先日紹介した女性ギタリストのインタビュー、、、で聞き取りテスト

昨日、10ドルだったので、まあ安いと思いこの女性アーチストのCDを買った。ACCORDING TO YOUという歌はなかなかの優れもので、チャートを上昇中だ。 英語喉は低い声を出すだけ、、、と思っている人に彼女の声をきいてもらいたい。物好きで声変わり中のがまカエルのような声を出しているわけではない。 http://www.youtube.com/watch?v=1YGCQrdSSOc さて、聞き取りテストだ。ちょっとRの発音の仕方(など)がアメリカ標準でないので、ところどころ聞こえにくいところもあるが、(オーストラリア出身だそうだ、、、でもアメリカにしばらくいるので、丸出しではないと思う)、ちなみに、18秒あたりで出てくるのは、カルロスサンタナだ(私自身、最初、聞きにくかったのでヒント)。ボノ(U2)と、ポールマッカートニーという名前も出てくるけど(47秒あたり)、聞こえる? 1分24秒のとこで、HIREDと言っているのだと思うけど(オーディションに受かると思わなかった)、Rの発音が浅い感じがして、何回か聞かねばいかんかった。 ところで、アメリカで仕事をしていて、聞く英語はほとんどがこのような英語だ。女性の英語もこのように、がまがえるである。  

LEAP YEARという映画のトレーラーで英語喉クイズ

これはテレビの宣伝を見ていたら、出てきたLEAP YEARという映画の宣伝用英語なのだが、13秒あたりから見てほしい(秒は画面の右下のほうで、チェック)。まあ、始まってすぐなので、わかりやすいが。 結婚してくれといわれたとしたときの、驚き顔を練習してみよう!みたいなことを言われて、はー?ともひゃーとも聞き取れる驚き声を出している(左の主人公のほうが)。 さて、英語喉クイズです。この驚き声、息をすいながら発声しているでしょうか、していないでしょうか?  http://www.youtube.com/watch?v=Argw8RXNREkあと、英語聞き取れるかな? ネイティブは喉を開いたままでしゃべっているので、息を吐きながらでも、吸いながらでもしゃべれるのです。 そもそも驚いたとき、息を吐くまでまっていると、驚くのが遅れるよね。日本人は息を吐きながらじゃないとしゃべれない。音を切る=喉にブレーキがかかる=息がすえない、、、と。 英語喉に懐疑的な人は、どいつもこいつも喉の響きが日本語と違うということを意識してみてください。

Skip to toolbar