UMEKOさん、TOEICリスニングセクション満点おめでとう

今日は、UMEKOさんが、以下のBLOGでTOEICリスニングセクション満点を報告されていて、とてもうれしく思いました。おめでとうございます。

http://73417248.at.webry.info/201010/article_1.html

なるほど、余裕で聞けるので、選択枝を先読みする必要がなくなった、、、と。英語喉のお陰と書いていただいていてうれしく思いました。

やっぱり3ビートですかね。音が切れないんだと。喉の音に集中力を合わせるならば、やはり、全ての音が聞き取れますよね。

矛盾しているようですが、音はつながっている+音はシラブルごとに束ねられている、、、と。

この矛盾するようなことが、結局、日本人にシラブルを気づかせることを遅らせたのでしょう。中国語は、ましですね。音はきれぎれである+シラブルごとに束ねられている、、、と。矛盾がありません。

さて、UMEKOさんが、選択枝を先読みする必要がなくなったとおっしゃったけど、私も英語喉でやっていて、文法やらコンテキストにさえ頼る必要がなくなりました。よく、背景も知っていないといけないみたいなことを聞くけど、英語を理解するのに、背景を知る必要はないと思います。今、CNNつけてて、世界の色んなニュースが入ってくるけど、背景全然知らなくても言っていることが分かる。

前は、文法に頼って聞いていたときもあります。予測しながら。でも今は、ただ聞いているだけ。

 

 

Related Articles

英語喉&機関銃英語の感想をここに集める

このエントリーに、英語喉と機関銃英語の感想などを集めたいと思います。皆さんのなかで、もし英語喉か機関銃英語をブログやHPで紹介されたというかたがおられましたら、このエントリーのコメント欄でご連絡ください(メールはquestion AT estat.us)!追加させていただきます。 *** MASAさんのMIXI日記(MASAさんか私のマイミクになれば読めます。ご連絡ください)http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1696089778&owner_id=7661548&comment_count=15 私のブログ http://plaza.rakuten.co.jp/fufufuu/diary/201011230000/ 英語音読研究所 英語喉に感銘 http://nsh-41.blogspot.com/2010/12/blog-post_16.html  英語を味わいながら留学せずにTOEIC950・英検1級を目指すブログhttp://ameblo.jp/mari-english-study/entry-10825320140.html  Eirene’s memories http://d.hatena.ne.jp/eirene/20110129/1296307814 ワンコがいっぱい 英語リスニング学習にオススメ教材1 改 http://arc-en-ciel.blog.so-net.ne.jp/2011-03-04  ジャズ&洋楽訳詩(東エミ)英語は喉だ!http://ameblo.jp/higashiemi/entry-10759585413.html 医学部受験の方法論 この本のお陰で今や僕はLとRの区別ができるようになりました。http://kounotori0305.blog98.fc2.com/blog-entry-41.html    英語喉物語 KATSUさん  シラブル(3ビート)って、本当におもしろい。 これを知ってから、リスンニング能力が向上していくのを日々実感できます。 http://ens-katsu.blog.so-net.ne.jp/2010-07-05  日本語英語の謎を解く 副島隆彦氏サイト(学問道場)の掲示板  よしかわさん  引用 「どこかで読んだ話だが、フランス人は英語を全く知らなくても、英語の発音は最初から明瞭に聞こえているそうだ。少なくとも、わたしは、このような英語を全く勉強していないフランス人、あるいは英語ネイティブの幼稚園児たちと肩を並べる段階にまで来たと思う。書籍「英語喉」は、このようなメリットを体験できるすばらしい本である。 」  http://snsi-j.jp/boards/cb.cgi?room=tomaya  カズ&ジーナの「英語喉」について考える.  英語喉革命さん http://blog.livedoor.jp/nodorevolution/archives/2010-04.html?p=2#20100427 …

メンタルトレーニングで英語喉を(必ずしも、声に出さなくても)

以下ではタイの日本人教師さんと、喉1号さんに、メンタルトレーニングの解説をしていますが、一般的な解説としても、以下の音声で解説してみましたので、参考にしてください。音声ファイルはここ:  www.estat.us/blog/mentaltraining.mp3    タイの日本語教師さんが音声UPをされました。ゲップエリアにまだアクセスできていないですが、アクビエリアを使われています。 http://thainihongo.seesaa.net/article/162450071.html 音声にてアドバイス。メンタルトレーニングの薦め www.estat.us/blog/thai_09122010.mp3 喉1号さんが、久々のUP。発声自体は、むちゃくちゃネイティブ。口がまだ活躍しているという課題は残るが、それが消えたとき、どんなネイティブ発音にあるか、恐ろしいほどだ。 http://nodo1gou.at.webry.info/201009/article_1.html 音声にてアドバイス。同じく、メンタルトレーニングの薦め www.estat.us/blog/nodo1gou_0912010.mp3   さて、UMEKOさんはTOEICを受けられて、リスニングがよくできたという感想を持たれたようです。ジーナが前から言っているんですが、語学学習においては、リスニングのほうが、発音より簡単だそうです。西洋人にとっては。だって、最初っから聞けるんだそうです。音自体は。日本人にとっては、これまで逆でしたね。言うのは、なんとか、身振り手振りで通じる可能性はあるが、リスニングは全くダメだ、、、と。英語喉で解決するわけですが、、、。 http://73417248.at.webry.info/201009/article_1.html  

UMEKOさんL15と喉1号さん25箱目+英語喉物語、英語喉革命

UMEKOさんのLESSON15UPです。http://73417248.at.webry.info/201006/article_12.html 喉1号さん25箱目です。http://nodo1gou.at.webry.info/201006/article_8.html 音声によるコメント UMEKOさんへ www.estat.us/blog/umeko_12.mp3 喉1号さんへ www.estat.us/blog/nodo1gou25.mp3 テキストによるコメント UMEKOさん かなりよいです。以上。 喉1号さん DISHESのところが特にネイティブのよう。そこでしているのと同じことを他の部分にも広げるにはどうするか?これは、リラックス口によるライフサイクルを徹底することですが、あえてTRAIN TRIPの部分で練習してみることを音声ファイルで提案しています。喉革命さんが面白い提案をされています。読んでみて下さい。「動物の鳴き声」というタイトルです。 http://blog.livedoor.jp/nodorevolution/archives/51476770.html さて、皆さん、英語喉物語のKATSUさんが、環境問題の学会でイタリアに行かれて、帰ってらっしゃいました。英語喉の旅のリポートが楽しく読めます。こちらです。タイトルは、 英語喉からみるヨーロッパ http://ens-katsu.blog.so-net.ne.jp/2010-06-21

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.