名前の読み方

以下の質問をQ&Aにて答えましたのでご参考にしてください。 

***

英語ネイティブの名前の読み方の質問なのですが、英語ネイティブは名前を読む時は苗字と名前をつなげて読みますか。それとも切って読むのでしょうか。

***回答は以下

http://www.nippondream.com/tips.htm 

Related Articles

あれ、全然違う結論に?私の意見と、ハワイの先生の意見

まず最初に、 喉1号さん、なかなかよいです。喉発音ばっちりです。ただ、まだ舌のほうの問題が解決していません。両唇音のときに(MとかB)目立つのですが、舌が屋根に付いたとき、たぶん、喉のほうも同時にしまり気味になっているのではないかな?わざとゆっくり、そういう音を、練習してみてください。そのときに、喉の底で響きを継続的に感じてみてください。BENTOというとこのBEだけでもかまいません。Bのところで、響きが切れているのではないかな?喉が絞まりぎみになると切れます。 UKEKOさん、LとR、あるいはZなど、もうちょっと喉発音位置を下げるとうまく行きます。1センチぐらい。今、ちょっと浅めになっています。 さて、ハワイ大学の日本人の先生が、英語の発音は母音とアクセント(の位置)が大切だとBLOGで書かれていた。これは私の結論と逆です。紹介します。 ハワイ大学アメリカ研究学部の先生で、吉原真里教授のBLOGです。今ちょうど日本にいらっしゃるそうです。 http://mariyoshihara.blogspot.com/2010/06/9.html タイトルは、「英語の発音は母音とアクセントが9割勝負である」です。 英語喉の観点からいうと、アクセントというのはあまり関係ないということがいえるので、全く逆の意見ですね。 ちょっとびっくりしました。私と同じ年に生まれたかたで、アメリカでPHDをとったというのも同じです。アメリカに長く暮らしておられるのも同じです。でも、英語に関しての結論が180度違います。 このBLOGの途中で、日本人の人が英語で歌を歌っていて、発音が問題だったとおっしゃっています。ご本人も書いてらっしゃいますが、歌だと、アクセントはメロディーの音程に左右されるわけです(引用すると、、、歌の場合は、アクセントはまあ音符に従うわけですが、母音は正しく発音しなければ致命的です。)。 私的、英語喉的には、じゃあ、英語にとってアクセントは関係ないということでしょ?と言いたいです。英語の歌って、メロディーのせいで、アクセントが自由になりますよね。でも英語の歌をネイティブは理解します。だからアクセントは、理解するためには関係しない、、、とくるのが正しい判断じゃないかな???すなわち、会話のとき、アクセントの位置は自由でよいということです。 その他にもアクセントが大切でない理由がたくさんあります。 1.1シラブル語においては、アクセントの位置の問題は存在しない。英語には1シラブル語がたくさんある。それでも英語ネイティブは、英語を理解できる。 2.アクセントの位置で意味が変わる英単語はほとんどないのでは?実際は発音自体が違う。例えば、レコードは極端に書くと、レカード、録音するは、リコード。アクセントの位置が違うというより、発音自体が違うのです。詳しくはhttp://www.nippondream.com/tips.htm#accent 3.繰り返しになるけど、歌でメロディーにのせて英語が歌われても、ネイティブは理解できる。 4.アクセントの位置を変えたら、突然、英語が通じだしたなんてことは起こらない。 5.文字には、アクセントの位置を表す記号はつけない。でも読み手は英語を理解できる。これは意味が分かりにくいかも。 6.わざとアクセントの位置を間違っても通じる。KAZYさんのhttp://kazkaz130.blog.so-net.ne.jp/2010-07-08 を参考にしてください。 7.実際、結構、ネイティブは平坦に英語を喋っている。アニメのように極端なイントネーションで喋っている人は、大げさにやっているだけ。 8.私も平坦に喋るが、通じます。実際そうでしょ? 大切なのは、シラブルの数、それから喉で発音することです。 アクセントの位置がここまで言われているのは、きっと、日本の試験問題の素材になるからでしょう。暗記問題に使える知は、数学だろうが、英語だろうが容赦なく、知識の様態が変わっています。 一方でシラブルの数を問う問題は、簡単すぎて入試試験などに使えない。母音の数と同じだから(二重母音は一つとみなす)。 試験のために、英語という知識がひんまがってしまっているのかな? アドリブ英語で喋ってみました。音声ファイルは…

一緒にやってみましょう

喉のレッスン1、2,3,それから33を一緒にやりましょう。3ビートの感覚的な説明も加えて、動画で説明しています。以下のページの最初のところを見てください。 http://www.nippondream.com/tips.htm      

ご質問 日本の地名を英語ネイティブはどう読む?

http://www.nippondream.com/tips.htm#chimei   ご質問 日本の地名を英語ネイティブはどう読む? Sさん (10月27日) とてもすばらしいご質問です。ネイティブはネイティブで、どのように英語が日本語(外来語)になるのかについて考えることがありますが、その日本版ですね。例えば、SWEATERが、スウェーターでなくて、なぜセーターなんだろう、、、と(前者のほうがどちらかというと原音に近いのに)。 ところで、ちょっと寄り道をしますと、私(JEANA)は昔から上に書いたような疑問を持っており、日本人がどのように英語を聞いているか、認知しているか、、、を考えていたことが、ネイティブメソッドの発見につながる一つのルートになったと、感じています。 なぜ日本人はTで終わる英単語を「ト」とするのか、、、と。例えば、CARTはカートとなりますが、実際は、カータとしたほうが、原音に近いのに。あるいはMで終わる単語、例えばTIMEをタイムとしますが、英語ネイティブの耳にとってはタイマと言ってくれたほうが、原音に近い、、、と(特にマのところを弱くよむなら、、、ちょっとイタリア語っぽくなりますが)。 なんらかの理由で終わる英単語の終わりにくる子音を、Oとか(例は省きますがU)を聞いてしまう傾向があるようです。なんらかのDEFAULT的な認知の仕方があるようです。 注 DEFAULTとは、学習者にとっては最も自然、楽で、快適な状態を指します。 さて、ご質問に戻ってきますが、英語ネイティブにも、外国の単語、ここでは日本語を処理するときの、DEFAULT的な処理の仕方があります。 日本の地名をどう読むかですが、比較的、システマティックです。ただし、以下のことを理解するためには、学習者自体が、喉発音を理解し、喉の定位置をゲップエリアにしておく必要があります。定位置がゲップエリアになっており、個々の発音の喉発音位置を正しく発音していると、以下のことが理解できますし、また自然と、英語ネイティブ(ここではアメリカ人)の読みがちな読み方になります。 例えば、KAGOSHIMAをどう読むでしょうか?KAのところだけに注目してみます。可能性としては、色々ありますが、二つだけあげると、 K-a_-G/G-O-SH/SH-I-M/Ma_ (こっちがアメリカ標準) K-A-G/G-O-SH/SH-I-M/Ma_ 喉と3ビートをマスターしておれば、最初のほう(a_)を楽に感じるでしょう。楽に感じる理由は、喉の定位置がゲップエリアであること、KとGの音が持つ色々な特徴がからみあい理由を作り出しています。 (最後のMa_がMAでなくてMa_なのも、喉の定位置がゲップなので、ゲップエリア発音である音で終わるのが、一番楽なのです。) 「刺身(さしみ)」はどうでしょうか?アメリカ発音の喉、そして3ビートがマスターできたうえで、次の両方の発音をトライしてみると、様々な要因がからまって、後者のほうが楽に発音できます。 S-A-SH/SH-I-M/MI S-u_-SH/SH-I-M/MI (こっちがアメリカ標準) ただし、上にあげた例はアメリカ標準英語の場合です。それ以外の英語の場合(例 イギリス英語、オーストラリア英語)、喉発音の定位置がゲップエリアであることは変わりませんが、個々の音の喉発音位置が違っています。したがって、「楽に感じるかどうか」の方程式が変わりますので、読み方が違ってきます。 補足 上のことは、日本語を勉強していない英語ネイティブが日本語を(英語として喋っているときに)どう読むかという問題です。  

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. こんにちは。私のブログにコメントいただいて、ありがとうございました。

    ところで質問が2つあります。
    まず、多くの発音の教材では、「英語をしゃべる時は、日本語よりイントネーションを大げさにつけなければいけない」
    と書いてあります。一方、「英語は平坦である」という教材も少数ですが、あります。
    以前のブログの記事でもあったとおり、外国人用のリスニングのCD等は、不自然に大げさなイントネーションがついているけど、普段の会話では、英語はもっとずっとフラットですし、日本語がピッチアクセントの言語であることからも、むしろ日本語の方が音程がこまめに変化していると思います。ネイティブの友達からも、「英語はもっとフラットに話さないと、日本語っぽく聞こえる」と言われたこともあります。
    実際はどうなのでしょう?

    もう1つは、「英語はもっと顔の筋肉を動かさないといけないが、日本語は顔の筋肉をあまり使わない」というようなこともしばしば目にします。
    しかし、英語喉式では、英語話者は歯の治療中でもしゃべれるということなので、やはり全く逆の話になります。
    私は、筋肉の動かし方について専門的なことは知りませんが、どうしても英語で顔の筋肉をたくさん使うという話に疑問が残ります。

    単刀直入に言うと、「英語はイントネーションを大げさに」「顔の筋肉をたくさん動かす」という教え方は、間違っているのではないかと思うんですが笑、どうでしょうか?

  2. >単刀直入に言うと、「英語はイントネーションを大げさに」「顔の筋肉をたくさん動かす」という教え方は、間違っているのではないかと思うんですが笑、どうでしょうか?

    顔の筋肉を使うという点ですが、これは、どうしても、外国人に対して(あるいは、そうでなくても)、なにかをはっきり伝えてあげたいときに、顔がおおげさになる、、、という現象は起こりがちですが、それを特に学習者がまねする必要はありません。英語喉でも、日本語を外国人に教えるときに、私たち自身、歯をむき出したりしてしまう、、、というエピソードを紹介しています(「おちゃ」という単語を外国人に丁寧にわかりやすく言ってあげている自分の顔を想像してみてください)。

    ただし、日本人が英語を学ぶというコンテクストにおいては、顔を緊張させるアプローチや、口の筋肉を鍛えるというアプローチ(従来の殆どのアプローチ)は、実害を起こしてしまいます。口や喉がリラックスしていないと、喉発音の実践が困難になります(3ビートも難しくなります)。

    また、あまりにおおげさな表情(そしてイントネーション)は、外国人とのコミュニケーションに障害を起こします。ものすごくテンションが高い人だなあ、、、という印象を与えます。