オペラっぽく歌う

Topic Progress:

オペラっぽく歌うと首の根本が発声の基本位置になってきます。

こつですが、声がまるで水であるかのように想像します。そして、それを口の外に出すのではなく、首の根本にためるようにしながら歌う練習をします。

オペラ歌手のような声をだすには、顔も「とろん」として、アホ顔にします。

歌うときは縦に体を揺らすのではなく(そうすると首に力が入ってしまうため)、横にダンスをするように揺らしてください。

以下は例ですが、分かっていただけるでしょうか?

https://www.youtube.com/watch?v=DrFQ5XjzZf0

 

英語喉オンラインサロン・コースへ飛ぶ

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.