フランス語が内容をともなって頭に飛び込んできた 感動

広島の人が、アメリカの核実験に抗議して、、、うんぬん、、、という話をAMラジオニュースで聞いた。

何が、感動したかというと、私はこのニュースをフランス語で聞いたということだ。ラジオをつけた瞬間、え?フランス語ってこんなにのろまだった?と感じた。あ、これは男性のアナウンサーがたまたまゆっくり喋っているのではないか?と思ったが、女性キャスターに代わってからも、フランス語はノロマなままだった。

しんいちろう いしはら という名前が聞こえて、あれ?日本関連だと思っていたら、急に、意味が飛び込んできた。

広島のなになにさんが、アメリカのオバマ大統領に、核実験に反対して、、、うんぬんうんぬん

と。

感動だ。

最近、土曜日に教え始めて、あるかたが、メールで、シラブルのボンボンが全く意味が分からないとおっしゃっていらい、工夫しないといけないと思い、拍手をシラブルに合わせてしてもらう方法をやっている。 いや、拍手の方法は前からやっているが、具体的に、日本語と英語のスピードを比べてもらうのが目的だ。

まず日本語で、やってもらうと、日本語のシラブルが速すぎて、手がついていけない。

ところが、英語でやると、シラブルが結構、遅いので(のろまなぼんぼんぼん、という感じ)、余裕でついていける。

そういう教え方を始めて、セミナーは2時間なのだけど、最後で、あ!聞ける!と感動してもらえる確率がぐーんと増したのだ(ちなみに、受講料は、効果があったときだけと御願いしている)。

で、頭のなかで、あ、バスケットボールをつきながら、自己紹介してもらったらどうだろう。まずは、日本語で、、、無理。速すぎて。英語は、ボールをつきながら、シラブルのリズムを合わせて自己紹介は可能。

HELLOはHEL-LOで、ボールを2回つく。

そんなことを頭の中で想像していた。

そういうなかで、今朝、フランス語のラジオを聞いたら、フランス語がものすごくのろい。

のろい。のろい。のろすぎて、亀のようだった。

すると、意味が飛び込んできたのだ。

そもそも、英語がのろいというテーマは、NKJMさんが英語喉の感想で、TOKYOを外人が発音したら、やたらのろまに聞こえる、、、という話から始まったのではないか。

NKJMさん、ありがとう!

ちなみに、TOKYOが、やたら間延びして聞こえるのは、直接の原因は、KYのところをどう発音していいか分からないので、一つ、シラブルを足す、、、という、ちょっと例外的なことが起こっているということもある。それにしても、やはり、西洋言語は遅い。

というか、シラブルに音を2個つめただけで、発射可能になる日本語こそが、機関銃言語なのだ。

他の言語は、3個詰めるので遅い。

こんな説明をしてみた。

***

そもそも、シラブルを無視して聞いていると、例えば、「first of all」がものすごく速く聞こえるのではないでしょうか?
F-I-R-S-T-O-F-A-L
の一個一個の音を聞いているならば(全部で音9個かな)、例えば、この全体を1秒で言うならば、1秒 割 9なので、1音につき0.11秒です。

ところが、実は、日本語のヒラガナと同じようにシラブルというのがあると気づけば、
FIRST-OF-AL(あるいはFURST-TUV-VAL) は3つの塊からなるので、1シラブルのスピードは、1秒 割 3 で 0.33秒になります。遅い、遅い。

****

さて、上では、NKJMさんのことを紹介した。また、セミナーに来てくださった方のことも紹介した。こんな感じで私は、喉実践者さんからの刺激を受けて、指導法を工夫することが楽しい(といっても、常に、英語喉を見たらもう書いてあるのだが、、、やっぱりジーナはすでに言っているといつも思う)。

GOROZOさんというかたが、THを舌をあまり動かさずにやっている、、、ということをTWITTERで言っていたけど(GOROZOさんだったかな?)、それも実は、なーるほどと思うことがあったので、明日、書くので読んでね。でも英語喉読んだらやっぱりもう書いてあるんだけど、、、。

Related Articles

英語教育に関する日本人の幻想

日本人が英語教育と称してやってきたことの多くは幻想であった。 http://blog.with2.net/link.php?709532:1932 例えば、今でさえ、中学高校生は単語のアクセントの位置を覚えている。センターテストでは、強く読む語を問われる。ネイティブにその質問をしても、とまどうのだが、実は、こういう強く読む、弱く読むというのは、 1.誰でもできる 2.暗記できる 3.試験形式にできる 4.人数が多くも教えられる から、大切だと勘違いされてきたのである。 もうひとつの勘違いは、熟語が存在するという勘違いである。日本では熟語集と称して、多くの熟語を覚える。日本語には4字熟語というのがある。日本語にもあるから、英語にもあるという発想である。 しかし、英語には熟語が存在しない。さっそく、それでは、VOICE OF AMERICAの記事を見てみよう。 BANGKOK – Burma’s democracy leader, Aung San Suu Kyi, is leaving the country…

英語はノロマな亀である 日本語よりも遅い遅い (皆さん、これ絶対読んでね)

英語の聞き取りに苦労している人が多いが、 英語は日本語よりも遅いということをはっきりと認識してほしい。本当にノロマな亀だ。 だって、1シラブルに普通、少なくとも3つは音を入れなくてはいけないし、二重母音やら、複数の子音が入れば、シラブルがちょっと伸びてしまうかもしれない。 一方で、日本語こそが、機関銃言語である。1シラブルに、普通二個しか音をこめないから、速い速い。 <最近、英語が早口すぎて困っているという人の相談を聞いたが、それは、もしかしたら、英語を2ビート(日本語の要領)で喋っているからではないだろうか?> さて、音声で聞いて、発想の大転換をしてほしい。日本語を早めに言って、シラブルに合わせて、手拍子を打ってみる。速すぎて、手がついていかないほどだ。 ところが、英語ではどうだろう?速めに喋りながら、手拍子を打ってみても、余裕でついていける。 おはようございます、のヒラガナごとに(つまりシラブルごとに)合わせて、手を打とうとしても、速すぎてついていけない。ぱぱぱぱぱぱぱぱぱ。 しかし、GOOD MORNINGは余裕でついていける。3シラブル(GOOD-MOR-NING)なのでパンパンパンと手拍子を打ちながら言ってみよう。HOW ARE YOU?は3シラブル(HOW-WAR-YOU)なので、パンパンパンでいける(シラブルというのは、基本的に子音ー母音ー子音からなる音の塊)。 ところが、元気ですか?は ぱんぱぱぱぱ、、と結構速い、速い。 音声で聞いて確認してほしい。 英語はノロマだ。早く聞こえるのは、文字通り、MとかKとかAとかの個々の音を聞いて、それを処理しようとしているからだろう。 しかし、英語のヒラガナであるシラブルにピント?を合わせてほしい。すると、のろまに聞こえる。 喋るときも、のろまでよい。 英語はノロマな亀です。 音声はここです。 www.estat.us/blog/sloweng.mp3   <100年後にこの文章を読んでいる日本人の皆さんへ: 今日は、2010年の9月27日です。100年前はこれを言っても、信じてくれる人はあまりいませんでした。なぜならば、2000年代初頭の日本では、精神論が猛威を振るっていたのです。がんばればよいとか、がんばることが大切だとか、そういうことに、気をとられていたのです。でも、多くの実践者が喉パラダイムを経験して、少しづつ広まっていましたよ。>

日本を心で+アーティストさんたちの貢献+なぜ英語喉で聞き取り100%になるのか

まだまだ緊張の続く日本ですが、東京の水は、今日は、子供でも飲んでも問題ないレベルに落ち着いたと聞きました。被災地のかたがたのことも祈りつつ、書きたいと思います。菅原里奈先生がブログで、声を出すことを薦めていきたいと書いておられました。私も、今回、仕事で色々と読みましたが、心のケアというのが大切になってきます。災害心理学の人達が、地道に研究を重ねてきていて、そしてそれを、多くの人が読める形で、情報提供しています。 同じようにアーティストの方々は独特の貢献ができると思います。 LOUDNESSのニイハラさんがBLOGで、米国ツアーをすると発表されていて、実は、DCの私のうちの近くでもライブをされるので、チケットを買いました。ニイハラさんが「この時期に」と批判している人がいましたが、私は、アーティストのかたには、独特の貢献ができると思っています。それは心のケアの支援ではないでしょうか。特に、アメリカに来てニイハラさん、およびラウドネスのメンバーのかたがたは、アメリカ人に対しても応援を訴えられるのではないかと思います。 特に、ニイハラさんは、喉発音で英語を話し、歌われるかたです。アメリカ人に対しても、心がびんびん伝わることでしょう。 私自身も、できることをやっていきたいと思います。 さて、MASAさんが英語が100%聞けるようになったという報告をMIXI日記でされておりました。なぜそこまでいたったのかというMASAさんの考察も読めるのでぜひチェックしてください。 http://mixi.jp/show_friend.pl?id=7661548 それから音声も再UPされています。 MASAさん、英語喉実践34日め http://voon.jp/a/cast/?id=s1xt8ruzodz1tnng#seal 音声によるアドバイス (かなり国産ネイティブに近いが、喉ブレーキがまだかかっている部分を指摘、、、そして日本語やフランス語でも喉の底の肉をぶるぶる響かせながら音色に変えていく練習を薦めました。) www.estat.us/blog/masa_03_24_2011.mp3 ここまできたらあせらず、歌を歌ったり、ネイティブとマジわったりするなかで、リラックスしてうるさい場所などで話していると、そのうち喉ブレーキを使うこと自体が面倒になってきて、ぽとんと完全に発音位置が落ちるでしょう。 MICHYさんも同じです。日常生活に英語を使うというのをとりいれながら、また歌もとりいれて、やっていくといいですよ。 さて、英語が100%聞けるということに関してですが、私はラジオなどを聞いていて思うことがあります。多くのかたが、語彙を強化することで、英語の聞き取りを向上させたいと思われると思いますが、実際、3分の2ぐらいの英語って、外来語的に日本語になっているように思えてなりません。 今朝もラジオの番組を聴いていましたが、ほとんどの英語が中学で学ぶ単語レベルか、あるいは、すでに日本語になっていると思います。それらの単語を除くと確かに、覚えていないと分からない単語はあるでしょうが、音としては聞こえるので、なんとなくコンテクストから意味がわかるし、またアメリカのラジオ放送で使われる文というのは、一つや二つの単語の意味が分からなくても分かるような文が使われているように思います。 だから、音が聞けるようになると、MASAさんが経験されたようなものすごい革命的なショックを感じることができるのではないでしょうか??? 例えば、VOICE OF AMERICAの以下のニュースを参考にします。 http://www.voanews.com/english/news/asia/east-pacific/Repair-Work-Resumes-at-Crippled-Japanese-Nuclear-Plant-118563704.html 1文目だけ見てみよう。  Two workers at…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. こんにちは
    gorozoです。
    以前弁当箱をアップさせていただいたとき
    KAZさんにthの時舌をつけて離す音を指摘されました。
    たしかに私のthは舌を歯に付けてから離す音でした。

    その後英語喉をもういちど読み返しましたが、イマイチ自信がなく自己流であまり舌を使わないように発音するようになりました。

    近々再度弁当箱アップさせていただきたいと思います。
    その節はよろしくお願いいたします。

    次のエントリー楽しみにしております♪

  2. GOROZOさん、ぜひBENTO BOX聞かせてください!

    THのほう、後で書いてみます。