたことのない返事が返ってきたのだが、それは、今日という言葉に値する表現だった。ジン、ティエン、みたいな表現だ。 ジンは、なにか中国人の名前みたいだな~、ティエンは、「天」らしい、、、ということで、とりあえず覚えてしまった。ただし、ジンのイントネーションは確認していない。 その彼女が、明日は、ミン、ティエンよと言ったので、あ、ミンは明だろうと予測。 イントネーションはまだちゃんと覚えていないけど、一度、本とか辞書で確認したら覚えれるかも、、、というレベルまで来た。 彼女が、中国語では、まず時間の概念を言うのよ、、、と教えてくれる。 へ~~~。 もしかしたら、中国語の動詞は、現在も過去も同じ形を使うから、最初に時間(今日とか、明日とか)を言ってしまうのかな~、なんて話をした。 すると、彼女が、過去のときに、ラ~ってのを加えることがあるんだけどね、と言った。これはまだ自分には無理だなと思ったが、うっすらと覚えておいたら、次にぶつかったとき覚えられるだろう。 中国語は、四声とかいうのがあり、同じ1シラブル・1漢字の言葉でも、音程の上げ下げ具合で4種類ぐらいある。 私は、それがはっきりしないとその単語を覚える気にならない。しかし、日本語でも音程を変化させると意味が変わるので、納得はする。 日本人は、高校受験や大学受験でとりあえず、カタカナ発音プラスありもしないアクセントの位置を丸覚えし、そのあとで、覚えなおすという気の遠くなるような作業をしている。 私は絶対それはいやだ。 さて、会社が終わって、駅にあるいていたら、私よりちょっと年上かぐらいの中国人らしい女性が同じ方向に歩いている。同じ会社かな?と思ったのだが、もしかしたらネイティブ中国語会話のチャンスかと思い、 暑いですね~ と英語で言ってみる。 すると、あなたは中国人ですか?と英語で質問してきたのだ。 な~るほど、私は、「角刈り」+「懸垂」+「たんぱく質補給」+「かかとに重心をおいて歩く(ネイティブの標準姿勢、英語喉29ページ参照)」、、、…

難しい、というイデオロギー

さて、東京ではYUMIさん、兵庫(というか関西地域?)では天満さんが、英語喉を活用してくださっている。もしかしたら、その他でも活用してくださっているかたがいるかもしれない。大学の教科書で使われている?といううわさも聞いたことがある。 私自身が、ジーナと一緒に直接教えたときは、喉発音ができなかった人は皆無だ。ただし日常会話で使うときの定着というのは苦労されていただろう。しかし、私達の目の前で繰り返してもらっている環境では、全員が発音を比較的簡単にマスターされた。それをもちろん定着するのが難しい。 いや、お一人、もともと日本語でSを言うときに、舌足らず的になられるかたがおり、そのかたは苦労されていた。教えるほうとしても、ぜひまた来ていただいて1対1で指導させてもらいたい。 練習中はなんとかできるところまで言っても、実際に使うとどうしても緊張されるかたはおられた。 たぶん30人ぐらいは直接教えさせてもらったが、初日にLとRで苦労されたのは、お一人だけだったが、そのかたは、2回目のレッスンのときに、驚異的に上達して、私とジーナをびっくりさせた。これは、不思議だ。日本人が1番難しいと思っていたLとRが一番簡単な感じがする。喉を意識して、緊張させなければ、誰でもRが言える。犬のうなり声が出せない人はいない。だからできるのだろう。 お一人だけ、スカイプで教えさせていただいたかが、どうしてもできなかった(失礼、、、おそらく読んでくださっているのでは?)。そのかたでさえ、LとRだけは、できていたと思う。しかし、そのかたがいつかできるようになるならば、すばらしいことだ。できたときに、なぜできなかったのかを聞いてみたい。 本を読んだだけで、ピンときてできる人もいる。が、やはり手ほどきがあったほうが、分かりやすい。だから、天満さんや、YUMIさんのところに行くのが良いのだと思う。 多くの人が、「できているかどうかわかりにくい」と思われると思うが、おそらくそれは出来ていないのだと思う。というのは、喉発音は、できていたら、喉における響きかたが全然違うので、分かるのだ。だから、できているかどうか微妙だったら、きっとできていないだろう。 従来の教則本はこの点は非常に甘い。できているかどうかわかるどころか、とにかく口を動かすということなので、その口を動かすこと自体はできるだろう。だけど、だからといって正しい発音ができるわけではない。そもそも、例えば、口を大きく開けてと指導している先生自体ができていないだろう。だって、本当に英語ができる人ならば、口を開けたら正しい音になるかどうかなどは自分で分かるからだ。 分かりやすい、実践しやすい、、、という方法はあっても、だからそれで正しい英語ができるようになるか、、、ということは違う。しかし、日本人は一生勉強だとか、一生、英語を鍛えるという考えがあるので、その点が分かりにくいだろう。 これまで聞こえず、発音できずで日本人は英語を勉強してきたからこそ、英語が難しく感じるのだと思う。これが聞けて発音できたら、実際、外国語はそれほど難しくない。 英語喉が難しいとおっしゃる気持ちが分かるが、それはしかし、正確に言うと、「難しくて、すぐに出来ない」ということではないだろうか?説明が難しいというよりは。実際の実践が、これまで何十年もやったことのないことだから実践がややこしいということではないだろうか。それはありえる。 信じていただきたいことがある。それは英語のどは、本当にステップのそれぞれが大切なのだ。だから、例えば、息を吸いながら喋るというヘンなことをできない人は、その後のステップに進んでも無駄だと思う。息をすいながら喋ることは、例えば、西洋人なら誰でもできることだ。それが出来ない場合、次のステップに進んでも、できないだろう。 だから、できるまでやることをお勧めする。そのときに、難しいと感じるとすると、それは、実践がややこしいということであり、テキストが難解だということではないと思うがどうだろう。 ただし、あるレッスンの内容ができなくても、次のレッスンで気づくということがありえる。だから、それは英語喉に明記してある。例えば、i_ ができなくてもa_でピンときて、またi_に帰ることも可能だろう。 ただし、3ビートのほうが即効性があるという話はよく聞く。だから機関銃英語が聴き取れる!をやってから英語喉をやるというのもありえる。だって、英語がよく聞こえるようになれば、喉の音もよく聞こえてくるだろう。 勘のいい人は、英語喉って結局、喉でできたら後はまねるだけでしょう?とおっしゃる。これは正しい。個々の音を練習してもらうわけだが、結局、喉の深みを到達できたら、全部が直る。これは2年以上前、空さんにアドバイスしたら、え?そんな???と疑われながらも、練習をつづけ、非常にうまくなられていた。 あと、英語喉ができていたら、起こることがある。それは、きっとKATSUさんも経験されたと思うが、あ!あれはこういうことだったのか?!というのが、色々と頭に浮かんでくる。三修社さんに最初に紹介したときも、そういう会話があった。私は、最初のころ実践につきあってもらったかたがたとそういう話を始めると、話がとまらなくて困る思いをした。 今、実際、書いていて、とまらない。 1ヶ月に一人ぐらい、キャラの強い人が登場してくれるテンポになっていて面白い。今回は、YUMIさんが登場してくれた。次は誰かな??? きっと、今、どこかにいらっしゃるのでしょう。 まだ英語喉をことを知らないかもしれないですね。 タイで日本語を教えてらっしゃるかたも、英語喉の存在は知っていたけど、1年ほどほっておいたと書いてらっしゃった。 私のたくさんの友人達も、英語喉は知っていて、持っていたりするけど、本気にしていないと思う。ふーん、って感じだろう。そもそも、英語を毎日NHKラジオで聞いている母、あるいは、英文科だった二人の妹でさえ、きっと本気にしていないし、また親戚で英語のできるオジサン、オバサン、それから帰国子女の従兄弟だって、きっと、その効果を信じていないだろう。 …

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. 大変興味深く拝読させて頂きました!ありがとうございます。
    そして私のブログに僭越ながらこちらの日記を紹介させて頂きました(事後報告ですみません)。
    これからも更新楽しみにしております! 東

  2. これは結構深い話かも知れないですね。
    しかしいまひとつイメージできないのも正直なとこなんです。
    「体をリラックスさせて、不良少年がタバコをふかしている、」
    というと、なにかだらーっとだらけていて、猫背ぎみに、ニヒル
    にしているというイメージなんだけど(家の周りで、夜僕がウォー
    キングする時にコンビニの近くでたむろしてる若い連中はこんな
    感じ)、これは英語喉のレッスン5に出てくる軍隊式に近いとも
    思える姿勢とは-リラックスはしてるんでしょうが-かなり違い
    ます。
    僕はこの頃よくイギリスに行きます。先月も行ったんだけど、取引先の人がすごく真面目で、少し神経質な人なんです。全体的に姿勢も含めて硬い感じのする人です。しかし、あたりまえですが、発声は完璧に喉発音なんですよね、これが・・・・・。姿勢も、ダラーっと猫背というよりは、レッスン5の姿勢です。でもこの姿勢でい
    ながらも、恐らくリラックスしてるんでしょうね、でないと喉発音にならないでしょうから。んー、難しいな。

  3. いわゆる不良少年は、体がリラックスしていて、気持ち的に、「なめんなよ」という感じなので、猫背気味でニヒルに見えるのでは?気持ちの部分が、「世界に平和を、ラブラブ!」だったら、また違って見えるのではないですかね。逆に、リラックスしていないと、「なめんなよ」でも、「世界に愛を」でも、硬く見えるって感じでないですかね。