Skip to toolbar

En français et en japonais, deux hommes discutent de Noël #01 フランス語と日本語で話した

ランジエッジ・エクスチェンジという語学学習方法。

フランスのルイさんと日本とフランスのクリスマスの祝い方の違いについて、日本語とフランス語で話しました。

このように録画したあとで、出てきた単語を復習すると、まるで会った人の顔を覚えてしまうような感じで覚えることができるように思います。

今のところ、聞き取れて、意味が分かるのはラッキーな時です(パターンA)。聞き取れるけど、意味が分からない、、が書いてもらったら分かることがあります(パターンB)。そして、聞き取れているがスペルを聞いてみたら、やっぱり知らない単語だったというのもあります(パターンC)。

パターンBをとりあえず増やしていくと楽になると思っています。というのは、フランス語は3年間、大学時代に勉強したのと、ラテン系の言葉は英語や自分がまあまあ知っているスペイン語にたくさんあるので、見たら分かる単語がたくさんあるはずだからです。

この動画の下には、この動画の中でてきた表現をメモをしてみましたが、これらの単語は次にでてきたら分かると思います。あと、この動画を見ていて思うのですが、英語喉をやっているので、ルイさんが言っていることが繰り返せていると思います。これができると、勉強が楽のように感じます。

ルイさんとは土曜日に30分、練習をしていますが、今日は録画しましたので、次の週はスカイプで、「あにめ」について話す練習をします。そしてその次の週にまだ放送形式でやりたいと思います。

つまり、ある週はテーマを決めた上で会話の練習をします。そのために予習をしますし、また新しい表現を復習するようにします。次の週には放送をしますので、言いたいことを準備します。放送の後はこのように動画にしておいて、メモをする、、、と。

au sujet de (=on the subject of)

des (about)

nous collaborons
(Christmas) eve = La veille
Je n’ai pas besoin de ~ (I don’t need to)
recevoir de l’argent (receive money)
dans mon cas (in my case)
vingt cinq cousins (25 cousins)
je connais (I know)
Se détendre (relax)
être détendu (relaxed)
tendu (to be tense)
amical (friendly)

Related Articles

2014年クリスマスソング英語喉自慢

NatCole https://audioboom.com/boos/2748864-jingle-bells-2014 YUKI https://audioboom.com/boos/2745038-please-come-home-for-christmas-take-one Kenji https://audioboom.com/boos/2753095-war-is-over-karaoke Nody https://audioboom.com/boos/2752593-rudolph-the-red-nosed-reindeer-2014-12-23 Mop https://audioboom.com/boos/2752768-the-christmas-song-cover-2014-12-23 Kaz https://www.youtube.com/watch?v=dIjCvKYrxJk Nagasaki no ame https://audioboom.com/boos/2747630-blue-christmas 投票はこちらから。 https://www.surveymonkey.com/s/YKCMWGM

スペイン語とかフランス語でも

喉実践者のSさんがスペイン語も勉強されているということなのだが、これまた喉で発音し3ビートをやっているとうまくいく、、、ということで、順調に勉強がすすんでいる、、、ということらしく、うれしく思った。   日本語に似ている(母音が同じ)スペイン語ほど、3ビートが難しい。あまりに似ているもんだから、日本語に影響されてしまうのである。だから私はスペイン語がちょっとぶつ切り的(2ビート)になってしまう、、どころか、スペイン語を喋っていると、英語まで影響を受けてしまう。だから努力して3ビートにし、特にシラブルをスムーズにつなげるようにするとうまくいく。   フランス語も同じだが、フランス語で気をつけるのは、ゲップエリアを使うという点だ。スペイン語はどっちかというとアクビエリアが多いようだ(定位置がゲップエリアだということは変わらないが)。めちゃくちゃ低い位置で発音するとフランス人みたいになる。   めちゃくちゃ深いところで発音するもんだから、口発音のカタカナ発音とは全く違う発音になる。   フランス語の場合、カタカナ発音でのシラブル数と、ネイティブ発音でのシラブル数がえらく違うことがありえるなあ、、と思った(英語でも同じかなあ)。   通じないはずだ。   喉実践者の皆さん、ためしに、スペイン語とかフランス語でもやってみませんか?   さて私から、、、(ずっと前に録音したんですけど)、、、   喉と3ビートでスペイン語を読んでみた(後で聞いてみたらtierraという単語のRRを忘れている、、忘れただけです、、、あしからず)。 http://www.nippondream.com/temp/kazspanish.wav 次に喉と3ビートでフランス語を読んでみた。 http://www.nippondream.com/temp/kazfrench3.wav   特にフランス語はまだまだ未熟だとは思うが、通じることは通じるだろう、、、という感覚がある。喉と3ビートでやっているからだ。   大学時代にフランス語をやっていたときは、絶対に通じないな、、、という悲痛の感覚をもってフランス語を読んでいた。  …

TED EVENT (NEW YORK)に応募しました

TEDというのをご存知ですか?昨晩のMIDNIGHTがニューヨーク部門でのしめきりだったので、昨晩、企画書を提出してみました。これが、募集要項でした。 http://conferences.ted.com/TED2013/auditions/new-york.php これも押していただき、人気投票ランキングにご協力を! http://blog.with2.net/link.php?709532:1932 The Discovery of the Throat Theory for the linguistics Science — by Non-Specialists TED Conference Application (New YorkCompetition) 04 19 2012…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.